新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

メモリー

20160715-01.jpg
#001

前回記事が「結構古いパチリ」だったので、
続いて、「少し古いパチリ」なぞを。


秩父鉄道の三峰口駅、
夜のホームに停車中のデンシャ、

その、ただのスナップ。


停車中のデンシャは、

今では鬼籍に入ってしまった、
秩父鉄道1000形デンシャ、そう、旧国鉄の101系デンシャ。

なんの変哲もないパチリだけれども、

ある時代の、東京と大阪、その周辺に住んでいた人間には、

とても懐かしい。


73系デンシャの全金属車から採用され、

その後の101系、103系に引き継がれた、

国鉄の通勤デンシャの標準的な内装カラー、


薄緑の化成品の化粧板、アルミの抑え金、
そして紺色モケットのシート。

グレーのビニールに吊られた、丸いプラスチックの吊革。


デンシャの系列で言えば、

三代にわたり引き継がれた、その意匠は、

相当な年月、使用された。





「国電」という言葉は死語になったが、

「国電」を知っている人の、殆どが、

イメージできる…


そんな記憶だと思う。




今回、たまたま、別の用件で古いパチリを漁っていて、

ちょっと目に付いて記事にしてみた。



日頃の、何気ないパチリの大切さを、
今一度、噛みしめる。


■#001
詳細省略

ブログランキングならblogram

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/15(金) 09:30:38|
  2. 【鉄道情景】秩父鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

思い出

20150706-01.jpg
#001


先日の、ボウリング仲間との秩父旅行の最中でのパチリ。


隣の車両に、

窓の外を見つめる外人の男の子。



そういえば、子供時分は、母親に駄々をこねながら、
窓の外の景色を見てたっけ…


なんとなく、最近、そんな親子を見かける機会が少なくなった…

そんな気がする。




これって、やっぱ少子高齢化の影響なんでしょうか。

それとも、みんなお行儀が良くなった…




一心不乱に
外を見つめる彼の姿を見ていて、

こんなこととか、その他色々、

子供時分の思い出なぞ、



短い時間ながら、頭をよぎるのでした。



■#001
Nikon COOLPIX P7700
詳細省略

ブログランキングならblogram

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/07/06(月) 10:55:22|
  2. 【鉄道情景】秩父鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

梅雨時

20150625-01.jpg
#001


あいかわらず体調が芳しくなく、
ブログも放置気味で、心苦しいのですが、

まぁ、これが自然体…

「無理」を無理に意識しても、自責の念が強まるばかりで、
呑気に暮らすのも、一時の処世術かも…

こんな時を経ながら、細々と、今はマイペースで続ける所存。

言い訳ともとれますが、これが自然な心情の吐露と、
備忘録も兼ねるこのブログの冒頭に記すのでした。




そんな訳で、ここのところは全然おでかけもしていないところ、

先日久しぶりに、ボウリングのお仲間と、秩父まで団体旅行。

SL列車パレオ車中でのパチリを1枚。



時節柄、車内には、テルテル坊主が沢山ぶら下がり、

外は生憎の天候なのでした。



この時期らしく、パチリパチリ…

なんか久しぶりに、シャッターを押した気が…




■#001
Nikon COOLPIX P7700
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/25(木) 11:58:44|
  2. 【鉄道情景】秩父鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

101系の思い出

20100904-01.jpg
#001

秩父鉄道1000系の運転室。

それは、国鉄101系の運転室。

こうやって運転室越しに眺めていると、
子供の頃を思い出す。

101系の初期の車は、
客室と運転室の仕切りの窓が大きかった。

そう、座席に座っていても前が見える、
そんな感じで低くて大きな仕切りの窓。

だから、101系の初期車に限って、
背の低い、小学生低学年だった自分でも、
前を見ることが出来た。
当然、しょっちゅう「かぶりつき」してたり…


もう時効だろうから書くのだけど、

あれも確か暑い夏の頃…
なぜか窓を開け放って走っていた記憶がある。

学校の帰り、同級生と2人、
運転席の後ろでかぶりつき…

電車は中央線の快速、上り電車。
中野駅を出て、新宿駅に向けて加速中。

徐々に加速していく電車。
MT46モーター独特の軽快な力行音とともに、
快調に加速していく…
(書いて思ったけど、
 ということは東京方なのでクモハ101だったんだろね)

当時は、この区間を一番飛ばしていた記憶がある。

電車の速度計は95km/h。
そう、ここはいつも95kmまでだった。

ただ、その日は運転席の後ろで2人、
「たまには100kmで走るところが見たい」なんて
子供同士、無邪気に騒いでいた…

そう、その日は違った。

いつもなら95kmでピタリと止まるはすの速度計が、
100km/hまで到達!

我々は、運転席の後ろで、大いに盛り上がった…

その時、運転手さんが一瞬後ろを振り返って
ニヤリと笑ったのは、一生忘れない記憶。

もちろん、電車は100kmで走り続けたわけではなくて、
一瞬の後には、いつもの95km/hに戻ってました。

あとにも先にも、100kmで走ったのは、その時1回こっきり…



101系の初期車以降、
国電の仕切り窓はどんどん小型化して、
運転台が高くなったのとか、
ATCの機械を積むとか、
色々な事情で、窓はどんどん小型化&なくなり…
それ以後は、子供には退屈な電車ばかりになってしまった。



そんなこんなで、
こんな写真でも、特別な思いがある男が、
ここに一人…。


追伸:
この速度計、初期の101系とは目盛りの感じが違いますね。
そんなことまで思い出すのでした…(遠い目)

■#001
RICOH Caplio GX100
ISO100 5.1mm f5.1 1/40sec RAW


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/09/04(土) 01:55:50|
  2. 【鉄道情景】秩父鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

黄昏時

20100902-01.jpg
#001

有名な駅舎ということで、
一応、長瀞駅の記録として全景写真もパチリ。

ついたのが夕方だったので、
あっという間に暗くなってしまって、
三脚タイムなんだけど、
今回はお手軽鉄旅で三脚はなし…
(それどころか一眼も持ってなかったり)

最近のコンデジは、色々な機能がついていて、
手持ちでもそれなりに撮れちゃうから、すごいですね。

ついでに、絞り込まなくても、ピントは深いし…

ちなみに、駅舎なんですが、
個人的には、保存志向が強くて、小奇麗すぎるかも…でした。
(贅沢言っているのはもちろん承知であります)

車寄せの下の駅名看板も、
やっぱ三峰口の駅みたいに、紺色地に白抜き文字が基本だよ…とかね。


■#001
CASIO EXILIM EX-FH100
ISO400 4.3mm(換算24mm) f3.2 1/13sec jpeg
※HS夜景機能使用

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/09/02(木) 01:16:34|
  2. 【鉄道情景】秩父鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

えき -eki-

20100901-01.jpg
#001

前回の三峰口の駅でのんびりしたあと、
また電車に乗って、長瀞の駅で下車。

ここの古い駅舎が有名なので、訪ねてみた次第。

秩父鉄道の駅は、他のローカルな私鉄と違って、
有人駅ばかり。

古くて味わいのある駅舎が残る駅は沢山あるのですが、
秩父の駅は、駅員さんがいる…

人がいるから、
窓口で切符を買うこともできる。
改札口に、列車の案内が掲示される…

ついこの間まで、普通にあった「シーン」が、
そのまま残る…


…にしても、この写真を見直して思います。

なんて、コマゴマとした、色々なものが写っているのだろう…
そして残っているのだろう…


無人駅では目に出来ない、
「あの頃」を再確認したひとときでした。



■#001
CASIO EXILIM EX-FH100
ISO400 22mm(換算127mm) f5.2 1/10sec jpeg
※HS夜景機能使用

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/09/01(水) 01:13:21|
  2. 【鉄道情景】秩父鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ここにも「昭和」

20100831-01.jpg
#001

前回の続きです。
1000系にゆられて終点の三峰口駅に。

駅前の福島屋さんで蕎麦をいただいておりました。

1930年創業のお店は、
目の前が三峰口の駅。
暖簾越しに駅舎を眺めながらのお食事。

お店の奥には、ちょっとしたお庭があったり、
開け放たれたお店の中は、
冷房もなく、扇風機だけなのですが、
不思議と、そんなに暑くはありません。


開け放たれた、日本家屋で、
夏の風を感じながら、お蕎麦をいただく。
暖簾の向こうには、関東の駅100選に選ばれた駅舎がのぞき…


気がつけば、そこには「昭和」が。


そういえば、乗ってきた電車も、
窓を開け放った、非冷房の旧国鉄101系…


私なりの秩父鉄道の旅、楽しみました。
まだまだ探せば昭和はそこかしこに…かも…です。

■#001
CASIO EXILIM EX-FH100
ISO100 9.8mm(換算56mm) f4.2 1/200sec jpeg
※HSライティング機能使用

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/08/31(火) 00:30:48|
  2. 【鉄道情景】秩父鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

会いに行ってきました

20100830-01.jpg
#001


日曜日は、午後から、秩父にお出かけ。

目的は、お世話になった懐かしの電車に会いに行くためです。

秩父鉄道を走る1000系電車は旧国鉄の101系電車。
中央線や総武線で走っていた、橙色や黄色の電車です。
ちょうど今、この電車の後継となる201系電車が
中央線で引退とのことですが、
その先輩にあたる電車。

NOBUNOBUは通学でお世話になりました。
もうかれこれ40年も昔の話なんですね…(遠い目)

都会の電車ということで、
全部で1500両も走っていたのですが、
いよいよ残るは、ここ秩父鉄道に譲渡された27両…
いよいよ終焉も近づいてきたところですし、
最後の普段の姿を見てきました。


秩父では、中央線や総武線の頃の10両編成が3両編成に短くなり、
1時間に1本~2本といったダイヤで、のんびりと走ってます。

で、ですよ、

3両編成の両端の車は冷房化されているのですが、
写真の中間の車は非冷房のまま…

薄緑色の内装材の色に、紺色モケットのシート…
ずらりと並ぶ丸い吊り輪もいい味出してるし…

これは、通学で使っていた頃の、
暑い夏の記憶そのものなのでした…



懐かしい友人に会えたような、
素敵な気分になれた、休日の午後でした。


■#001
RICOH Caplio GX100
ISO100 5.1mm f2.5 1/100sec RAW

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/08/30(月) 01:08:00|
  2. 【鉄道情景】秩父鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください