新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

新調

20170228-01.jpg
#001

20170228-02.jpg
#002


超久しぶりに、

交換レンズを新調しました。


以下2本。

タムロン
・SP 70-200mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
・SP 15-30mm F/2.8 Di VC USD (Model A012)


元々は、

これまで主力で使っていた、ニコン純正70-200/2.8 VR 1型、

2型は見送って、今回3型が登場。

なかなか良さそうなので、そちらに更新することを考えていたのですが、

ちょうど23日発売で、上記のタムロンの新型が登場。


こちらもなかなか良さそうでしたが、

発売直後なので評価がまだ定まらない感じなのと、

主力レンズを純正から互換メーカーに乗り換える漠然とした不安がありまして、

あーだこーだと悩んでました。



結局、決め手は価格。

年々値上がりする機材ですが、

さすがに今回の純正3型70-200/2.8は20万円後半コース。

後述する広角ズームも更新したかったので、

タムロンなら上記2本で純正1本よりも安く済みそうで、

決断した次第。


広角は、これまで、

トキナーの名作サンキュッパの19-35mmを、青の発色が好きで使ってきましたが、

炎天下では、無限遠が出なくなる問題があったり、

AFがボディモーター方式で、D5000シリーズ以下ではAFが使えないこと、

性能的にも、まぁ、サンキュッパでそれなりなこと… などなど、



我が家には大三元の純正14-24/2.8もあって、相棒が主に使っていて、

自分も使えなくはないのですが、

上が24mmまでなのが、自分のラインナップではネックで、

評判のいい冒頭のタムロンのレンズを新調した次第。



これで、自分のレンズラインナップは、

広角側から、

・タムロン 15-30/2.8
・シグマ 50/1.4
・ニコン 135/2(DC)
・タムロン 70-200/2.8
・ニコン 300/4
・タムロン 500/8(RF)

がメインで、他数本を併用することとなりました。


最近のレンズ更新のテーマは、

作風から夕方~夜の撮影も多く、

1/4~1/30secあたりの、油断するとブレちゃう速度も多用するので、

すこしでもリスク低減のために、

多少画質を犠牲にしても、防振機能付レンズに更新することです。


これで、広角と望遠は最新の防振レンズになったので、

次は、50/1.4をタムロンの45/1.8あたりに更新できれば結構満足しそう。


このあたりは定番の24-70/2.8もありますが、

一芸を重視する自分としては、

同じ1本なら、それよりは大口径の標準単焦点の方が

撮れる絵の幅が広がると考えてます。


新たなレンズで、気分も新たにパチリ、精進しなければ。


以上、毎度の備忘録代わりの機材更新メモでした。



■#001・#002
SONY Cyber-shot RX100
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/28(火) 06:54:50|
  2. 【その他機材】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Reflex


#001

このところの記事でお気づきの方もいるかと思いますが、

中古レンズを1本、増強しました。

TAMRON SP 500mm F8(Model 55BB)

巷で言うところの、レフレックスレンズの超望遠レンズ。



なんで今頃…という感が強いところなんですが、

理由を話せば、下記の通り。



…というのも、

若い頃は人間が出来ていませんで、

「ボケが汚いレンズ=駄目なレンズ」

という、絶対主義にとらわれていて、


友人から借りて使ったことはあるのですが、

自ら所有することは一切考えず…



それから、幾年月が経過し、

人間もカドが取れまして、


「それぞれの個性を認める」


ことができる大人になったのでした。



そうなってくると、レフレックスレンズの、

・小型軽量
・独特のボケ

などが、

道具として、とても気になる存在になりまして、

いまさらながら今回、状態のよい中古を入手した次第。



そんな訳で、ここのところ、色々と試し撮りをしているところです。



20160302-02.jpg
#002

毎度おなじみの、小湊は上総川間でのパチリ。

レフレンズ特有のボケ具合が、

手前の線路左側とかに出ていますが、

このくらいの撮影距離でサイズだと、

背景の林とか、

もっと盛大にザワザワするかと思いきや、

以外にそうでもなかったり。

手前の、踏切のトラ塗りの柵のボケ方も、

自分的には、結構以外に、それほどひどくない…



視点を変えて、色のりとかは、

古いレンズらしく、非常にあっさりしているんですが、

逆に、なんとなく懐かしい、

ネガカラーフィルム時代を髣髴させる色調が、

大いなる個性で、好感触。



20160302-03.jpg
#003


レフレンズといえば、一番はやっぱり、

独特のドーナツ状のボケですが、


もっとホイホイ発生するかと思っていたんですが、

案外、撮影距離の条件があるもんだと思ったり。


特に、手前に、鉄道車両みたいに、

でっかいものを画角に入れようとすると、


「結構たいへんかも…」


なんてことを実感した次第。









とにもかくにも、

色々試して、知らなければいけないことを、

もっともっと知らないと…ってのが、

現状なのでした。






20160302-04.jpg
#004


ちょいとお試しで、

ボケボケにしてみれば…




これこれ…

都会の鉄道で、
こんなイメージをとりこんでみたい…って目論んでいるんですが…

さてさて、どんなことになるやら…




■#001
Nikon COOLPIX P7700

■#002・#003・#004
Nikon D750+TAMRON SP 500mm F8(Model 55BB)

詳細省略


ブログランキングならblogram




テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2016/03/02(水) 16:08:53|
  2. 【その他機材】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

修理完了

20150123-01.jpg
#001

先日、
AF-S 18-200mmをニコンに修理に出したことを、
記事にしました(この記事ね…)が、

一昨日に完了の電話をもらって、
本日、新宿まで引き取りに行ってきました。


修理の結果は、写真の通りですが、
あらためて、文章にすると…

(1)AFの引っかかり

これは超音波モーター等、パワー部分の問題ではなくて、

>VR FPC部組を交換いたしました

とのこと。

FPCって、あのカラーフィルムのベースみたいな
オレンジのフィルム状のを想像しますが、

どうやら、あれが、レンズ内で「浮く」などして、

それが、フォーカス部に引っかかっていた模様…

引っかかりの感触とも合致しますので、
多分、そうでしょう。

(2)Mモード時にAFが作動

これに対応するのが、

>切替スイッチ部組を交換いたしました

どうやら、スイッチがいかれちゃってたみたいですね。

確かに、これであれば、

症状が出たり、出なかったり、
出たら、カメラが変わっても継続するのも納得。

スイッチは、以前に比べて、
3つとも、切替がとても硬くなりました。



で、明細ではもう1箇所部品交換…

>1群カバーリングを交換いたしました

これは、ネット上で、
このレンズの、よく報告されている不具合、

「前群のレンズが緩みやすい、気づかずにいると、最悪、脱落する」

という症状に対応しているんでしょう。

それで、対策部品が出ているのでは…と推測します。


私のレンズは、今回、購入以来初めての入院だったので、
それに交換されたのでは。




そんなこんなで、

修理に一番お金がかかりそうな、
AF駆動部の超音波モーター等、パワー部には問題なくて、

修理代も、見積もり通り15,520円で済んで、よかった、よかった。



修理代は、レンズの値段を考えると、
決して安くはないですが、

まぁ修理がてら、程よくオーバーホールが出来たかな…

といった感じです。



最後に、全然違う話ですが、

新宿のニコンに、新しいサンヨンが展示してありました。


いや~、噂どおり、素晴らしく小型化されていて、
写りはさておいても、

これはすごいですね。


隣に、旧型になったサンヨンも展示されてましたが、

長さで半分、
径は、前玉は同じとして、マウント側に向けて鏡筒はひとまわり細身に、

…そんな感じ。




これで、我が家のレンズが、
また一つ、現行品から旧型になりました…(涙)


■#001
Nikon COOLPIX P7700
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2015/01/23(金) 18:10:34|
  2. 【その他機材】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

修理中

20150116-01.jpg
#001


機材の修理で、久しぶりに、新宿のニコンへ行ってきました。

ネタは、写真の初代 AF-S DX 18-200mm。

ちょうど写真に写っている辺り、

フォーカスが1mから3mの間で、
無限遠⇒近接 方向にフォーカスするときに、

ひっかかりができてしまいまして…


現状、ひっかかってもMF、AFともに、
ひっかかりを乗り越えて動くのですが、

まぁ、
撮影中に、ある日突然動かなくなるのが一番困るので、
修理に出すことになった次第。



ちなみに、
18-200mmは滅多に使わないのですが、

カメラ1台に、レンズ1本だけ…といった時には、

これ1本!のレンズではずせないのです。



よく、このレンズを、
「汎用性が高い」という人がいますが、
それは全く逆です。

1台、1本だけしか使えない、
1台、1本だけにしたい、
そんな時にだけ登場する、スペシャルメンバー。



なお、このレンズは、もう一つ、困った故障がありまして、

それが、

フォーカスをMモードにしても、
AFが作動してしまうこと。

これについては、
サービスセンターで、我が家のD5200に装着して、
最初は再現していたのですが、

センターのD200及びF100に装着した時には再現せず、
その後、当家のD5200に装着しても再現しないと言う、
奇妙なことになりまして、

センターの方も、
当初、D5200とのセットで発生しているのを、実際確認しているので、
訝しがっていましたが、

検査の結果、再現せず…


とりあえず、
・フォーカスの引っかかり
・Mモード時にAF作動することがある
の2点で、入院。


入院にあたり、見積もりでも、すったもんだあって、

サービスセンターの窓口見積もりでは、
どうしても、概算の見積もりが、修理代4万円超となってしまうとのこと。

これはぜったいおかしいので、
後日、精査の上、連絡しますので、
それまで預かります…となったのでした。

確かに、4万円超だと、程度の良い中古が購入できる料金ですから、
ニコンさんの判断は、きわめて妥当かと。




そんな訳で、なにか、やり残した感いっぱいで、
新宿をあとにしたNOBUNOBUでした。


なお、翌日、早速、ニコンから電話があり、
修理代見積もりは1.5万+αとのことで、
すんなり、それならば修理をお願いした次第です。

ご案内では、修理期間は、およそ10日との事。



戻ってくるのを、のんびり待つとします。





ちなみに、ブログの更新が、結構間隔あきましたが、

三連休直後、結構激しい食中毒に罹患、
一時は発熱までするような、
かなり悲惨な状況…になりまして、

いまだ、ここに記すのが憚られるような状態…



人間も、ただいま修理中なのでした。


今日、金曜日で、

やっとパソコンに、
短時間なら座れる状態まで回復してきたところ。

まだまだ、○○○から離れる訳に行きません…(涙)




■#001
Nikon COOLPIX P7700
詳細省略

blogramのブログランキング


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2015/01/16(金) 17:21:39|
  2. 【その他機材】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

まもなく終焉…

20140721-01.jpg
#001


この記事で書いたのだけれど、

手元にある、
富士フィルムのインスタント写真システムの一つ「Pivi」が、
間もなく終焉となる。

ずーっと前から、プリンターの新製品もなく、
今年の2月に、フィルムの製造終了が、
メーカーからアナウンスされました。

今現在、アマゾンやヨドバシで、
新品フィルムを普通に手に入れられるけれども、

メーカーのフィルム製造終了アナウンスの中で、
在庫の最終出荷が、今年の7月頃とのことだったので、

もうそろそろ、市中の流通在庫もなくなる方向かもなのでした。



使い方は、冒頭に触れたリンク先過去記事で記した通りで、

たまたま通りかかって、パチリさせていただいた、
旧家の家人の方とお話して、

旧家をパチリしたものを差し上げたら、

えらく喜んでいただいて、

地元のお土産を沢山いただいたり…とか…


使ってよかったことは間違いなし。



確かに、意外に、自分の家の写真って、
撮ってそうで、撮ってないよな…

なんて思ったり。


自分が、家の中で、適当にパチリパチリするのも、

そんな何気ない写真が、後で、結構な思い出になりそうだと、
気づいたからだしね…

案外、写真を趣味にしていても、
10年前の自室の写真なんてありゃしないもんだ。

そんなもの記録してどうすんの?
なんて思うこともあるけれども、

やっぱこれこそが、写真の原点だと…大切にしたい。



話が脱線しちゃったけれども、

そんな訳で、Piviのフィルムの買いだめに、そろそろ走らなきゃ。


ちなみに、Piviは終焉するけれども、
ほぼ同じコンセプトで、スマホの写真を印刷できる、
モバイルプリンターが、

代わりといってはなんだけれども、
同じメーカーから、チェキブランドで、
Piviの終了アナウンスとほぼ同時に発売されてます。

今後は、こっちを使ってね…ってことですね。


とりあえずは、現有のこのPiviで、
赤外線通信ができて、スマホの画像も、普通に印刷できるから、
なんの不満もなしで、買い換える必要も感じない。
(さらにUSB接続でイチガンとかから直接印刷できるのがウリ)

終焉は残念ではあるけれども、仕方ないね。


■#001
Nikon COOLPIX P300
詳細省略

最近P7700の出番が殆どないのだけれども、
小さなエビとかをマクロしていたら、

被写界深度とか、お手軽に撮るには、
1/2.3インチ素子のカメラが丁度いいと思えてならなかったり…

blogramのブログランキング

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2014/07/21(月) 12:04:05|
  2. 【その他機材】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猛暑被害

20140603-01.jpg
#001

前回記事の続きです。

さてさて、毛度沢橋梁でデンシャが来るのを待つこととして、

素晴らしいロケーションを写したく、
広角レンズに交換して待つことに。

ちなみに、列車到着1分前に試し撮りしたのが、冒頭の写真。


列車は上り列車なので、画面の右側から、
左方向に進むのですが、

3両編成なのは、下っていったときに確認済み。

画面の右側に来たときにパチリする予定です。
さて、準備万端、あとは列車が来るのを待ちましょう…でした。



ところで、話は全然変わるんですが、

私の普段の撮影時のカメラの設定は、

AF-Sでフォーカス優先。

基本連写パシャパシャ人間ではありませんので、
特に理由がない限りは、

今回みたいに動きモノでも、決めた場所で、ワンショットです。

置きピンも併用しますが、
手持ち中心なので、AFでお気軽パチリで済ますことが多かったり…

特にイレギュラーなこともありませんし、
それで、あとは来るだけ…でした。









さてさて、そんな訳で、いよいよ列車がやってきたんですが…

ここで、思いもしないアクシデント!



無限遠が出ない…

距離指標が∞に来ても、
カメラはまだピントが来てないと▲マーク出してます。

手前に振れば●マークでピント来るけど、無限遠が出ない…

カメラはAF-S、フォーカス優先設定…

シャッターがおりない…(汗)




あー無常にも、その間に列車は去り行く…



20140603-02.jpg
#002

この時使っていたのは、このレンズです。

Tokina AF 19-35mm F3.5-4.5(Tokina AF193)

サンキュッパであっと言わせた、コストパフォーマンス抜群レンズ。

確か、コシナかどっか製で、
トキナー以外にも、まったく同じものがタムロンからも出ていたり…

そんな古い安物のAFレンズですが、

独特の発色で、気に入って使い続けていました。
(過去記事で発色サンプルだとこんなのとか、こんなのとか)


そんな古いレンズですが、

見ての通り、フォーカスリングに距離目盛を直に表記するタイプ。

おまけに、リングは∞以上には回らないタイプ。

まぁ簡単に言えば、MFレンズを、
そのまま外部AF駆動するようにしただけ…みたいな…

てな訳で、
カメラは一生懸命∞マークよりフォーカスしたいのだけど、
これ以上まわらん…

みたいな状況なのでした。




20140603-03.jpg
#003


焦りに焦りましたが、

すぐに19mm以外にズームすると、∞にもフォーカス来るみたいで、

列車はいっちゃいましたが、なんとか収めたのがこちらのパチリ。


なんか撮っただけになっちゃいました。



ちなみに、この時に調べた限りでは、
19mmの時だけ無限遠が出なくて、他は正常…

たった1分前は撮れたのに(1枚目ですよ)、なぜに急にこんなことに…

でした。


思うところはあったのでしたが、

さて帰宅後に確認すると、19mmでも問題なく無限遠でフォーカスが来る…

直ってました。



勝手に直ったということで、
どうやら、こんな理由ではないかと…


この日は、カメラに直射日光が当たって、

カメラレンズ共に、結構な温度になってました。
さわると、ちょっと熱っちいぐらい…


それで、レンズ鏡筒が膨張伸長して、無限遠が出なくなった…

そんな理由の気がします。


多くのAFレンズは、∞以上にフォーカスできる構造ですが、

このレンズは∞以上にはリングは動きませんし、
構造的な問題もあるやと…




これまでで、初めての経験ですが、
そんなこともあるのね…ということでした。



まぁ、メーカーは問題ないと言いますが、

今後は、「白い」レンズがある場合は、
そっちをチョイスする意味はあるかと…

そう認識した次第。


誰がなんと言おうとも、経験にはまさらない…っと。


■#001・#003
Nikon D3+Tokina AF 19-35mm F3.5-4.5(Tokina AF193)
詳細省略

■#002
Nikon COOLPIX P7700
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2014/06/03(火) 15:36:01|
  2. 【その他機材】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ムッムッムッ…

20140307-01.jpg
#001


以前から、
時々AF機能が息絶えてしまって、

そうなると、フォーカスリングのクラッチも機能しなくて、
MFも出来なくなるときが時々あった、

VR/70-200/F2.8(1型)

の息絶える頻度がさすがに忍耐を超えてきたので、
先日Nikonに修理に出したのが戻ってきた。

もちろん、接点磨きとかもして、
一応の手当てはしても、効果がないので、


※症状としては、例えば、

AFは動いているんだけど、
最短側へ、一生懸命動いていて、
反対だよと、教えてあげても、かたくなに最短側に行こうとするとか…



これは、超音波モーター部や、その制御系が死んだかと…

そんな風に思っていたのだけど、










戻ってきて、修理明細見て、ちょっと絶句…






モーターとエンコーダー部は調整のみ、
取り替えた部品は、

通信不具合で、
接点のピンまわりのみ…



ピン10本の交換も含めて、部品代620円…







そこかよ…








お高いレンズが、こういう壊れ方をすると、
ヒジョーに個人的に、情けない悲しみというか…

ムッムッムッ…だよな。






サービスセンターに寄ったついでに、


初期AF-Sレンズにありがちな、
キーキー音が最近うるさくなってきたサンヨンの、

モーター部修理の見積もり聞いたら、

およそ5万円+αとかのお返事…



大径超音波モーターはかくもお高いのね…

と、


さすがに、年季の入ったレンズの修理代としては、
考える金額なのでした…


レンズに電気部品がなかった頃には、
本当に「一生モノ」という概念があったけれども、

電気部品が入ってからは、

そんな概念も通用しないし…





そのうち、
修理不能になったレンズの光学系を再利用して、
MFレンズとしてリビルドするサービスが出来て欲しいねぇ…


なんて思うのでした。



以上、本日は、ボヤキと独り言…



■#001
Nikon COOLPIX P7700
詳細省略

blogramのブログランキング

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2014/03/07(金) 14:01:28|
  2. 【その他機材】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM その4

20140118-01.jpg
#001


先日新調した、
SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM について記事にする4回目。


以前の記事で、
飲食店でお料理写真とかにいいかも…

って書いたのだけど、


お料理ではないけど、それ風のイメージで、
作例としてパチリしてみた1枚。



自宅のテーブルで、機材のメンテナンス中に、
卓上のブロアーを、

18mm/f1.8開放で。



18mmと比較的背景を広く撮れる割に、
しっかりボカすことができるので、

店内の雰囲気を写しこみながら、

他のお客さんとか、
綺麗に見えては困るものをボカしたり…


そんなことがやりやすいレンズですよ。

テーブルの対面の椅子の背もたれがこれだけボケるので、

狭いお店で、至近距離に他のお客さんがいても、安心かもです。



その他、画角広めで遠近感とれるので、

テーブルにお皿並べた料理の広がり感とか、

40mm前後のマクロを使ったのとは、全然違う世界の表現も可能。




適当に撮った写真で、
色々イメージしてみましたが、

基本、自分は門外漢でございます…


ご参考までに…でした。



※今回から、カメラをD5200にパワーアップいたしました。

D3100の不満(AFと液晶)が解消されて、ご機嫌です。



Nikon D5200+SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM
ISO640 18mm f1.8 1/30sec RAW

ブログランキングならblogram

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/18(土) 04:39:07|
  2. 【その他機材】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください