新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

水の国2

20180502-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


上総の里山をゆく久留里線のキハ。

逆光に輝く情景を、ずっと眺めて心の洗濯。



■#001
Nikon D5200+SIGMA 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM
詳細省略

ブログランキングならblogram

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/05/02(水) 00:25:06|
  2. 【鉄道情景】JR久留里線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

成分減少

20180214-01.jpg
#001


6日の記事で話題にした、

JR久留里線の終点、上総亀山の駅。



無人化されて、分岐器も撤去されて、

文字通りの棒線状線路の、味気ない終着駅になっている。


メンテナンス費用と固定資産税のコスト削減が目的なのは明白だけれども、

側線部分は分岐器さえ撤去してしまえば目的は達せられるので、

わざわざコストをかけてまで、側線部分の線路は撤去されずに、

放置されているのは、


まぁ、露骨と言えば露骨。



棒線になった本線は、

その残った側線のレールと比べれば、

重軌条化されていて、

大そうな太いレールに交換されているのもよくわかる。


がしかし、路盤までは整備しなかったようで、

太いレールが、グネグネなのは、見ての通り。


まぁ、ここにも余計なお金はかけないのを徹底といったところか。


ちなみに、写真の色温度が、ほぼ太陽光なのに、

照明が白く写るあたり、

水銀灯ではなく、LED化されているようだ。



ここまでつらつら書いてきて、

これらをけしからんとか、情緒が無いとか、

文句を言うのは簡単だけれども、


ここまでして、路線を存続させていると、

愛情溢れた眼差しを注ぐのがファンのつとめか…



そんな風に思いながら、

ただ一つ記したい。


男の子が心惹かれるような… 「なにか」、

そんな成分が、最近の鉄道からは減ったような気がする。



■#001
Nikon Nikon1 V1+1NIKKOR VR 30-110mm F3.8-5.6
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/14(水) 07:47:36|
  2. 【鉄道情景】JR久留里線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

比較

20180206-01.jpg
#001


前回記事からの続き。


前回記事と同じ日のパチリなのだけれども、

小湊のお隣のJR久留里線の上総亀山駅にて。



多分これが、現代のローカル線の標準。

キハは新型、もちろんのワンマン運転。


設備に目をやれば、

電柱の類は、ほぼコンクリ製。


線路も、レールが重軌条化されていて、

ローカル線とは思えない太さのレールに交換されている。


そして、よくみれば、ATSの地上子を設置している枕木ほか、

一部の枕木ははコンクリ製に交換済み。



ちょっと前までは、

機廻線も撤去されず、駅員も配置されていて、

ローカル線の終着駅らしい情景が結構残っていた亀山の駅だけれども、

すっかり様変わり。


でも、これが現代のローカル線の現実だと思う。


前回の小湊と、比較してもらえば、

小湊のノスタルジックな感じが実感できる。


とにもかくにも、

全国にローカル線はまだ数多く残り、部分的に古き情景も残るけれども、

細部のディテールまで、トータルでよく残っているのは、

小湊が飛びぬけている。



小湊では、普通に見かけているけれども、

全列車に車掌さんが乗務しているのも、

よく考えたらすごいことだ。



■#001
Nikon Nikon1 V1+1NIKKOR VR 30-110mm F3.8-5.6
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/06(火) 18:30:47|
  2. 【鉄道情景】JR久留里線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

上総の里山

20170504-01.jpg
#001


桜が終われば、

季節の流れは、新緑と田植えといったところでしょうか。


そんな里山の景色が見たくて、

久しぶりに、久留里のお城に登ってきました。


昨秋に急性心筋梗塞をやってから、

心臓に負荷がかかることは、気持ち自粛していたのですが、

リハビリを兼ねて、のんびり休み休み登城。


無事に登城して、下を見れば、

田植え前の新緑の里山。


絶景ではないけれども、

こんなのが、ホッとできていいんだよなぁ。



■#001
Nikon D5200+TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD(Model A005)
詳細省略

blogramで人気ブログを分析



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/04(木) 05:37:45|
  2. 【鉄道情景】JR久留里線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ストレート

20161202-01.jpg
#001


野焼きの煙で霞むストレート。


二条のレールを輝かせながら、

列車が駆ける。



日没後、殆ど薄明の時間の情景。



て・つ・ど・う  て・ぇ  か・っ・こ・う  よ・し



■#001
Nikon D5200+TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD(Model A005)
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/12/02(金) 02:11:34|
  2. 【鉄道情景】JR久留里線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

優しい情景

20161121-01.jpg
#001


秋の夕暮れ、

房総の里山を行く、久留里線のキハ。


この季節らしく、

夕方、辺りに野焼きの煙が立ち込める。




そのせいで、

里山の夕景の、コントラストが弱くなって、

紗のかかったような、優しい色調に変わる。




なにか、秋の夕方は、感傷的。



■#001
Nikon D5200+TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD(Model A005)
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/21(月) 00:43:22|
  2. 【鉄道情景】JR久留里線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

同じ頃

20160505-01.jpg
#001


前回記事と同じ頃、

房総半島は上総の里、

久留里線の沿線では、

すでに一部の田圃に水が入りだした。



地域それぞれの情景、

300kmは離れていない2つの路線で、

その地のペースで、季節が進む。



■#001
Nikon D750+AF-S VR Nikkor 70-200mm F2.8G
詳細省略

ブログランキングならblogram


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/05/05(木) 17:13:59|
  2. 【鉄道情景】JR久留里線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アジア

20130529-01.jpg
#001


5月7日の記事でUPした、久留里の写真を眺めていて、
ちょっと感じたことがあって、この記事に。


田植えの前に、水をはった田圃と、
それに囲まれるような住居。

植物は、鬱蒼と茂り、
それに囲まれるように集落。





それに「アジア」を感じる。





そりゃニッポンはアジアの一員で、
東南アジアでモンスーン気候に属しているのだから、

こんな植生で、風景も、
当たり前かもしれないけれども、

あらためて、アイデンティティを感じた。




面白いなぁ。




■#001
Nikon D3+AF-S VR Nikkor 70-200mm F2.8G
詳細省略

ブログランキングならblogram

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/05/31(金) 02:44:52|
  2. 【鉄道情景】JR久留里線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください