新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

ザ・湘南

20180221-01.jpg
#001 ※画像クリックで大きく表示できます


湘南の海と来れば「江ノ島」なんて訳で、

湘南海岸のランドマーク「江ノ島」と、

湘南電車こと東海道線のコラボ。



まぁ、無理やりなんで、

線路はどこにあるかすぐに分かるけれども、

電車は、よく見ないと分からない…





自分の俯瞰には、基本ルールがあって、

「鉄道情景」としてパチリしているので、



・線路の存在
・列車の存在



これをある程度担保しないと、ただの風景写真になってしまうかなと。

そこに一応こだわってる。



そんな訳で、前回のパチリも、ただパチリしても、

線路にはサッパリ存在感がないので、

光線で工夫なぞした訳でして、



今回記事のは、はっきり言って、

自分ルールでは、限りなく没のパチリ。

SLとかだと、煙が助っ人だったりするのだけれども…



それでもあえて記事にしたのは、

まぁ、湘南電車と江ノ島のコラボが面白いと…

そんな単純な理由。



まぁ、堅苦しいのも程々に、趣味は楽しまなくちゃね(笑)



…といいながら、どうしたらいいか、現在リベンジ策を考え中。

永遠に出来ないかもしれないけれども…



趣味は楽し。



■#001
Nikon Nikon1 V1+1NIKKOR VR 30-110mm F3.8-5.6
詳細省略

ブログランキングならblogram

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/21(水) 02:12:20|
  2. 【鉄道情景】JR東海道線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

湘南夕景

20180219-01.jpg
#001  ※画像クリックで大きく表示できます


砂浜には白波、そして松林。

文字にすれば、日本の海景の原点のような、

これぞ湘南海岸。


これだけ引いた俯瞰でも、

さすがの大幹線、東海道線は、

複々線で存在感を誇示している。


そこを行く列車を眺めながら、

湘南の夕景を堪能してた。



■#001
Nikon Nikon1 V1+1NIKKOR VR 30-110mm F3.8-5.6
詳細省略

※今回から、細部をご覧いただきたいパチリに限り、  クリックで大きな画像を表示できるようにします

blogramで人気ブログを分析

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/19(月) 13:11:07|
  2. 【鉄道情景】JR東海道線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

成分減少

20180214-01.jpg
#001


6日の記事で話題にした、

JR久留里線の終点、上総亀山の駅。



無人化されて、分岐器も撤去されて、

文字通りの棒線状線路の、味気ない終着駅になっている。


メンテナンス費用と固定資産税のコスト削減が目的なのは明白だけれども、

側線部分は分岐器さえ撤去してしまえば目的は達せられるので、

わざわざコストをかけてまで、側線部分の線路は撤去されずに、

放置されているのは、


まぁ、露骨と言えば露骨。



棒線になった本線は、

その残った側線のレールと比べれば、

重軌条化されていて、

大そうな太いレールに交換されているのもよくわかる。


がしかし、路盤までは整備しなかったようで、

太いレールが、グネグネなのは、見ての通り。


まぁ、ここにも余計なお金はかけないのを徹底といったところか。


ちなみに、写真の色温度が、ほぼ太陽光なのに、

照明が白く写るあたり、

水銀灯ではなく、LED化されているようだ。



ここまでつらつら書いてきて、

これらをけしからんとか、情緒が無いとか、

文句を言うのは簡単だけれども、


ここまでして、路線を存続させていると、

愛情溢れた眼差しを注ぐのがファンのつとめか…



そんな風に思いながら、

ただ一つ記したい。


男の子が心惹かれるような… 「なにか」、

そんな成分が、最近の鉄道からは減ったような気がする。



■#001
Nikon Nikon1 V1+1NIKKOR VR 30-110mm F3.8-5.6
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/14(水) 07:47:36|
  2. 【鉄道情景】JR久留里線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

安全確認2

20180208-01.jpg
#001


前回からの続き。


運転手さんの指差確認は終わり、

車掌さんが身を乗り出して、出発時の安全確認。

扉が閉まって、側面の戸締め表示灯が消灯で、いざ出発。


前回の運転手さんもそうだったけれども、

2人とも、手のアクションがきまってる。


見送る駅員さん。


ワンマンカーで運行するローカル線では消えてしまった、

鉄道を安全に運行するための様々な作法が、

ここにはまだ息づいてる。



「人が動かす」ってのは、具体的にはこういうことなんだ。



■#001
Nikon Nikon1 V1+1NIKKOR VR 30-110mm F3.8-5.6
詳細省略

ブログランキングならblogram

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/08(木) 02:32:02|
  2. 【鉄道情景】小湊鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

安全確認

20180207-01.jpg
#001


小湊は里見駅のこの場所は、

スタフの交換シーンで定番の場所だけれども、

ここでは、それ以外のシーンも。



スタフの交換で、下り列車の運転手さんにはスタフが手渡され、

いよいよ出発直前。

運転手さんの指差確認。



明治の鉄道開通以来、殆ど変わっていない、

スタフを使ったシンプルな閉塞方法。


日々の確実な行動が、運行の安全を担う。



■#001
Nikon Nikon1 V1+1NIKKOR VR 30-110mm F3.8-5.6
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/07(水) 09:43:57|
  2. 【鉄道情景】小湊鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

比較

20180206-01.jpg
#001


前回記事からの続き。


前回記事と同じ日のパチリなのだけれども、

小湊のお隣のJR久留里線の上総亀山駅にて。



多分これが、現代のローカル線の標準。

キハは新型、もちろんのワンマン運転。


設備に目をやれば、

電柱の類は、ほぼコンクリ製。


線路も、レールが重軌条化されていて、

ローカル線とは思えない太さのレールに交換されている。


そして、よくみれば、ATSの地上子を設置している枕木ほか、

一部の枕木ははコンクリ製に交換済み。



ちょっと前までは、

機廻線も撤去されず、駅員も配置されていて、

ローカル線の終着駅らしい情景が結構残っていた亀山の駅だけれども、

すっかり様変わり。


でも、これが現代のローカル線の現実だと思う。


前回の小湊と、比較してもらえば、

小湊のノスタルジックな感じが実感できる。


とにもかくにも、

全国にローカル線はまだ数多く残り、部分的に古き情景も残るけれども、

細部のディテールまで、トータルでよく残っているのは、

小湊が飛びぬけている。



小湊では、普通に見かけているけれども、

全列車に車掌さんが乗務しているのも、

よく考えたらすごいことだ。



■#001
Nikon Nikon1 V1+1NIKKOR VR 30-110mm F3.8-5.6
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/06(火) 18:30:47|
  2. 【鉄道情景】JR久留里線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

恐ろしき哉

20180205-01.jpg
#001

インフルBに罹患してから暫くたつのだけれども、

なかなか、その後の風邪的症状が抜けきれず、回復は思わしくない。

が、あれから2週間経過…

そんな訳で、体調は良好ではないけれども、

久しぶりに小湊沿線に偵察出動してみる。



冒頭のパチリは、毎度お馴染みの鶴舞の駅での、

何気ないパチリ。

まぁ、冬の日差しをパチリすべぇ…と。



で、適当にパチリしているのだけれども、

あとで見返してみて、恐ろしくなったこと…



適当に、特に何かを避けて…とか全然考えずにパチリしているのだけれども、

画面の中に、平成の現代を想起させるものが、

何ひとつ写っていないではないかい。


キハや木造の駅舎はまぁ当然として、

駅舎の窓枠は、木枠ばかりだし、

最近ローカル線でも見かける、コンクリの枕木も一本もなく、全部木だし、

電柱だって、キハの後ろの1本はコンクリみたいに見えるけれども、

他の2本は木の電柱だし…


身の回りに溢れかえっているプラスチック系のものも、

全然姿が見えない。



見慣れてしまっているので、なんとも感じていないのだけれども、

あらためて、小湊のすごさを実感した次第。


そもそも、

昭和でも新し目のものが、

さっきのコンクリの電柱1本と、ホーム上の蛍光灯ぐらいで、


キハがもっと旧型の車だったら、

いったいいつ頃?


な情景…


小湊恐るべしと再認識させられると同時に、

見慣れるということは、これもまた恐ろしいこと哉。


見つめる基準をリセットして、

小湊をパチリしなおすことを考えさせられた休日なのでした。



■#001
Nikon Nikon1 V1+1NIKKOR VR 30-110mm F3.8-5.6
詳細省略

ブログランキングならblogram




関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/05(月) 01:56:02|
  2. 【鉄道情景】小湊鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

湘南顔が行く2

20180131-01.jpg
#001


上毛電鉄とくれば、はずせないのが赤城山。


…ということで、デンシャとのツーショット。


で、朝日に輝くデンシャと欲張って、かなりの無理やり。


パチリは楽し…



■#001
Nikon D750+TAMRON 15-30mm F2.8 Di VC USD (Model A012)
詳細省略

ブログランキングならblogram

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/01/31(水) 10:56:36|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください