FC2ブログ

新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

早咲き

20200116-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


前回記事で取り上げた三保駅跡では、早咲き… いや狂い咲きの桜が。

これも、本年の暖冬の影響なんでしょうか…



この桜、根元に立看板があって、

それには、「土肥桜」との紹介が。


伊豆の温暖な土地が生まれの桜には、今年の冬はもう終わりと思うのかもしれない。

そう思ってもおかしくないくらい、今年の冬は、ちょいとおかしい気がする。



■#001
Nikon Nikon1 V1+1NIKKOR VR 30-110mm F3.8-5.6
詳細省略

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/01/16(木) 01:19:02|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

1日1往復

20200114-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


現在の鉄道趣味界で「1日1往復」と言えば、

札沼線の末端区間となるのだろうけれども、

私のようなジジー趣味人にとっては、国鉄清水港線のこと。


まぁ、札沼線は末端の区間のみの話だし、

在りし日の清水港線は線区全線で1日1往復。


こっちは正真正銘の1日1往復と言いたいけれども、

まぁ、旅客列車の話であって、貨物のことはさておいて…  だから、

それはちょっと心苦しいか。




前置きが長くなったけれども、

冒頭のパチリは、そんな清水港線の終点三保駅跡にて。

静岡までちょいと遊びに行ったついでに立ち寄ってみた次第。



構内の跡には、保存されている入換機と貨車が各1両、それとホームの跡。

それを港町清水らしく、造船所のクレーンと富士山に加わっていただいて、パチリ。



清水の港を囲むように、ぐるりと半周する海沿いの路線だから、

色々な場所で、富士山を絡めてパチリも出来ただろうに…

在りし日の、DD13の牽くミキストを脳裏に浮かべるのでした。


日常をパチリすることの大切さが、ここでも沁みる。



■#001
Nikon Nikon1 J3+1 NIKKOR VR 10-30mm F3.5-5.6 PD-ZOOM
詳細省略


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/01/14(火) 01:26:46|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新年ごあいさつ

20200101-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます (2020年1月1日20:40 画像差し替えました)


あけましておめでとうございます。

今年も昨年に続き、初日を見に元旦早朝から出かけてきました。

今年の行先は、東海道線の根府川駅。


東京からだと、東海道線の始発かその次の電車に乗らないと、

初日の出に間に合わず、

最寄り駅が東海道線の駅ではない我が家からは、

それに乗るのは無理… ながら、


大晦日から元旦は、電車が終夜運転してくれるおかげで、

本日だけは東海道線の電車に乗れるというラッキー。


そんな訳で、今年の行先は根府川に決定した次第。


最寄り駅を、普段は走っていない早朝4時台の電車に乗って、行ってきました。






が、しかし、残念ながら、冒頭のパチリの通りで、初日の出は拝めませんでした。

チャンチャン。



まぁ、そのまま手ぶらで帰るのも悔しいので、

粘りに粘って、なんとなく面白い光になった時をパチリ。




今年は、(今年も?)元旦から、ずっこけスタートとなりましたが、

良い年になりますように。


ご挨拶が前後してしまいましたが、

旧年中はありがとうございました。



旧年中にご訪問いただきました皆様には、

感謝と御礼を申し上げ、


皆々様に幸多き年となることを祈念いたします。





気づけば、ブログを始めて15年を経過、アップしたパチリも2000枚をゆうに超え、

まぁ、終わりそうになりながらも、グダグダとよくぞ続いたと本人的には思う訳です。


そんな中、年が変わり、元号が変わり、オリンピックがやってきますが、

本年も、当ブログは相変わらずの不定期マイペース更新で参る所存、

どうぞよろしくお願いいたします。


■#001
Nikon D5200+AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VRII
詳細省略

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/01/01(水) 11:44:16|
  2. 【鉄道情景】JR東海道線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

記録

20191230-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


本日30日より、小湊は、月崎から先、養老渓谷まで復旧して、運転再開。

残る不通区間は、最終端の養老渓谷~上総中野を残すのみとなりました。

この2日前、28日の午後からは、里見~月崎が復旧して、運転再開。


そんな細切れの復旧を遂げた年末。

あるものを記録できるといいなぁ… と思いまして、昨日29日に月崎の駅まで行ってきました。


冒頭のパチリは、その時の月崎駅頭でのパチリ。


久しぶりにやって来るようになったキハと、その先をつなぐ代行バス。



この時、29日の段階では、「年内には養老渓谷まで復旧予定」と、小湊から発表があって、

28日午後に月崎まで復旧したから、残る年内はあと3日…

要は、1日か2日後には養老渓谷まで復旧する訳ね… と。

つまりは、月崎までの運行は1日か2日間だけ… と知りました。



さてさて、この記事の最後にちょろっと記しましたが、

小湊さん、災害のイレギュラーな運行でも、サボは、

代行バス込みの行先ではなく、列車の運行区間のみ掲示するみたい…

という実感がありまして、

今回は、これはもしや珍しいサボが、それもわずかな期間のみ見れるんでないかい…


そんな風に思って月崎に赴いた次第。


で、記録したのが、↓


20191230-02.jpg
#002  ※画像クリックで拡大できます


さすがに、2日間の運行のために、ちゃんとしたサボは作らなかったみたいですね。

まぁ、なにやらテープ貼りでの造作モノですが、

それなりの出来のものでした。


これまでの復旧の過程で、

里見や養老渓谷行きの列車が走りますが、

こちらは、どちらも、通常の運行に存在する行先。


しかし、月崎だけは、通常では運行はなく、

こんな時にしか、「月崎行」のキハはありません。


今回は、わずか1日半のみの運行という、

とっても珍しいサボを記録できたと。


そんな報告でした。



それにしても、簡易な作りとは言え、

1日半の運行のために、サボを作成する小湊は、

なんとも律儀な会社ですね。




■#001・#002
SONY Cyber-shot RX100
詳細省略


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/12/30(月) 19:26:32|
  2. 【鉄道情景】小湊鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

年末を迎え…

20191227-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


記事の更新もしないまま、あっという間に年の瀬ですね。

パチリを復活させるつもりが、

またまた、ボウリングの代打ちをすることになってしまい、

リーグ参戦が週2回から3回へ…



なんでこんなに代打ちがまわって来るかと言えば、

まぁ、高齢化ニッポンの一端が影響していたり…



ボウリングのリーグには、個人戦からダブルスやトリオで参戦するチーム戦があり、

実施期間も、すべてポジションマッチで期間が3か月とか決まっているのから、

総当たりで参加人数やチーム数で期間が変動したり、

それを、週1回とか定期的に開催するのが主流。


順位は、勝敗や倒した総ピン数などで決める。


で、代打ちは、

そんなリーグのメンバーが都合で参戦できないときに、

リーグによっては代打ちを認めていて、

メンバーに代わってリーグに参戦する。


まぁつまり、臨時に参加する訳で、

定期的なことではないのが普通。



ところが、上記した通りチーム戦の形態があって、

チームのメンバーが、怪我や病気で、長期離脱せざるをえないことがたまに起きる。


チーム戦だから、メンバーが欠場すれば、それは戦績に響く。


そんな訳で、代打ちは必須となるのだけれども、

病気や怪我が理由なので、

臨時とはいかず、その後すべて交代…

となる訳。



それが、また、前回代打ちしていたリーグで、

病気で長期離脱メンバーが発生してしまい、

自分が、また代打ちすることになったと…


まぁ、色々付き合いもあって、

頼まれる筋によっては簡単には断れず…



実は、前回代打ちした方は、

病気で倒れられて、その後お亡くなりになった。


今回の方は、病気は病気でも、腰痛関連で手術するかどうか…

そんなご様子。

命の問題にはならないけれども、投球は厳しいとのこと。



全国のボウリング場、どこも同じと思うけれども、

リーグに参戦するメンバーも高齢化が進んでいる。

予定外に突然体が壊れたりするお年頃。



今回は、2期連続で、リーグに代打ちで途中参戦になったけれども、

今後も、こんなことが増えそうな予感。



そんな自分も、心筋梗塞で死に損なった過去があるし、

人生、塞翁が馬… だよな。


てな訳で、またまたボウリングが結構忙しく、

老体は、疲労回復にも時間がかかるし…


パチリは頻度低めで。


そういえば小湊は、いまだ全線復旧せずですね。






■#001
Nikon D750+TAMRON 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
詳細省略

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/12/27(金) 18:42:29|
  2. 【鉄道情景】小湊鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

画風、作風…

20191213-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


11月26日の記事であげたパチリの1コマ違いのカット。

ほぼ絵は同じの現像違い。

アンバー調というかセピア調に仕上げてみたもの。


11月26日の記事は、見た目に近い色合いだと思うけれども、

自分の表現したい情感はこっちかなぁ~

…と思って今回の記事。



日頃、色々な方のブログを、特に写真ブログを拝見しているのだけれども、

そこには、必ずしも実際に近い光の写真ばかりではない。


彩度低めでパステル調だったり、

彩度がものすごく高くて、カラフルカラフルだったり、

HDR強めで、軟調だったり、

ばりばりコントラストでハードな絵だったり…




調子以外でも、

ソフトフォーカスばっかりだったり、

逆に、カリカリシャープだったり…



全部、自分のブログにもあったりしますが…




そして世の中には、それらが、

「作風」とか「画風」にまでなっている方がいらっしゃる。


作品を一見して、「○○さん風」とか言われるのは、

とても凄いことだよね。



そんな風に自分もなれれば素晴らしいとも思うのだけれども、

さて、自分のパチリを見返してみれば…


さっき記したみたいに、色々なのが散在…



どうするか、考えてみるけれども、



結局自分の結論は、

自分の表現したい情感を、

今まで通り自分なりに表現するしかないよね…


そんな風に思って、チャンチャン。



結局パチリは、自分そのもの。




■#001
Nikon D750+TAMRON 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
詳細省略




関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/12/13(金) 16:22:25|
  2. 【鉄道情景】小湊鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

蒼い時間

20191209-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


先日の西伊豆訪問の時の記事、続きです。


温泉に浸かってのんびりした後、海に沈む夕日を眺めて、

移動した先の港で、日没後の夕景パチリ。


刻々と移り変わる色の変化を堪能して、帰途につきました。




■#001
SONY Cyber-shot RX100
詳細省略

関連記事

テーマ:夕陽・夕焼け・朝日・朝焼け - ジャンル:写真

  1. 2019/12/09(月) 16:23:48|
  2. 【風景】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

東京夕富士

20191204-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


今日の東京、お天気は良好。

夕焼けもきれいで、富士山もばっちり。


東京の秋の夕景をパチリ。



■#001
Nikon D750+TAMRON 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
詳細省略

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2019/12/04(水) 18:48:47|
  2. 【鉄道情景】東急電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください