新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

Rail

20160913-01.jpg
#001


台風が続けざまに通り抜けて以後、

いまいち、1日晴天に恵まれない南関東。


愚図ついた天気ながら、

吹き抜ける風には秋の気配が…



そんな今日この頃の気分で、

過去パチリの現像しなおしシリーズで、また1枚。



逆光に輝く、ゴチャゴチャなレールが、

シンプルに楽しい。

鉄道が物流の中心にあった頃の遺産。




■#001
Nikon D3+Ai AF-S Nikkor 300mm F4D
詳細省略

blogramで人気ブログを分析


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/13(火) 05:17:39|
  2. 【鉄道情景】JR鶴見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

舞台照明

20140213-01.jpg
#001


前回記事と同じ、鶴見線浅野駅でのパチリ。


鉄道情景をパチリしていて、
雪が降ったときの自分の楽しみの一つは、


普段は見られない、

室内灯の明かりの雪面への映りこみ。



列車のまわりの、雪面が白く照らされて、

舞台照明のスポットライトのように、
明るくなる…




雪が積もったときにしか見られない、

そんな風情が好きなんです。




電車自身が発光しているので、

電車が動いていると、

舞台の白いスポットライトが、
電車を追っかけてるように見えるのも面白いところかな。



白いスポットライトを引き連れて、
沿線の様々な光源を、ステンレスの車体に反射させながら、

鶴見線の3両の電車が進んで行くのを見送る…

普段は見られない雪の情景の楽しみ。





■#001
Nikon D5200+SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM
ISO3200 f2.0 1/160sec RAW

blogramで人気ブログを分析



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/02/13(木) 10:34:23|
  2. 【鉄道情景】JR鶴見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大雪一過

20140212-01.jpg
#001


大雪の土曜日から明けて日曜日。

台風一過ならぬ大雪一過と呼ぼうか、
天候が回復したので、

夕方、普段は見られない雪景色でも見物をと、
どこに行こうか、ちょっと思案の末、

鶴見線は浅野駅にお散歩に行ってみました。




ここは、巨大な工場を背景に、
臨港線である鶴見線らしい情景で、
好きなところです。



普段は見られない雪景色の夕照が、
期待通りのいい雰囲気でした。



3両編成の電車が行き交う鶴見線ですが、

10両、15両といった長大な編成の電車が行き交う、
巨大なシステムの路線より、

こんな、身近なサイズの路線が、
自分サイズで、お気に入りです。




■#001
Nikon D5200+TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD(Model A005)
ISO400 240mm f6.3 1/400sec RAW

blogramで人気ブログを分析


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/02/12(水) 04:42:41|
  2. 【鉄道情景】JR鶴見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

標準ズームでお散歩_浅野編3

20120713-01.jpg
#001

今回は、前回とセットでございます。

前回、画角について、ちょこっと書きましたが、
前回との比較用に、

同じ被写体で、55mmで、似たように撮った写真でございます。

1本目と、3本目とか、
細かい違いは、まぁ、目ぇつぶってくださいね。

だいたい、同じくらいの大きさに、写るようにしたつもり…
(だいたいですからね…)


18mmと55mmの画角感の違いを「感じて」いただければ…
であります。


構図が違うじゃん…とか無茶なこと言わないように…

平面物を撮っている訳ではないので、
画角が違って、同じ構図はありえないし、
趣旨から、しいていえば、
ど真ん中に被写体を置いて云々…なんですが、

そこまではしとらんです。



カメラ雑誌とか、
焦点距離の違いを、たいてい、
望遠だと、こんなに大きく写せます…

…みたいな事例写真が殆どなんで、

画角というよりか、倍率という意識が働きがちなのも、
仕方ないんですけどね…



ちなみに、
一般論と前置きしますが。


望遠になるほど、主要な被写体が大写しになって、

被写体の細部の情報量はあるんですが、
他の情報量が少ない写真に、なりがちです。

それ自体に、良い悪いはないんですが、
(↑これ重要)

傾向として、そんな写真は飽きやすいと、
個人的に思います。

望遠で画面が整理されているけど、
だけど、さりげなく、情報量もある写真…
画面各所を味わうことができる写真…

そんな写真に出会うと、上手いな~と思います。

望遠は、
アップで写すレンズではなくて、
前後方向に離れているものを、色々詰め込みたいときに、
使うレンズだと思います。(極論気味…)



■#001
PENTAX K10D+DA 18-55mm F3.5-5.6
55mm ISO100 f8.0 1/60sec RAW

blogramのブログランキング


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/13(金) 04:06:23|
  2. 【鉄道情景】JR鶴見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

標準ズームでお散歩_浅野編2

20120712-01.jpg
#001


標準ズームでの、1時間ほどのお散歩編の2回目。

前回は望遠側の55mmで撮ったので、
今回は、広角側の18mmでパチリ。


写真の教科書には、
広角レンズの基本は「寄ること」と、
大概書いてありますが、

基本に忠実に、
古レールの鉄柵が、いい味出していたので、寄ってみます。

ちなみに、
f5.6で、背景は、これくらいボケました。

元のサイズでは、左側の、
梯子状の部分とか、二線ボケっぽくて、あまり美しくないですが、
web用に、ここまで縮小すると、そんなに目立ちませんね。

レンズのボケなんて、
絞りや、距離、中心と周辺とか、
様々なファクターで変わりますから、

ボケについて、
上記のような条件を併記しない表記は、
私は、一つの事例としか、信用しません。

私のボケの記述も、同様に認識願います。




広角で、半逆光…フレアー、ゴースト出てますけど、
ズームで、この程度なら、自分的基準では合格です。

一昔前のレンズに比べたら、
最近のレンズは、その辺が、とても優秀ではないかと…

自分の場合は、基準が、
「最近のレンズ」ではなくて、
「一昔前のレンズ」ですので、ご注意くださいね(苦笑)。


あえて半逆光でもよしとしたのは、
もちろん、古レールの頭の、質感強調を意図してます。

逆光は、敷設レールの反射とかも期待できますしね…



それから、同じく教科書には、
白い空は入れないように撮りましょう…
なんてよく書いてありますが、

今回は、画面構成上、遠近感のために、
両側の林の消失感がいい感じなので、
かまわず、入れてますが、どんなもんでしょうか…

そういう意味で、
古レールの向きを、消失点に向けたりはしてみました。


最後にダメ押しで、
教科書によくある、広角レンズの記述は、

「被写体に寄る」
「広く写る背景は、状況説明に有効」

といったところです。


マクロレンズの、焦点距離選びでもよく言われることですね。

ワーキングディスタンスのみで選ぶのは、
レンズワークの本質ではないと思います…

構図の構成上、すべての画角に、意味があると思います。



今回の企画は、
お手軽レンズ扱いの標準ズームで、
どんな絵が撮れるのか…

自分的にそれを再確認すること。
(限界を知ること)

そして、ついでに、
標準ズームにご興味をお持ちの方々に、
作例を通して、なんらかの情報提供が出来れば…

そんな趣旨でございます。

ご意見、ご指導など、ございましたら、
コメントいただければ幸いです。

懲りずに、続きます…


■#001
PENTAX K10D+DA 18-55mm F3.5-5.6
18mm ISO100 f5.6 1/250sec RAW

blogramのブログランキング

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/12(木) 10:35:11|
  2. 【鉄道情景】JR鶴見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

標準ズームでお散歩_浅野編1

20120710-01.jpg
#001

最近は、久しぶりに持ち出したK10Dで遊んでます。

FA77mmの次は43mmで…なんて思っていたんですが、
気紛れで、標準ズームの18-55mmで次はお散歩してみました。

最初は、また都電沿線に出動…のつもりだったけれど、
同じじゃ面白くないので、急遽、鶴見線の浅野駅へ。



およそ、一時間ほどのお散歩です。




ところで、今回のテーマ、標準ズーム…

NOBUNOBUは殆ど使わないのですが、
最初に一緒にボディと買う人も多いと思いますし、
自分の場合は、トラブル判定用の、基本純正レンズとして、

なんだかんだと、保有している人も多いと思います。


ただ、レンズとしては、

・望遠側が不足気味の焦点距離=望遠表現に限界
・明るくはない開放値=自在にボケない

などが、
おさえておきたい基本スペックでしょうかね。

そんな辺りに留意して、いざお散歩、お散歩。





1枚目は、望遠感を出すために、

・前景に近寄る
・奥行きのある構図に
・立体感補強のために斜め後ろからの光線

みたいなのを意識してパチリ。




それなりに、空気感を写せますね。

しかし、ボケは、開放とはいえ、
f5.6では、まぁ、こんなもんですかね…

大口径みたいに、
正体不明までのボケは、望外と思うべし…です。
(唯一の解決法は、前景に猛烈に接近ですな)

適度に、状況説明が出来ると、前向きに思考してください…



今回のシリーズは、
標準ズームのNOBUNOBUなりの使いこなしを、
お散歩テーマにしてお送りする予定です…(汗)


■#001
PENTAX K10D+DA 18-55mm F3.5-5.6
55mm ISO100 f5.6 1/125sec RAW

blogramのブログランキング

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/10(火) 03:50:11|
  2. 【鉄道情景】JR鶴見線
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

光2

20120105-01.jpg
#001


前回の光つながりで、旧作からもう1枚。

鶴見線浅野駅での、初冬の1枚。


真っ直ぐに伸びる本線のレールと、
ごちゃごちゃと入り組む側線のレールが、
逆光に輝いていた。


日中は、すべてをフラットに照らす太陽の光は、
夕方になると、
輝くもの、沈むもの、相変わらずフラットなものと、
世の中の物体を3種類に区分する。


写真撮りには、それが楽しい。



■#001
Nikon D3+Ai AF-S Nikkor 300mm F4D
ISO200 f4.0 1/1250sec RAW

blogram投票ボタン

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/01/05(木) 00:00:01|
  2. 【鉄道情景】JR鶴見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

表現>記録

20111108-01.jpg
#001


前回の写真が「記録」なら、
今回の写真は「表現」。

京浜工業地帯の真っ只中を走る鶴見線。
その浅野駅の裏手の、クレーンだったかの残骸…

失礼…いや、使われなくなったクレーン…でしたっけ?

そんなメカニカルなイメージを、
今回は、ハイコントラストなモノクロ仕上げで、

「表現」

してみました。


自分の場合、多くは、表現>記録の写真。

ただ、前回の記事のように、
「記録」も撮れるようになってきた。



表現は、でもまだまだ、いつも
「実験」の段階…

がんばらなきゃ。

■#001
Nikon COOLPIX P300
ISO160 8.1mm(換算45mm) f3.5 1/60sec jpeg

blogram投票ボタン

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/08(火) 17:57:27|
  2. 【鉄道情景】JR鶴見線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください