FC2ブログ

新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

廃線2

20200920-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


前回記事からハードモノクロ繋がりで、もうひとつ。

日本で最後まで旅客営業をしていた、非電化ニブロクの尾小屋鉄道。

その終点、尾小屋駅跡でのパチリ。


ニブロクながら、レールも相応に細いので、

大手私鉄が整備していた三重のとかと比較すると、

さほど狭軌感がないように見える。


まぁ、ニブロクは、レールのヘロヘロ感こそが真骨頂と思うのだけれども、

近年は、サブロクの地方私鉄やJRのローカル線でも、

見るからにレールがヘロヘロになってきているように思われる。

ちょっと前までは、そこまで酷くなかったような…


経営状況を反映して、徹底的に使い倒すのと、

保守をマメにする… そこまで手をかけられない、

そんなところなのかも。


ここのところ、望遠レンズで線路を覗くと感じること。



趣味人として、近年の鉄道の衰退ぶりを感じてしまう瞬間。



■#001
Nikon D3 + AF-S Micro-Nikkor 60mm F2.8G
詳細省略

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/09/20(日) 16:32:58|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

廃線

20200917-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


廃止になった庄内交通の、

旧善宝寺駅を訪問したのは、もう12年も前。


ちょっと前に、今の姿の写真を見る機会があったのだけれども、

残され、記念館の廃止で放置されることになったモハ3は、

この時よりも荒廃がさらに進んで、草に飲み込まれているように見えた。


この調子では、このまま朽ちて、自然にかえってゆくのかもしれない。




かつて鉄道は、どこでも輸送手段の主力であり、華やかな時代があった。

コロナ禍で遠征もままならない時代だけれども、

機会があったら、この栄枯盛衰の生き証人の姿を、また記録したいと思う。




■#001
Nikon D3 + Ai Nikkor 20mm F3.5S
詳細省略

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/09/17(木) 16:19:37|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

始発

20200903-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


中目黒を発ち、トンネルに向かう、

東京メトロ日比谷線北行きの始発電車。


朝一番、本当は、沈みゆく満月をパチリしたかったのだけれども、

東京は台風一党の影響で、月は雲の彼方へ。

おまけに、早朝から、雨で飽和した湿気がレンズの前玉を曇らせて、

不思議なソフトフォーカス。


これはこれで、秋の雨の季節ならでは、まっ、楽しいところ。



さてさて、そろそろ再始動、考えましょうか…



■#001
Nikon D750+TAMRON 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
詳細省略

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/09/03(木) 05:39:17|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

雨の季節

20200623-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


東京は雨期の真っただ中。

緑が色濃くなる季節。


一方、東京の顔、山手線の顔も、すっかり新型に入れ替わって、

緑が色濃くなりました。







■#001
Nikon Nikon1 V1+自作お手軽レンズ1号

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/06/23(火) 13:16:08|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

象徴

20200609-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


東京は、緊急事態宣言が解除後も、

最近は、毎日の新規感染者が二桁を継続中で、東京アラートなるものまで出される始末。


まぁ、ここぞとばかりに飲食店に繰り出して、

同居人でもない人々と大声、近距離で談笑すれば、

そりゃ、無症状でも感染者が多数いるご時勢では、

感染者が減ることはない道理。


さらに、腑に落ちないのは、

混雑する通勤電車は、

なぜか、殆ど議論もされず…


経済を考慮しつつコロナと付き合うのは、かくも難題な世の中だよね。


そんな訳で、相変わらず、不要不急の外出は自粛を継続中。




さて、そんなところで本日の本題。


冒頭のパチリは、昨年訪問した津山に保存中のDE50形機関車。


国鉄末期に、たった1両だけ作られた大出力の機関車で、

結局たいした活躍もなく、

「悲運の機関車」とか言われているけれども、


私は、

「鉄道二流国、日本の象徴」

と思っている。


新幹線に象徴される日本の鉄道は、

昭和の後半の頃から、世界の先端に位置すると思う方も多いと思う。

それはある意味正しい。

ただ、それは一部の分野では正しくない。


鉄道用内燃機関と付随する駆動システム

この分野、国鉄は、残念ながら、世界の先頭を走れなかった。


機関車分野では、

DD13からDD51まで、1000馬力級のところまでは、まぁ進展した。


ただ、残念ながら、当時のヨーロッパでは主流になりつつあった、

本線用の2000馬力級1機関の機関車を開発できなかった。


その任を担ったDD54は結局ものに出来ず、失敗。

仕方なく、1000馬力級機関を2組搭載のDD51を造り続けることになる。


DD51を名機なんて礼賛する向きもあるようだけれども、


2000馬力級の機関、付帯の駆動装置を開発できずに、

メンテコストや重量などで不利な、1000馬力級機関2組搭載でお茶を濁すしかなかった機関車で、

世界基準で誇れるようなシロモノではない。


ドイツで160系などの2000馬力級1機関の機関車を使いこなしていたのと比べれば、

それは明白だろう。


当時の国鉄は、機関車用エンジン、旅客車用の床下エンジン、

どちらも、その開発力は、そもそも世界水準からみて芳しいものではなかった。


ただ、特に動力近代化と、技術革新が本当に必要とされた国鉄の末期、

背景に、

・財政事情
・労働組合との兼ね合い

といった、好ましくない事情が重なっていたのは事実で、

その影響で技術が停滞したのも否めない。


そんな中、もう一度、2000馬力級にチャレンジしたDE50。


残念ながら、最後の一矢も、上記の事情の波に沈んでしまった。

惜しい。



■#001
詳細省略

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/06/09(火) 16:37:01|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お取り寄せ

20200506-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


絶賛外出自粛中のGW、駅弁をお取り寄せしてみました。

今回は、若かりし頃からの愛好品&大好物ということで、

鳥取駅の駅弁、アべ鳥取堂さんの元祖かに寿司を。


基本それだけでよかったのですが、一定金額以上で送料無料になることと、

鉄道趣味人として、鉄道旅行関連企業に協力の気持ちを込めて、

同社の大山豚のステーキ弁当も一緒に注文。



それから数日待って、5月3日に航空便で我が家に到着。

冒頭のパチリは、その届いた時の、記念撮影(笑)



弁当のお味や、なぜに鳥取の駅弁を愛好してたか… などなど、

その辺りは、次回にするとして、



鉄道趣味人の皆様、

こんな時節柄ではありますが、


愛すべき鉄道と、その関連の様々なモノを、

一人一人、出来る形で、出来る範囲で、

応援してまいりましょう!




まだまだ、外出自粛を楽しみますよ。





■#001
詳細省略


テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/05/06(水) 17:14:19|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

早咲き

20200116-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


前回記事で取り上げた三保駅跡では、早咲き… いや狂い咲きの桜が。

これも、本年の暖冬の影響なんでしょうか…



この桜、根元に立看板があって、

それには、「土肥桜」との紹介が。


伊豆の温暖な土地が生まれの桜には、今年の冬はもう終わりと思うのかもしれない。

そう思ってもおかしくないくらい、今年の冬は、ちょいとおかしい気がする。



■#001
Nikon Nikon1 V1+1NIKKOR VR 30-110mm F3.8-5.6
詳細省略

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/01/16(木) 01:19:02|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

1日1往復

20200114-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


現在の鉄道趣味界で「1日1往復」と言えば、

札沼線の末端区間となるのだろうけれども、

私のようなジジー趣味人にとっては、国鉄清水港線のこと。


まぁ、札沼線は末端の区間のみの話だし、

在りし日の清水港線は線区全線で1日1往復。


こっちは正真正銘の1日1往復と言いたいけれども、

まぁ、旅客列車の話であって、貨物のことはさておいて…  だから、

それはちょっと心苦しいか。




前置きが長くなったけれども、

冒頭のパチリは、そんな清水港線の終点三保駅跡にて。

静岡までちょいと遊びに行ったついでに立ち寄ってみた次第。



構内の跡には、保存されている入換機と貨車が各1両、それとホームの跡。

それを港町清水らしく、造船所のクレーンと富士山に加わっていただいて、パチリ。



清水の港を囲むように、ぐるりと半周する海沿いの路線だから、

色々な場所で、富士山を絡めてパチリも出来ただろうに…

在りし日の、DD13の牽くミキストを脳裏に浮かべるのでした。


日常をパチリすることの大切さが、ここでも沁みる。



■#001
Nikon Nikon1 J3+1 NIKKOR VR 10-30mm F3.5-5.6 PD-ZOOM
詳細省略


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2020/01/14(火) 01:26:46|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください