新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

秋晴れ2

20170911-01.jpg
#001


東京は、すっかり秋めいた気候になりました。


なんか、近年は、9月の初旬だと、

真夏並みに暑い日が続いて、

最近は、昔と違って、残暑が厳しい… といった印象があって、

これも地球温暖化の影響なのか… なんて思ってましたが、


今年は様子が違うよう。



自分は、地球規模の気候の観点では、

現在は間氷期であって、氷河期の間隔からすれば、まだまだ温暖化する…

と、その昔授業で習った記憶があって、


地球温暖化と叫ばなくても、

地球規模の気候は、そもそも温暖化の方向…と思っているので、

安易な「地球温暖化」論には懐疑的。


二酸化炭素の話では、どっちかといえば、

地球上の森林面積が、急速に減少していて、

そっちの方が不安だったり。



■#001
Nikon D750+TAMRON 15-30mm F2.8 Di VC USD (Model A012)
詳細省略

ブログランキングならblogram

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/09/11(月) 21:03:53|
  2. 【鉄道情景】JR水郡線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夕照

20170908-01.jpg
#001


今回、水郡線に出かけたのは、

自宅周辺では、すでに稲刈りが終わっていて、見損ねたので、

黄金色の景色を見に。



傾いた太陽が、瑞穂の土地を、輝かせる。



いつもの場所から、そんな景色を楽しむ。



季節の進みとともに、影も長くなってきた。



■#001
Nikon D750+TAMRON 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/09/08(金) 00:12:29|
  2. 【鉄道情景】JR水郡線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋晴れ

20170907-01.jpg
#001


久しぶりに水郡線の福島側へ。


お天気は、綺麗に秋晴れ、

田圃は色づいて、そこを吹き抜ける風は、秋の風。


パチリするに悲しいのは、

本線ではないにしても、100kmを越える長大な路線ながら、

列車の本数が、とても少なく…


この日も、地元の方との会話で、

「水郡線は使えないから…」のコメントが出る。


趣味人として、鉄道の凋落ぶりが、本当に悲しい、現在のニッポン。



■#001
Nikon D750+TAMRON 15-30mm F2.8 Di VC USD (Model A012)
詳細省略

blogramで人気ブログを分析



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/09/07(木) 12:58:19|
  2. 【鉄道情景】JR水郡線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木蔵

20170302-01.jpg
#001


水郡線の沿線を、ロケハンがてらウロウロしていて見つけた蔵。

「蔵」というと、どうしても土蔵がイメージされるけれども、

これは、木造の蔵。



家財を保管するという意味で、

耐火性などを考慮すれば土蔵がいいのだろうけれども、

建てこんでなくて、まわりに建物とかがなければ、

延焼の心配もなく、木造でも十分なのかもしれない。


実際、このお宅では、

敷地入口に、ポツンとはなれてこの木造蔵。

敷地内の住居に隣接して土蔵と、

2つの蔵を「建て分けて」いるようにも見えた。


ただ、入口近くの立つこの蔵は、

窃盗などの防犯上は、好ましくないとは思う。


建てた事情は、色々量られるけれども、

そんなことに思いをめぐらすのも、

散歩みたいなロケハンの楽しみかも。


裏手の線路を行く、水郡線の列車と、

冬の青空を一緒にパチリ。



■#001
Nikon D750+Tokina AF 19-35mm F3.5-4.5(Tokina AF193)
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/02(木) 06:10:05|
  2. 【鉄道情景】JR水郡線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪原夕景

20170226-01.jpg
#001


この記事の日の夕景のパチリ。


本数の少ない水郡線では、

刻限と、パチリできる列車は大体決まってしまって、

この季節は、この刻限、夜の帳の降りた頃には、

お世話になるのは、この列車。



そんな訳で、

パチリしていて、いつも気になっているのは、

この列車は4両編成ながら、

一番後ろの1両は、室内灯が点いてなくて、回送扱いみたいなこと。


車内の明かりが雪原を照らすのを、パチリの楽しみにしていたのだけれども、

一番後ろ一両が真っ暗なのは、とても残念だったり。


これから日が長くなって、このあとの列車もターゲットになるかと思いきや、

19時台の次は21時台だったりして…


水郡線は、新型の気動車が投入されたり、

そこそこ列車がありそうなイメージだけれども、

茨城、福島県境あたりから北側は、本当にローカルで、

区間によっては19時で最終とかある。

部活の遅い高校生とかだと、厳しいかも。


そこそこの都邑が点々とあり、人も結構住んでいるのだけれども、

これが現実。



■#001
Nikon D750+AF-S VR Nikkor 70-200mm F2.8G
詳細省略

ブログランキングならblogram

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/26(日) 01:31:13|
  2. 【鉄道情景】JR水郡線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

家並

20170221-01.jpg
#001


水郡線のパチリといえば、

久慈川の渓谷沿い、ローカルなイメージが多数かと思うけれども、

地方であっても、人の営みは当然ある訳で、

それなりに建て込んでいる所もある。



そんなところを、雪が積もった日にパチリしてみたら、

屋根の色がみんな白くなって、

各戸、外壁の色は、実は結構似たような色彩なのが見えてきた。



全然違うのだけれども、

どこかの国の、日干し煉瓦の古い街並みを行く列車…


そんなイメージが、一瞬、脳裏に浮かぶ。


そして一瞬の後、寒さがお馬鹿な空想を吹き飛ばす(笑)。




■#001
Nikon D3+AF-S VR Nikkor 70-200mm F2.8G
詳細省略

ブログランキングならblogram

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/21(火) 13:15:49|
  2. 【鉄道情景】JR水郡線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山模様

20170219-01.jpg
#001

前回記事のパチリ地点から、

おおよそ20km、沿線を南下したところ。


ごくごく、ありふれた里山の景色。


前回地点からはちょっと南といった感覚だけれども、

ここには雪が残っていなかった。


久慈側沿いの穀倉地帯、広がる水田は、まだ冬の装い。

背後の山は、常緑樹、落葉樹入り乱れてのまだら模様。

樹木の色々な姿が見てとれるけれども、

その中に見つけられるのは、


茶色く色が変わった杉の木の一群。


今年も、花粉の季節がやってきた。


(自分は、今のところは大丈夫なのが幸い)



■#001
Nikon D3+AF-S VR Nikkor 70-200mm F2.8G
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/19(日) 11:27:02|
  2. 【鉄道情景】JR水郡線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水郡線冬模様

20170218-01.jpg
#001


広々とした田圃、そこに降った雪。

そんな雪原を行く、水郡線の列車。


前々回の記事で、「宿題」のことを書いたけれども、

水郡線の、このカットも宿題がある。


宿題の内容は、遠景の那須の山々を形にすること。


雪が降ってから数日、

お天気が良くなった頃を見計らって行ってみると、

綺麗な雪景色。

課題の那須の山々は、やはり雲がかかり、

稜線の形は認められず…


ただ、冬ならではの収穫は、

那須山麓のスキー場が認められて、

それはそれで、情景の冬っぽさが増量されたかも…


これはこれで、水郡線の冬の情景として、よかったように思えた。


色々準備をして、狙わなければ撮れないパチリもあるけれども、

一方で、狙いはさておき、そこに行ったからこそ撮れるパチリもあるから、

写真は面白いのだ。


■#001
Nikon D3+AF-S VR Nikkor 70-200mm F2.8G
詳細省略

ブログランキングならblogram






テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/18(土) 01:14:40|
  2. 【鉄道情景】JR水郡線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください