新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

ハテナ?が解消

20170627-01.jpg
#001


ラリック美術館の保存客車について、

さらに調べが進んだので、備忘録を兼ねて、記事に。


冒頭のパチリは、

同車の側面中央窓下の「ワゴンリー」の紋章。


やはりこの車は、立派なワゴンリーの車なのだ。


さてさて、それでは側面のプルマン表記は?なのだけれども、

どうやら、

欧州では、この車のような「サロンカー」のことを、「プルマンカー」と呼ぶらしい。

紛らわしいけれども、まぁ、確かに豪華な客車の代名詞みたいに言われているから、

さもありなん。


それで、側面に車種の種別表記として「プルマン」と記されているみたい。


日本風に言えば、寝台とか荷物とか、そんな表記か。


前々回の記事のパチリでは読みにくいけれども、

プルマンの直後には、"1ERE CLASSE”と、フランス語で1等車と記してあるから、

通して、1等サロンカーと書いてあるんですな。


なんてことはない、車種表記だった。


そんな訳で、なんでオリエント急行がプルマン?なんて疑問から、

色々調べが始まったのだけれども、


結局、自身の浅学が、身に染みる結果でありました。


いやいや、趣味は楽し。




■#001
SONY Cyber-shot RX100
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/27(火) 00:43:41|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハテナ?の続き

20170626-01.jpg
#001

昨日記事の続きで、

車内のパチリ。


昨日は、食堂車と記したけれども、

この車には調理場が無いので、

正確にはサロンカーになるみたい。


実際は、隣接する車から食事を運ぶ形で、食堂車として機能していた。


さてさて、それで、

昨日の疑問だけれども、


この車は、やはり、

元々はオリエント急行の客車ではなく、

戦前、パリとフランス南部を結んだ、コートダジュール特急に使われていたらしい。


それが廃止になった後、

例の「懐かしのオリエント急行」といった列車の客車に使われていた模様。


そんな訳で、戦前の、本物の「オリエント急行」と同時代の豪華客車だけれども、

俗に言う「オリエント急行」の客車… ではない。



話を、この車の内装に移そう。


コートダジュール特急として、ラリックがデザインした本物で、

壁面各所のガラスの造作物や、天井のランプなど、

なかなか凝っている。

テーブルの上のランプも、復刻品。

木部は、マホガニーとのこと。



古きよき時代から、ちょっとモダンになった頃の、

欧州の豪華列車ってこんなんだったのかなぁ~ と思えるのでした。

(なんせ、本物を知らないので… 苦笑)




一通り見学を終えて、


日本で言えば、昭和の初期の客車になるのだけれども、

どちらが良い・悪いではなくて、


やはり、欧州と日本では、

根本的な「センス」が異なる…

そんな風に思えた。


文化の、背景や歴史の違いみたいなものですかね。




■#001
SONY Cyber-shot RX100
詳細省略

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/26(月) 00:33:37|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハテナ?

20170625-01.jpg
#001


自分は、鉄道を趣味とする人間と自認しているのだけれども、

残念ながら、外国の鉄道については、不勉強で、とても心もとない。

そんな方は多いのではなかろうか。


そんな自分ではあるけれども、

豪華な客車列車の運行会社として、

米国のプルマンと、欧州のワゴン・リーの名前ぐらいは知っている。


さてさて、土曜日、あじさいの時期ということで、

箱根登山線に乗って夜のアジサイ見物に行こうという事になり、

そのついでに、

以前から、あることだけは知っていた、

箱根ラリック美術館の、オリエント急行の食堂車を見に行くことに。



で、行ってみると、

カフェとして営業していて、当日予約で少数人数のみ見られる…

のが通常だったはずで、

当日予約がとれて、見学できるか不安だったのだけれども、


現在、美術館では秋まで特別展を開催していて、

その関連の展示物として、

美術館のチケットさえ持っていれば、誰でも予約不要で、

自由に車内見学ができ、なんてラッキー。


冒頭のパチリは、その食堂車。



さてさて、この客車、

欧州の、バリバリのオリエント急行の客車かといえば、

よくわからない。


国鉄がJRに変わった頃、

日本にオリエント急行がやってきて、

日本中を走ったことがあったけれども、

この車は、その時に、日本にやってきた車らしい。



ちょうどこの頃は、

自分の人生で、多分、最も鉄分が薄かった時代で、

新聞で「オリエント急行がやってきた」ぐらいの知識しかなく、

詳細は知らなかったのだけれども、


今回、この車を見物して、改めて、勉強しなおした次第。



で、知ったのは、

あの時にやってきたのは、


スイスの会社の所有する、

「懐かしのオリエント急行」みたいな列車らしく

それらしい古い客車の寄せ集めだったみたい。



バリバリの「オリエント急行」そのもの…

と思っていたのは、間違いだったと気づかされた。


とはいっても、

オリエント急行を再現するために、

内部は、なかなかに豪華で、

調度品も、その時代の本物。


それで、ラリック美術館にある訳で、

それは、美術館の名誉のために特記するとして、

内部については別の記事にでも。


もしかしたら、寄せ集めでも、

この車だけは、本物なのかもしれない。



ただ、とにもかくにも、冒頭の記述に戻るのだけれども、


改めて勉強する以前の、自分のつたない知識でも、

「オリエント急行」といえば、

運行会社は欧州のワゴン・リーでしょうと思っていたので、


この車との初対面で、

でっかく「プルマン」と記してあるのが、

ハテナ?なのでした。



オリエント急行って、プルマンが運行してたの?

プルマン所有の車、使ってたの?


どなたか詳しい方、教えてください。


よろしくお願いいたします。



■#001
SONY Cyber-shot RX100
詳細省略

ブログランキングならblogram

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/25(日) 02:57:42|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビーム

20170624-01.jpg
#001


列車のハイビームに、

田圃の中の停留所然とした、駅のシルエットが浮かぶ。




そういえば、

まだ蚊がそんなに出ていないからパチリする気になるけれども、

里山での夜間撮影は、

これからあまりしたくない季節に、

間もなく突入するんだな。



■#001
Nikon D750+TAMRON 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
詳細省略

※最近は1インチのセンサーばかり使っていて、ある程度の我慢もあったので、
こんなセンサーの余裕に頼るパチリもしたくなって、パチリしたのでした。
やっぱ、センサーのサイズは、サイズだよなぁ…と独り言。

blogramで人気ブログを分析









関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/24(土) 01:38:53|
  2. 【鉄道情景】小湊鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しらさぎ

20170623-01.jpg
#001


前回記事から鳥つながりでもう1枚。


白いサギは、我々鉄道趣味人の間では、

列車の愛称名にもある通りで「しらさぎ」なんだけれども、


正確には、大・中・小のサギがいるらしい。


まぁ、その辺りは、鳥やさん達に任せよう。



梅雨の季節になって、

小湊沿線の、田圃の稲も、青々と茂っている。


自分のイメージだと、サギは、じっと獲物を狙う…

そんな感じだったのだけれども、


パチリしたサギに限らず、

この日はシロ、アオのサギが多数田圃に飛来していて、

それがみんな、ウロウロと田圃を歩きまわりながら、獲物を探していた。


列車が来るまでの、しばらく観察していると、

時々なにかを見つけて食べながら、田圃を周遊。


案外動き回る時もあると認識した次第。



最後に余談だけれども、

普段は、あまり曇り空は歓迎しないけれども、

白いものをパチリする時は、ありがたかったり。




■#001
Nikon Nikon1 V1+FT-1+TAMRON 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
詳細省略

ブログランキングならblogram

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/23(金) 01:06:51|
  2. 【鉄道情景】小湊鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギャラリー

20170622-01.jpg
#001


前回記事から続きのパチリ。


停車していた下りのキハも、駅を出発、

去り行く列車を見送るギャラリー。

駅務室に戻る駅員さん。



と思って画を良く見ると、

いつのまにか、左下の線路脇に、増えたギャラリーが…



♀キジのようですね。


里山は楽し。



■#001
Nikon Nikon1 V1+FT-1+TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD(Model A005)
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/22(木) 00:28:06|
  2. 【鉄道情景】小湊鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

休日

20170621-01.jpg
#001


土曜日の夕方、小湊は里見の駅。

日が長くなったから、あまり夕方感がないけれども、

冬ならば、もう暗くなっている頃合。


そんな時間だけれども、

下車して訪問する方が、結構多い。


長く小湊を眺めているけれども、

ちょっと前までは、

休日の列車の乗客は、房総の里山をハイキングする方々が大勢。

養老渓谷が人気だった。


それがどうだろう。


近年は、「のりてつ」というか「てつたび」風の方が本当に多くなった。



ここでは、

世間の時間が進む間も、

殆ど時間が止まっていたし、今も殆ど止まってる。


下手なテーマパークよりも価値は絶対にある。



■#001
Nikon Nikon1 V1+FT-1+TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD(Model A005)
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/21(水) 01:05:29|
  2. 【鉄道情景】小湊鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラッシュアワー

20170620-01.jpg
#001


狭いホームに溢れる人、人、人…



Nikon1 V1の導入で、色々超望遠域を試している。


で、その強力な圧縮力を利用する表現では、

小湊のような地方鉄道よりも、

人が溢れている、

都会の鉄道の方が、活躍の場が多いかもしれない…




夢だとは思うけれども、

小池知事、座ってゆく通勤、実現よろしくお願いします。



■#001
Nikon Nikon1 V1+FT-1+TAMRON 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
詳細省略

ブログランキングならblogram

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/20(火) 00:12:32|
  2. 【鉄道情景】東急電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください