新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

富士夕景

20170205-01.jpg
#001

昨日の記事の続き。

昨日記事のパチリをした場所からの、富士の眺め。


愛鷹山から富士山の稜線シルエットに、

眼下を横切るのは東名高速道路。


この日は、雲も少なく、

美しい夕焼け富士山が堪能できました。



昨日記事のパチリは、

左側の愛鷹山の手前、足柄サービスエリアの左下を走る線路を

望遠でパチリだけれども、

このサイズでは、当然、虫眼鏡サイズ。


そんな訳で、

ここから、デンシャと富士山を一緒にパチリは出来るけれども、

その、あまりのサイズの差に、絵にするのは難しい。


綺麗な富士山を堪能して、

日本人であることに満足すれば十分なのでした。




■#001
SONY Cyber-shot RX100
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

テーマ:富士山 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/05(日) 16:05:30|
  2. 【風景】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朧月

20160725-01.jpg
#001


以前の身延線紀行の時、

帰り道の途中で寄った、

富士川河口に近い岩本山公園の展望台からの、

富士市街の夜景。



夜景がキレイとのことで、

初めて寄ってみたのだけれども、

なかなかのものだった。


ちょうど満月頃で、

暈をかぶったお月様が真正面に。


適当に寄ってみただけだったのに、

ちょっと役者が増えて、得した気分。



■#001
Nikon COOLPIX P7700
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

テーマ:夜景・夕景 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/25(月) 21:20:33|
  2. 【風景】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワインディングロード

20160721-01.jpg
#001


新潟に出かけた、この記事の日、

帰り道に、信越国境のどの峠を越えるか…

これが毎度の考え事。



安塚周辺から飯山線沿線、千曲川の谷に向かって峠越えとなるのだけれども、

安塚からストレートに山を越える、

国道403号の未開通部分、伏野峠、

その東隣りの野々海峠、

どちらも走ったことがあってつまらない。


そんな訳で、少し遠回りになるけれども、

西に移動して、県道95号線、関田峠を越えることに。




今回のパチリは、その長野県側、大神楽展望台からの、

南方向の眺め。


正面の山腹の緑の模様は、木島平のスキー場。

蛇行する千曲川も見える。



眼下には、これから下る曲折する県道95号線。

愉しそうな、ワインディングロード♪



趣味的に、ついつい、

飯山線の線路が見えるかなぁ~と探してみましたが、

残念ながら、線路はほぼ山の陰で、見えず…




■#001
Nikon D750+Ai AF Nikkor 50mm F1.8D
詳細省略

ブログランキングならblogram

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/21(木) 15:26:35|
  2. 【風景】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

阿吽の吽

20160617-01.jpg
#001


引き続き、岩舟山高勝寺でのパチリ。

県による文化財指定をうける山門、

そこには、おきまりの仁王様。



山門は18世紀のものらしいのだけれども、

一対の仁王像、阿形、吽形。

これがいつのものかは、説明がなく、わからない。



一見したところは、

国内で有名な仁王像の、

精緻なつくり、迫力のポーズ…

そこまではいかないけれども、

なかなかどうしてなもの…とお見受けする。



口をつぐみ、眼光鋭い、吽形を、

おきまりのモノクロで。



■#001
Nikon D750+AF-S VR Nikkor 70-200mm F2.8G
詳細省略

blogramのブログランキング

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/06/17(金) 16:33:32|
  2. 【風景】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岩舟山高勝寺

20160616-01.jpg
#001


織姫神社の次に訪れたのは、

少し東に移動して、岩舟山高勝寺。


かつては、日本三大霊山、日本三大地蔵の一つとして、

東国随一の霊場として、大いににぎわった…


との、由緒あるところ。



だが、訪れた時は、

天気も悪くない休日ながら、

訪れる人もまばらで、とても静か。


かつての賑わいは、忘れられたかのように、

落ち着いた境内。



そんな境内を、そこかしこ動き回って、

三重塔の下でパチリ。



この季節らしく、アジサイの咲く緑に、

朱塗りの塔が映える。



■#001
Nikon D750+AF-S VR Nikkor 70-200mm F2.8G
詳細省略

ブログランキングならblogram


テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/06/16(木) 17:03:54|
  2. 【風景】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吹流し

20160615-01.jpg
#001

2記事続けて、生存報告を兼ねて、
記事を…

東京都の渦中の人は、
やっとこさ決着。

しかし、本人もさることながら、
その裏で、

本件を、ここまで混乱、長期化させた、
政党、政治家達がいたのも事実。

いいかげん、

私利私欲、党利党略にのみ奔走し、

国家国民、地域地域民のためには、
かけらも働かないやつらばかりなのは、

なんとかならないものか。

国家国民、地域地域民のために働ける、

そんな「政治家」を心の底から待望する。



以上、ここのところの愚痴なのでした。



話し変わって、

先週末は、久しぶりにお出かけ。


冒頭のパチリは、そのときの1枚。


栃木は足利の、織姫神社にて。


国内に神社は数あれど、

なかなかに名前が素敵。


境内で、青空にはためく吹流しが、

気持ちがよくて、パチリ。



■#001
Nikon COOLPIX P7700
詳細省略

ブログランキングならblogram

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/06/15(水) 19:44:49|
  2. 【風景】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

桜通り

20160429-01.jpg
#001


前回記事の、

桜の里でのパチリ。


里山の桜通り、

沢山の桜の下、坂を下る。



春を迎える、気分良好。

この時の気分。


■#001
Nikon D750+TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD(Model A005)
詳細省略

ブログランキングならblogram


テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/29(金) 09:58:36|
  2. 【風景】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桜の里

20160428-01.jpg
#001


記事では桜のパチリを続けていながら、

季節は、早々に巡って、

関東では、もう殆ど桜も終わり…



そんな頃合ながら、

先週末は、

上越国境の奥地の山里まで足を伸ばして、

桜の里を、のんびり見物。



特別、桜好きを自認している訳ではないのだけれど、

いや~今年は、

随分と、関東とその周辺で、

たくさん、桜を楽しんでる。



そんな山里で、のんびりしていたら、




20160428-02.jpg
#002




カモシカとこんにちは。

たまに出会うと、かなり警戒されることが殆どなのに、

このこは、

警戒というよりか、好奇心なのか、


あちらもこちらを観察している趣き…



タテガミ風の首周りの白い冬毛が、

なかなか立派で印象的。



お互いに、テレパシーで、

「春はいいよね~」

と会話して(嘘)



春を満喫した休日。




■#001・#002
詳細省略

ブログランキングならblogram



★雑談
他の地域の知事にケチをつけるような野暮なことはしないとしても、
この度は自身の居住地の知事だけに、
文句を言いたい。

ここのところ、
お騒がせな、某東京都知事。

ルール通りだから問題ないとか、
なんとも情けない言い訳をしているけれども、

当事者選民として言わせてもらえば、

「あんたみたいなリーダーが、
いくら都庁の職員に、節約、倹約を呼びかけても、
誰もついていかないだろうよ…」


儲かって笑いが止まらない企業の社長が、
なにをしようが、

関係者以外知ったこっちゃないけれども、

税金で運営される、
公共団体のリーダーとして、
どうあるべきか、

黒字だからとか、ルールに合致してるとかの問題ではない。


そこのところ、
猛省を促したい。


当ブログは鉄道関連の記事が多いので、
最後に、無理やりそっちに持っていくと、

第五代国鉄総裁、石田礼助のような人物は、

もう現代にはいないのだろうか。

「粗にして野だが卑ではない」

そんな気骨あるリーダーを待望する。

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/28(木) 01:07:15|
  2. 【風景】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください