FC2ブログ

新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

リスペクト4

20180926-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


間隔があいちゃいましたが、井上勝のお墓、4記事目。
このシリーズは、これにて最終。


お墓の一画には、鉄道記念物の碑が建ってます。


鉄道に関する記念物という括りで「お墓」というのも新鮮ですね。

お墓の鉄道記念物はこの他に、もう一人の日本の鉄道の父、

エドモンド モレルのお墓が指定されているとのこと(実物まだ見たことないので…)。



日英二人の、鉄道の父のお墓が指定されているのも、
選定になかなか粋な感じがします。


そもそも旧国鉄時代に選定されていた鉄道記念物。


国鉄がJRに分割民営化されてしまって、国鉄・私鉄の区別が無くなって、
なにか微妙な位置づけですね。

最近は、産業遺産といった視点での指定が多い業界ですし、

そろそろ管理者をどうするのかも含めて、
整理が必要な気がします。


■#001
Nikon Nikon1 V1+1NIKKOR 10mm F2.8
詳細省略

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/09/26(水) 16:08:36|
  2. 【鉄道情景】JR新幹線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

リスペクト3

20180916-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


井上勝のお墓、続きです。

お墓の後ろ側にまわってきました。

裏側には没年月日が3つほど。

年月日からは、井上勝と奥様、そして勝より早く没した長男の3人のようです。


他のお墓とは、このお墓だけ向きが違いますね。


品川駅の方ですが、これは、地図で眺めると、

鉄道発祥の地、旧新橋駅があった汐留の方向とも解釈できます。


前回記事では、

鉄道を見守るこの地に本人希望で…が本当かどうか…

なんて内容を記しましたが、


明らかに一つだけ向きが違うお墓なのは、

そんな理由があるからと解釈も出来ますね。


真偽のほどは自分には判断できないですが、

そう紹介されているのですから、そうなんでしょう。



そんな、明治の偉人のお墓の横を、

沢山の人を乗せた長大な新幹線がひっきりなしに通る…



思いを馳せる日本の鉄道の歴史でした。



■#001
Nikon Nikon1 V1+1NIKKOR 10mm F2.8
詳細省略



テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/09/16(日) 03:37:56|
  2. 【鉄道情景】JR新幹線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

リスペクト2

20180914-01.jpg
#001  ※画像クリックで確認できます


前回からの続きです。

門前から、二股の際奥部にあるお墓までやってきました。


こちらのお墓、井上勝のお墓です。


日本の鉄道の父。


新橋~横浜の、日本最初の鉄道開通から、

初期の官設鉄道、そして日本鉄道の敷設などなど、

明治20年代頃までの黎明期の日本の鉄道の敷設に活躍。

外国頼みの鉄道敷設技術を自前の技術とした立役者。


退官後は、

機関車製造も国産とすべく、あの汽車会社をたちあげた…


そんな偉大なお方です。


詳しくはwikiなぞにお任せですが、

現代の新幹線に連なる、日本の鉄道の、歴史の最初を飾った人物です。



冒頭のパチリは、その井上家の墓所で、

勝の墓碑は、奥の二基の灯篭に挟まれたのが、それです。



場所は、現在は新幹線が、横を走り、その向こう、平行して横須賀線と山手線、

反対側は東海道線が走るという…


鉄道の父にふさわしい場所。


説明書きには、

勝、本人が、鉄道を見守れるこの場所に眠ることを希望して…

と記されていますが、


そもそもは、父親の為にこの場所にお墓を設けたとのことなので、

なにか、理由付けは、後付けっぽい匂いも…



まぁ、理由はどうあれ、

日本の鉄道の父が眠る場所としては相応しい場所ですね。


鉄道趣味人の端くれとして、

ご挨拶をして参りました。



■#001
Nikon Nikon1 V1+1NIKKOR 10mm F2.8
詳細省略


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/09/14(金) 14:34:16|
  2. 【鉄道情景】JR新幹線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

小田原城

20170201-01.jpg
#001

相模湾を望む小田原城。

その下を走る、東海道新幹線とコラボしてパチリ。



小田原城下を眺めるこの場所は、

秀吉が小田原征伐の際に築城した石垣山一夜城のすぐ下の高台。



当時は、秀吉も、ここから小田原を見下ろしたのか。

当時の街並みは…


色々想像しているとキリがない。




ここで北条氏が滅び、戦国時代が終わった。

そこで成立した豊臣政権も、

その後の関が原の戦いで終わった。



日本の歴史の戦乱の時代、マイルストーンの地を、新幹線は走り抜ける。



■#001
SONY Cyber-shot RX100
詳細省略

ブログランキングならblogram


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/01(水) 08:52:47|
  2. 【鉄道情景】JR新幹線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目覚めの時

20170131-01.jpg
#001

東京、品川、新横浜の各駅から、

午前6時に、一斉に西に向かって動き出す、東海道新幹線。


石橋の集落では、

まだ日が昇る前、朝焼けの頃、

それらの列車が、光跡となって次々と通過してゆく。



日本の大動脈の目覚めの時。



■#001
Nikon D750+AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G
詳細省略

ブログランキングならblogram

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/31(火) 00:45:20|
  2. 【鉄道情景】JR新幹線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじめて…

20160709-01.jpg
#001


霞む福島盆地をゆく、

東北新幹線。


市街と果樹畑を中心とした耕作地が広がる、

のどかな風景。


右奥の、少々のビル群は、

名高い温泉地、飯坂温泉のホテル、旅館だろう。


こんな日常の記録…

なんだけれども、


私には、かなりの記念碑的なパチリなのだ。


というのも、生まれてこの方、

「新幹線」というものに、カメラを向けた記憶がない。


このときはじめて、「新幹線」をパチリしたんじゃないか…

そんな風に思える。


だいぶジジィになって、記憶もあいまいになりつつあるけれども、

多分そう。



そもそも、興味の対象に「新幹線」というカードがなく、

そんな人生を歩んできたのだけれども、



最近は、

「鉄道のある普通の風景」

が、時間の経過の中でとても大切だと思えるようになり、

現代の生活にはかかせない、

「新幹線がある風景」


これぞ現代を代表すべき風景じゃないかと思えてきた…


といったところだから。



そんな訳で、今は、

「鉄道」

すなわち、新幹線からスキー場のリフトまで、

それがある普通の景色すべてパチリの対象だったり…

初体験をして、
少し大人になったのかなぁ…(笑)

※他の鉄道と新幹線一緒にパチリは何回かあるんだけれどもね…



■#001
Nikon D750+AF-S VR Nikkor 70-200mm F2.8G
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/09(土) 01:37:55|
  2. 【鉄道情景】JR新幹線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください