新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

渡河阿武隈

20160527-01.jpg
#001


前回記事で、阿武隈川を渡る阿武急、

その福島盆地での情景を紹介したので、

渡河地点2箇所のうちのもう1箇所、

仙台側の渡河地点でのパチリ。



前回と違って、こちらは、

阿武急が、阿武隈の峡谷から、

仙台側の平野に出てくる直前に架かるので、


福島側とは、趣がまったく違う。

山峡の中。



ついでに言ってしまえば、

前回は福島県、ここはすでに宮城県内。

県境の山を抜けてきた… 出口の直前…

そんな表現がぴったり。



静かな早朝、朝霧の中を、

トラス橋を渡る阿武急。


轟音が山峡に木霊する。




■#001
Nikon D750+AF-S VR Nikkor 70-200mm F2.8G
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/05/27(金) 09:47:20|
  2. 【鉄道情景】阿武隈急行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昼霞福島

20160526-01.jpg
#001


福島盆地を流れる阿武隈川。

阿武隈急行は、福島~槻木の全線で、

2回阿武隈川を渡るが、

そのうちの一つ、

福島盆地での情景。



あたりは果樹畑、工業団地、

遠くに住宅地、

福島盆地中心部では、ごくごく普通の景色。



絶景を、気合を入れてパチリするのもいいけれど、

こんなごくごく普通の景色を眺めながら、

のんびり、やってくる列車をまつパチリも、

それはそれで、いい。



この季節、

川面をわたる薫風が気持ちいい。




■#001
Nikon D750+AF-S VR Nikkor 70-200mm F2.8G
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/05/26(木) 18:12:29|
  2. 【鉄道情景】阿武隈急行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

くだもの王国 2

20151020-01.jpg
#001


記事を一つ脱線したけれども、
本線復帰で、阿武隈急行。


この記事で書いたけれども、

阿武急の福島側、地理的な位置で言えば、
福島盆地の北部は、くだもの王国。




冒頭のパチリ、

日本人に、

斜面一面にオレンジの実がたわわに実る…

といった情景を思い浮かべてもらえば、

ほぼほぼ、それはミカン畑…

そうなるだろうと思うのだけれども、
こちらでは、違う。




阿武急の沿線、伊達市を中心とした一帯は、

柿の一大産地。


特に、

「あんぽ柿」

といわれる、硫黄を使って乾燥させる干し柿の製法は、

ここが、その発祥の地。


そんな訳で、いたるところに、
「柿畑?」があるのでした。





それで、

さぞかし、歴史と伝統があるのだろうと思うと、
意外に、そうでもない。



あんぽ柿に興味をもって、ちょっと調べてみたら、

実は、一帯は、そもそもは、

日本でも有数の、古くからの養蚕地帯。


明治時代になってから、にわかに養蚕をはじめたのではなく、

それはもう昔からの、これこそ、歴史と伝統のある、

養蚕地帯だったようだ。


明治時代には、養蚕関連の産業で隆盛を極めて、

前々回の記事に記した、

梁川や保原といった、立派な都邑が今に残るのは、

そんなことが理由らしい。



しかし、ご存知の通り、

時代が大正にかわり、時が進む中で、

養蚕関連の産業に陰りが見えてくる…、

次の産業は…と模索し、

たどりついたのが、果樹栽培。




「福島のくだもの」って、
なんとなく、歴史がある産業のように個人的に思っていたのだけれども、

たまたま「阿武急沿線でテッチャンしてみた…」

こんなことをきっかけに、歴史を紐解いてみれば、

案外、最近の産業だってことを、しった次第。





地域の、イマの、一つの象徴である、柿畑。

そこを行く阿武急。


シャシンでは表現できないものって、

じれったいほど沢山ある。



■#001
Nikon D750+AF-S NIKKOR 14-24mm F2.8G
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/10/20(火) 03:18:16|
  2. 【鉄道情景】阿武隈急行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

阿武隈川


#001


前々回の記事でパチリした兜駅の場所は、

ちょうど福島盆地の北端、

盆地の平野が終わって、この先は、
いよいよ阿武隈の山塊を、阿武隈川が切り裂いて流れる、

峡谷地帯の入口にあたる場所。



そんな訳で、

兜駅のあたりから、

前々回記事の背後の方向を眺めれば、

福島盆地を、蛇行しながら雄大に流れる、阿武隈の流れ。



こんな景色を眺めていると、

北上川についで、さすが、東北第二の大河であることを実感する。



朝霧に霞む遠景は、県都福島の方向で、

梁川、保原などの都邑であり、それなりに人口密度もある。



そういえば、

福島で、保原、梁川の地名を聞けば、

福島交通の軌道線を思い出したり。



馬面電車が、インターアーバン的に、田舎道を走っていた、

そう、あの場所。




福島交通の軌道線が廃止されてから、
阿武急の開業まで、それなりの年月があいていたので、

そんな場所を阿武急が走っているなんて、全然意識していなかった…


阿武急の線路をさがして、阿武隈の流れを眺めていたら、

そんなことも頭に浮かんだり。



残念なことに、今までノーマークの、
にわか阿武急ファンなのでした。


※本日は、「デンシャはどこだ?」的パチリとあいなりましたので、
特別に、写真クリックで倍サイズご覧いただけます。
さて、デンシャはどこ?



■#001
Nikon D750
詳細省略

ブログランキングならblogram

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/10/15(木) 14:44:12|
  2. 【鉄道情景】阿武隈急行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くだもの王国

20151014-01.jpg
#001


福島市を中心とする、
福島盆地一帯は、くだもの王国。

もも、なし、りんご、さくらんぼ…といったところが、
主なところで、

ぶどう、柿なども、知られるところ。



訪れた、秋のこの季節は、

ちょうど、りんごが色づいてきたところで、

品種によっては、収穫が始まっていました。



阿武急でも、

瀬上駅に、サブネームとして「りんごの里」とついていたり…


収穫前のりんご畑から、阿武急をパチリ。




■#001
Nikon D750+Ai AF DC-Nikkor 135mm F2S
ISO100 f2.0 1/4000sec RAW

blogramで人気ブログを分析




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/10/14(水) 14:44:59|
  2. 【鉄道情景】阿武隈急行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝霧2

20151013-01.jpg
#001


阿武隈川を見下ろす高台にある兜駅。

前回記事でパチリした下りの初電の次は、

朝夕に各1本設定されているJR直通の仙台行き。



通勤・通学に便利な直通列車も、

この日は土曜日で休日だからか、

誰もいないホームに一寸停車の後、

阿武隈川の朝霧に向けて、

6時24分、定時に、仙台方面に発車していった。




これから約10分、

列車は、丸森まで、「阿武隈峡谷」を走る。

大都会仙台へ、まっすぐ向かう為に、避けては通れない、
狭隘な峡谷地帯だ。



■#001
Nikon D750+AF-S VR Nikkor 70-200mm F2.8G
ISO400 135mm f8 1/500sec RAW

blogramで人気ブログを分析

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/10/13(火) 02:54:55|
  2. 【鉄道情景】阿武隈急行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初電

20151011-01.jpg
#001


お彼岸を過ぎて、
日の出の時間が、どんどん遅くなっているように感じる季節。

早朝の阿武隈渓谷、

まだ薄暗い中を、

仙台方面への始発電車が駆けていくのをパチリ。





漂う静けさの中に、阿武隈の水流の囁き、


峡谷の中で、音だけが近づいてくるデンシャ、


心地よい緊張感…


それが愉しい。





山と川の大きさに比して、

鉄道といえども、人間の造作したモノのいかに小さく、ひ弱なことを、

あらためて実感。












※最近、阿武隈急行がマイブームです。

また金曜深夜から土曜日午前中にかけて、

いってきました♪




■#001
Nikon D750+AF-S VR Nikkor 70-200mm F2.8G
ISO3200 120mm f5.6 1/500sec RAW

blogramのブログランキング









テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/10/11(日) 20:37:07|
  2. 【鉄道情景】阿武隈急行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

清流

20151007-01.jpg
#001


さてさて、少し時間がたっちゃいましたが、

東北縦断ツアーの記事に戻ります。



朝方の濃霧で、予定変更で立ち寄った阿武急線沿線。


川霧の美しい情景を堪能したあと、

太陽が昇るにつれて、霧も晴れ、

情景の主役は、阿武隈川の清流に変わります。




川面に立つ2羽の白鷺、

その横を、ちょこっと阿武急が顔をだし。




朝の清々しい空気が気持ちよかった。




■#001
Nikon D750
詳細省略

ブログランキングならblogram

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/10/07(水) 13:04:01|
  2. 【鉄道情景】阿武隈急行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください