新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

印旛夕暮

20160509-01.jpg
#001


同じ場所で、

刻々と移りゆく情景を、じっくりと眺めるのは、

とても楽しい。



前回記事と同じ場所、

太陽は姿を隠し、すっかり暮れた。


それでも空に明るさは残るので、

水面は輝き、

水辺の田圃も強調される。


マンションには、明かりが灯り、

これから団欒の時間だろうか…



水郷と都市化の攻めぎあいが、

ますます際立つ中、



双方の境界線を越えて、都会へ列車が突入してゆく。



■#001
Nikon D750+AF-S VR Nikkor 70-200mm F2.8G
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/05/09(月) 19:07:48|
  2. 【鉄道情景】京成電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

印旛夕景

20160507-01.jpg
#001


成田に向かう京成電車が、

印旛沼に出会う、城下町、佐倉の手前。



ここはちょうど、

手賀沼、印旛沼に代表される、下総水郷の情景と、

東京から押し寄せる、都市化の波が、

出会う所でもある。


沼のほとり、高層マンション…


そんな視界を、

夕日に輝く通勤電車が走りぬける。




■#001
Nikon D750+AF-S VR Nikkor 70-200mm F2.8G
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/05/07(土) 11:51:38|
  2. 【鉄道情景】京成電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トワイライト・エキスプレス

20160423-01.jpg
#001


春の夕闇、

チューリップ畑の横を走り抜ける通勤電車。


灯る明かりに、

車内には、家路を急ぐ人々。



「トワイライト・エキスプレス」

私のイメージ、

今年の春ヴァージョン。



■#001
Nikon D750+AF-S VR Nikkor 70-200mm F2.8G
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/23(土) 02:18:47|
  2. 【鉄道情景】京成電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沼のほとり

20160422-01.jpg
#001

サクラのパチリばかり続けてきたので、

ここらで少し中休み。

サクラ以外で春っぽいパチリなぞ…


なんていいながら、さくらネタならぬ「佐倉」でのパチリ。




印旛沼のほとり、

佐倉ふるさと広場のチューリップ、

今年も綺麗に咲いて、目を楽しませてくれる。


チューリップとデンシャのコラボは、

なんといっても富山平野が定番だけど、

ここ千葉は佐倉の地でも、

それに負けない…



いや、残念ながら、バックに雪山がない分は、

負けてる…


いや、だけど、かわりに印旛沼の水面があるし…


なんて馬鹿なことを考えてみたり…




会場の係りの方のお話だと、

今年は暖冬で、

チューリップの首がのびずに、

みんな背が低いらしい。



まぁ、ここからパチリしている分には、

あまり影響もなく…



ちょうどやってきたのは、

京成でも古参のデンシャ。


彼らがここのチューリップを見られるのも、

あと何回なんでしょう…


とにもかくにも、皆で春を愉しもう。




■#001
Nikon D750+Ai AF-S Nikkor 300mm F4D
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/22(金) 06:36:22|
  2. 【鉄道情景】京成電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春色気分

20160403-01.jpg
#001


新年度も始まって、

新たな気持ちで通勤、通学を始めた人も多いはず。



そんな人たちをのせて、

そんな人たちの日常をのせて、

東京に向けて走る通勤電車。



電車のまわりは、

春色がまとわりついて…




春色気分でいきましょう!



■#001
Nikon D750+TAMRON SP 500mm F8(Model 55BB)
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/03(日) 00:57:37|
  2. 【鉄道情景】京成電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕照

20160402-01.jpg
#001


京成本線を下ってゆくと、

臼井の先で、

住宅街が途切れ、車窓が開ける。



そのときに眼前に広がるのが、印旛沼。



ホッとする、その里山の景色の片隅に鎮座するのが、

佐倉ふるさと広場の、このオランダ風車。

すっかり、この地のランドマークとして定着してる。



訪問時は、チューリップ祭りの開催直前だからか、

日蘭両国の国旗が飾られ、お祭りムードを演出…





この地を走る京成本線は、

社名の由来でもある東京・成田連絡の使命を、

新たに開通した成田スカイアクセス線に譲ってしまい、


すっかり、地域の足に徹する、

ローカルな存在に成り下がり、

成田空港連絡の有料特急といった優等列車も姿を消した。



普段、スポットライトを浴びる、

スターはいなくなってしまったけれど、



夕方を迎えたこの地では、

地道に仕事をこなす、普通の役者に、

夕陽がスポットライトを…



ランドマークと一緒にパチリ。




■#001
Nikon D750+TAMRON SP 500mm F8(Model 55BB)
詳細省略

ブログランキングならblogram


テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/04/02(土) 02:51:45|
  2. 【鉄道情景】京成電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夕闇み 夜への誘い

20131126-01.jpg
#001


前々回から続く、
オランダ風車のある情景の3回目。


日没から夕焼けになり、さらに時間が進むと、

空の上から、青い、黒い空が、橙色を削ってゆきます。


闇の部分が、徐々に広がってゆくさなか、

水面が少し落ち着いて、
水辺のシルエットが、水面に映る…




気づくと、葦原の雀達もすっかり静かになっています。
集合も終わって、寝床に向かったようですね。



夜の闇が訪れたところでは、

中央を、
京成電車が、上野に向けて、駆けてゆきます。




しっとりとした、絵画のような静かな情景、

見とれてました。




■#001
Nikon D3+AF-S VR Nikkor 70-200mm F2.8G
ISO1600 135mm f2.8 1/200sec RAW

以上、オランダ風車三部作でした。
撮影してみて、もう一つ、イメージが湧いてきたので、
今度、もう一つの情景を撮ってみたいと思っています。

ブログランキングならblogram

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/11/26(火) 00:13:08|
  2. 【鉄道情景】京成電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

夕焼け 橙色時間帯

20131125-01.jpg
#001


前回からの続きです。

太陽は、あっという間に、
山の端の向こうに沈んでしまいました。


この日は雲もなく、山の端もくっきりと、
美しい夕焼け。


前回の一面金色から、一面橙色の世界に変わりました。




手前の葦原では、

帰宅集合中のスズメ達が騒々しいです。




風車の奥を、

銀色の車体に光を受けて、

京成電車が成田方面へ、
ライトを灯して駆け抜けてゆく情景は、



帰宅時間の情感が高まる、

素敵な時間でした。




■#001
Nikon D3+AF-S VR Nikkor 70-200mm F2.8G
ISO200 200mm f4.0 1/500sec RAW

blogramで人気ブログを分析

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2013/11/25(月) 02:52:02|
  2. 【鉄道情景】京成電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください