新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

水の国

20180426-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


小湊沿線の田圃、

水が入って田植えも進んでる。


この季節ばかりは、一面の水面の景色になって、

東南アジアに通じるような、水の国の趣き。


広々とした田圃の中、

やってきたキハの車体が輝く時を狙ってパチリ。



■#001
Nikon D750+TAMRON 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
詳細省略

blogramで人気ブログを分析
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/26(木) 01:23:41|
  2. 【鉄道情景】小湊鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝の光景

20180425-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


小湊の通学風景は、

以前は大久保の駅でのパチリが有名だったけれども、


学校が統廃合された結果、

現在は里見の駅に、ちびっ子達は通ってきている。


学校の統廃合は、

お隣の久留里線などで、松岡に学校を残そう…といった看板を見たりするので、

地域にとっては、場所によっては重大なことなんだと思う。


が、過疎化と少子高齢化が進む中では、致し方ないとも思う。



こちら加茂地区ではどうなのかはわからない。



部外者の趣味人としては、

通学輸送の関係もあって、ここ里見の駅の列車交換が復活した訳で、

得ることもあったと言ってしまうけれども、

まぁ、これは、本当に無責任な発言。



話は変わるけれども、

4月も後半になると、彼岸を過ぎて1ヶ月、太陽も結構強力で、

朝の通学時間ながら、線路上ではかなりの陽炎…

これだけ距離があると絵も揺ら揺ら…


昨今の様々なことを思えば、

ちびっ子達をパチリするには、

これくらいの揺ら揺らで細部がわからないのが、丁度いいのかもしれない。


季節は限りなく初夏に近い。


■#001
Nikon Nikon1 V1+FT-1+TAMRON 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/25(水) 01:24:44|
  2. 【鉄道情景】小湊鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

薫光

20180424-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


大久保の築堤で、ひさしぶりにシャッターを押した。


ここは、あまりに有名でお手軽な撮影地なので、

それが理由か、あまり食指が動かないのだけれども、

この時は、

朝日の低い斜光に、新緑の木々が浮き立って、

変な言い方だけれども、



視覚の中で、風が香るような…


薫風が吹いた気がして、カメラを向けた。



光が薫ってた。



■#001
Nikon D750+TAMRON 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
詳細省略

ブログランキングならblogram

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/24(火) 01:24:03|
  2. 【鉄道情景】小湊鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リターンズ

20180423-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


前記事で見送った下りの回送一番列車は、

暫く待てば、里見で折り返して、

朝の上り始発として戻ってくる。



しばしの待ち時間。



まだ残る朝霧の中、

ちょっと高くなった太陽からの朝日を浴びて、

さっきの列車が戻って来た。



■#001
Nikon D750+TAMRON SP 500mm F8(Model 55BB)
詳細省略

ブログランキングならblogram

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/23(月) 01:56:44|
  2. 【鉄道情景】小湊鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

日の出の頃2

20180422-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


毎度お馴染みの上総川間の朝景色。

いったいここで、今まで何回、始発の回送をパチリしただろう…

自分でも呆れるほどに、同じような構図で、何枚も…


でも、ここでは、何回来ても、毎度毎度、素敵な情景を見せてくれる。

それが魅力なのかもしれない。


この日も、ちょうど、列車の時刻が日の出と重なって、

朝霧の中を列車が下って行った。



素敵な静かな静かな朝の情景。



(前回、今回と、画像拡大で朝の空気感を楽しんで頂ければ本望です)

■#001
Nikon D750+TAMRON 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
詳細省略

blogramで人気ブログを分析





関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/22(日) 02:48:31|
  2. 【鉄道情景】小湊鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日の出の頃

20180421-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


前々回の記事にも書いたけれども、

小湊の沿線は、新緑と田植えの頃合。

春と初夏がせめぎあってる。



朝霧が立ち込める早朝、

始発の列車を見送る。


ちょっとだけ寒い… そんな今頃の朝。

静かな朝の空気感が心地良かった。


(よろしければ、大きな画像でご覧ください)



■#001
Nikon D750+TAMRON 15-30mm F2.8 Di VC USD (Model A012)
詳細省略

ブログランキングならblogram

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/21(土) 01:36:51|
  2. 【鉄道情景】小湊鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

31年

20180420-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


昨年訪問した筑波鉄道の雨引駅の跡地。

今年も桜の見頃を見計らって行ってきた。

(昨年訪問の時の記事はこちら


筑波鉄道の跡は、ほぼ全線サイクリングロードになっていて、

ここもその一部、休憩ポイント。


当日はお天気も良く、沢山のサイクリストで賑わっていた。



あいかわらず桜は見事だけれども、

昨年は、道に覆い被さる様に咲いていたのが、今年はそうでもない。


今年のパチリをよく見てみると、

桜の枝の一部が伐採されたようで、

それが原因のようだ。


昨年の記事にも書いたけれども、

左手前側の古い桜は、どれも本当に立派。


線路が無くなって31年、

旅人は旅客からサイクリストに変わったけれども、

桜は変わらず咲き続ける。


■#001
Nikon D750+TAMRON 15-30mm F2.8 Di VC USD (Model A012)
詳細省略

blogramで人気ブログを分析


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/20(金) 01:53:23|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春は酣

20180419-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


あえて言うけれども、狂乱の桜の季節が終わった小湊沿線は、

すっかり落ち着いて、

新緑と田植えの季節になっていた。



超望遠で線路を覗けば、陽炎も立ち昇る…



そして、この方々も、まさに春、酣。

「ケーン、ケーン」とそこいらじゅうで、縄張りを主張してる。



沿線に、驚くほど沢山いたのがわかるのも、この季節ならでは。


毎度のお話ながら、

キジも鳴かずば撮られまい…

お後がよろしいようで。



■#001
Nikon Nikon1 V1+FT-1+TAMRON 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
詳細省略

ブログランキングならblogram

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/19(木) 14:14:07|
  2. 【鉄道情景】小湊鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください