新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

庫内

20140918-01.jpg
#001

数回にわたって続けた、
モノクロでお送りする二俣機関区見学ツアー記事も、
今回が最終回。


前回記事で、光が理由でモノクロにしてみた云々と記したけれども、

それはこの一枚が出発点。


当日は、ちょっと曇り空だったのだけど、

そのおかげで、

木造の古い扇形庫の中には、
木枠の窓を通して、やわらかな光がまわってた。



SLが気動車に変わってはしまったけれども、

気動車妻面と機関庫窓と、
こんなアングルでパチリできるのは、
扇形庫ならでは…


エンジンを止めた、留置中の気動車からは、
なにも物音がしないけれども、

なんとなく、SLの発電機やコンプレッサー、
そして蒸気の息遣い…

小学生の頃に聞いた、
そんな音が聞こえてくるような気がしたのでした。



■#001
Nikon D5200+SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM
詳細省略

blogramのブログランキング

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/09/18(木) 06:48:50|
  2. 【鉄道情景】天竜浜名湖鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

レタリング

20140916-01.jpg
#001


前回記事の場所から、
左に回りこんでパチリした1枚。

今回の一連の記事の写真は、モノクロでお送りしているけれども、

これは決して気まぐれでモノクロにしているのではなかったり。


木造の機関庫の中とかでスナップしていて、

薄暗い中で、雰囲気のある光の状態を見て、
結構意識してパチリ、パチリしてたので、

それで…なのでした。


ただ、その意図がうまく表現出来るかは、撮影者次第なので、
はっきりいって怪しいけれども、

まぁ、テーマもなくパチリパチリするよりは、
楽しかったりするので、

本人的に、それで十分だったり。




冒頭から話が大脱線したけれども、
今回のテーマは

窓ガラスに、手書きで書かれたペンキ文字。


こんなのも、最近は、とんと姿が見えない、
昭和時代までの風味と言いますか…

小さな町の駅前旅館の入口の引き戸には、
大抵、金色の文字とかで、旅館名が書いてあったり…

企業名が書いてある事務所のガラスもよくあった気がするけれども…




木枠の窓の、ペンキの文字…

最近は、IT技術をフルに活用して、
綺麗にレタリングされた文字をプロッターで切り出して、
整然とした切抜き文字シールがフツーみたいで、

こんなものも、気がつけば、ノスタルジーです。





さてさて、あなたの脳内データベースでは、
この「開放禁止」の文字は何色のペンキに見えますか?






■#001
Nikon D5200+SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM
詳細省略

blogramのブログランキング

※実際は、「赤色」ペンキでした…

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/09/16(火) 08:03:09|
  2. 【鉄道情景】天竜浜名湖鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

内と外

20140914-01.jpg
#001


まだまだ続く、二俣機関区ツアーでのパチリ記事。

今回は、扇形庫の脇のミニ博物館でのパチリ。


木製の引戸越しに見えるのは、

路線図表記の運賃表と、

昔は駅の出札所で必ず見られた、切符(硬券)を格納しておく什器(名称なんだろう…)、
それと鉄道電話とか、黒板とか…


そういえば、昔は当たり前だった、
板張りの素っ気無い壁とか、

それっぽいアイテムも揃って、雰囲気出してる。


でもまぁ、あえて駅での存在場所で分類すれば、

運賃表は、待合室側のもので、他は、事務所側のもの。


我々一般の旅客には、越えてはいけない壁の、
内と外のアイテムが、同居していたり…




そんなことをブツブツ言いながら、

それでも、昭和然とした木の造作に囲まれて、

安楽マニアにとっては、至福のパチリなのでした。




■#001
Nikon D5200+SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM
詳細省略

blogramのブログランキング

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/09/14(日) 09:19:35|
  2. 【鉄道情景】天竜浜名湖鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハイブリッド

20140913-01.jpg
#001

二俣の機関区見学ツアーのパチリを引き続き。

見学ツアーは、二俣駅に集合して、
そこから歩いて機関区まで行きます。

その途中で、二俣駅の裏手を歩いて行くのですが、
その時にパチリした一枚。


遠江二俣から天竜二俣に駅名が変わったときに、
駅名標は当然新調されたと思うのですが、

ホーム上屋から吊られたそれは、
そんな時に作られたにしては、
デザイン・書体、どちらも昭和テイスト。

上屋自体も、しっかり木造のままなので、

いい味、出していそうなんだけれども、

右上に、ひょっこりパラボラアンテナが顔を出していたり、

撮る人間の詰めが甘くて、
昭和テイストバリバリとまではまとめられず(汗)。





なんとなく微妙な感じ。





ベンチの女の子2人の佇まいなどなど、

やっぱこれは平成の世に撮られた、ハイブリッドだな。



で、そんな戯事は、どうでもよくて、

のんびり感が心地いい。



■#001
Nikon D5200+SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM
詳細省略

blogramのブログランキング

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/09/13(土) 07:23:48|
  2. 【鉄道情景】天竜浜名湖鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皮肉

20140912-01.jpg
#001

二俣の機関区見学ツアーの続きです。

今回の写真、
ここが、ここで一番有名なところと言うべきか、

見学者が誰しも写真に撮ってくるところ、

機関区併設の浴場です。



仕事場に浴場が併設される代表的な事例は、
鉱山等の現場かと思いますが、

煙と油に囲まれた、SLを運行管理していた現場にも、
浴場は、よくあったようですね。


窓のサイズから、浴場の広さは大体見当がつくかと思いますが、

機関区の規模の割には、大きな浴場だよな~とは、
最初の印象。




しかし、

これまで紹介してきた転車台や扇形庫、詰所や水タンクが、
すべて現役なのに、

ここで一番有名なこの施設が、

残念ながら「現役」ではないのが、皮肉と言うかなんと言うか…



カランなどはすべて取り外されてしまって、

今では、

片隅を、各種のヘッドマーク置き場として、僅かに利用している…

残りは、純粋な保存のための空間です。




■#001
Nikon D5200+SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM
詳細省略

blogramのブログランキング

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/09/12(金) 02:48:24|
  2. 【鉄道情景】天竜浜名湖鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水タンクのある風景

20140911-01.jpg
#001


ひき続き、二俣の機関区見学ツアーでのスナップです。

機関区の詰所は、これまた今だ現役の、二階建て木造詰所。

いかにも鉄道施設然とした造作で、
ここでも木枠の窓が健在。

建物は残っても、窓枠はサッシに更新といった事例が多い中、
なかなかのものです。



そしてバックには、SL時代には必需品の、コンクリート製の水タンク。

NOBUNOBU個人的には、
別に作られた脚部の上に設置された鉄製のタンク…といった、

途中駅に設置されたようなのが好みですが、


ここのは、さすがに機関区設置だけあって、

大型の立派なコンクリート製のタンクでした。



写真には写っていませんが、タンクの足元には、

これまた好ましい木造のポンプ室なぞがあったりして、


SL時代の、小規模な機関区といった、
好ましい風情が、残っています。



ちなみに、前回・前々回と扇形庫が現役ですごいと記しましたが、

案内の方によると、この水タンクも現役だとか。


SLなきあと、なにに使っているかと言えば、
「構内の車両洗浄機に使う水」の供給に使っているのだそう。

いやはや、

ただの「保存」ではなくて、何事も「現役兼保存」なのが素晴らしいですね。



最後に、

綺麗に刈り込まれた植え込みを見て、


若かりし頃に各地で訪ねた、電車区のことを思い出したり。

あの頃はいい時代で、

往復ハガキで見学を申し込むと、
大抵、とても丁寧な返事をもらって、

訪問すると、
色々なお話を聞かせていただいたり、お土産をもらったのも、
懐かしい…

いい時代でした。

まぁ、SLの爆発的人気も、国鉄線でのSL引退を契機に終焉し、
当時は地味な旧型国電を追いかけて、

SL人気とは無縁だった、地方の小さな電車区を、
カメラ片手に訪問する中学生、高校生ということで、

現場の方々に可愛がってもらったのかもしれません。



初めて訪問する電車区で、
事務所を探して、植え込みの前の詰所の扉を、ガラリと開ける、
その最初の緊張感…



詰所の前の綺麗な植え込みが、
そんなことを思い出させてくれました。




※なんかいいものを見て、ちょっと感傷的ですね。
当時の行動パターンからして、
もう3年生まれるのが早かったら、こちらのお方と同じ事をしていた気がします(笑)


■#001
Nikon D5200+SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM
詳細省略

blogramのブログランキング

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/09/11(木) 04:13:21|
  2. 【鉄道情景】天竜浜名湖鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

現役

20140910-01.jpg
#001


この記事の最後に、

次回以降に続く…なんて書いておきながら、

全く続く記事がなかったり…



最近は、鉄分に対する意欲が低下するほど、
かなり弱ってはいるのですが、

唯一自信を取り戻すための頼みにしていた、あることが、
最近少しずつ目処が立ってきたところで、

そんなことも理由になって、
ブログの鉄分も補給しなければと思って、


すっかり忘れた頃なんですが、
ブログにも鉄分を補給することに。


てな訳で、天浜線のスナップ続編を、
モノクロで数回お送りしたいと思います。




冒頭で記した前回記事で紹介した、

バリバリ現役の扇形庫でのパチリ。

庫の端に併設された、機械作業スペースと思われる場所…
現在は、ミニ博物館になっていたりするんですが、

そこからの一枚です。



並ぶ最新型の気動車のお顔と、
歴史のある現存唯一の木造扇形庫の造作を、

これまた現在絶滅進行中の「木枠の窓」ごしにパチリ。





パチリしながら、

そういえば、

その昔は、SLを、
扇形庫のこんなアングルで撮った写真がよくあったよなぁ…

なんてことが頭に浮かんだり…




SLから気動車に、並ぶ車は変わっても、

こんな渋い木造扇形庫でパチリできることに、
幸せを感じる安楽マニアなのでした。

いい塩梅です。



■#001
Nikon D5200+SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM
ISO100 22mm f2.0 1/250sec RAW

blogramのブログランキング

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/09/10(水) 19:45:07|
  2. 【鉄道情景】天竜浜名湖鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いまだ現役

20140703-01.jpg
#001


先日の土曜日のことですが、
天竜浜名湖鉄道、通称天浜線に行ってみました。

一応目的は、
この機関庫の見学と、浜名湖名物を食してエネルギー補充だったり。



そんな訳で、早朝出発して、天竜二俣駅まで新東名をひとっ走り。
午前中の見学ツアーに申し込み。

ワタクシ的には、天竜二俣ってのは、どうもピンと来なくて、

駅名は、国鉄時代の「遠江二俣」であって、遠江二俣機関区だったりします。



そんな細かいことはさておいて、

早速見学してきた機関庫・転車台のパチリはこちら。


20140703-02.jpg
#002

この転車台に気動車を載せて、
ぐるっと2回転して、みせてくれます。

2回転もしてくれるなんて、1回サービスじゃないの…
なんて喜んでみたものの、

よく考えたら、1回転だと、気動車の向きが逆になって不都合だから、
2回転して、元の向きにするのね…ってことだったり。




そんなこんな戯言ならべて軽いタッチで進んでいますが、
これが大それたものであることに気づく。


見ての通り、フツーに気動車を庫に格納していて、

この機関庫、それも扇形庫と転車台は、

普通に毎日業務で使っている、

正真正銘の「いまだ現役」なんですね。



SLの展示とか、運転とか、「見世物」の付属品として残存しているものは、
他にもあるけれども、


通常業務で使われている扇形庫に転車台は、

全国的にものすごく貴重なんでは…。




まぁ、たまたまSL時代はC58を使用していて、
転車台が18m規格だったので、

3セク後の18m級の気動車が、転車台に載るサイズだったとか、

気動車の運行が、殆ど単行、1両なので、

編成ものを格納する機会もほぼないとか、


色々な幸運が重なって、

「いまだ現役」でいられる…



ってことなんでしょうね。



当地で案内された方の説明では、

日本で唯一残る「木造」扇形庫ということで、
「木造」を訴求してましたけれども、


日常の業務で使われている、貴重な扇形庫&転車台の方が、
ワタクシ的には価値が高かったです。


ちなみに、この一帯の機関庫関連施設には、

その昔を懐かしむ人間には涙モノのアイテムが多数ありまして、

20140703-03.jpg
#003

この転車台の向こうの木造詰所なんかも、
結構いい味出していたり…

その辺り、次回以降につづきます。



■#001
Nikon COOLPIX P300
詳細省略

■#002・#003
Nikon D5200+SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM
詳細省略

blogramで人気ブログを分析




テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/07/03(木) 04:56:03|
  2. 【鉄道情景】天竜浜名湖鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください