新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

D40とMFレンズ(Nikon D40 Tips #002)


#001


前回の深川江戸資料館は
D40購入当時に考えていた、超お気軽コンビで
撮ってまいりました。

写真の
Ai Nikkor 50mm F1.8S
です。

いや~、カメラが軽い!
そのままキャッチボールしちゃいそう(笑)

で、話本題です。

当然ですが、D40に装着すると、フルマニュアルになります。
露出計も作動しません。

その辺の使い勝手を報告しようと思います。


まず、マニュアル露出。

今回のような屋内で、明るさにそう変化がないところでは、
一度露出を決めてしまえば、露出が安定するので、
かえって自動露出より使いやすいです。

自動露出だと、どうしても構図の中の明るさで、露出が変化して
それを予想しながら補正をかけなければいけないはずですが、
マニュアル露出だと、一度決めた露出を基準に
その場の、見た目の明るさで判断すれば、大体当たります。

大はずれのリスクがかなり少ない。
ライブなどで、自動露出より手動露出が扱いやすいのと同じですね。

ただ、ここで、上面液晶を廃止した欠点が露呈します。

ダイヤルでシャッター速度を変えるのですが
それが、いちいち背面液晶を表示させないと、確認できません。
もしくはファインダー内でしか確認できません。

ちょい面倒&ファインダー内表示「命」になります。


MFについては、今回のような静物では、
レンズも明るいし、全く問題なし。

一緒に行った相棒のK10Dが、
ジーコジーコやっていたのが、よく聞こえていました。

ただ、AFが迷うような暗いところは、MFでもやりにくいのは確か。
まっ、フォーカスエリアに囚われない分、いいのかな。


今回は、特定のシーンでの報告ですが
街中スナップなどでは、やっぱAEとAFが機動力に勝るのは
言うまでもありませんね。



■#001
PENTAX K10D+SIGMA 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO
ISO100 70mm f8.0 3sec jpeg
※相棒からK10D借りました
※ちなみに、このレンズ、ズームMACROが本当に便利です
  1. 2007/03/13(火) 00:39:04|
  2. 【Nikon D40 Tips】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Nikon D40 Tips #001


#001


D40を使っていて、ちょっと気づいたことを
雑誌などが、あまり書かないことを中心に
これから時々ではありますが、シリーズでお届けしようと思います。

D40を所有する方との話題づくりになればいいし
購入予定の方の参考になればいいかな・・・と思っています。




さてそれで、早速の第1回目は、上面液晶の廃止について。

ご存知の通り、D40は上部の液晶が省略され
撮影に必要な情報は、再生画面と共通の背面液晶で確認します。

これが、思わぬ効果で、夜間撮影時の操作性を良くしてくれているんです。

低価格のデジイチはD50やK100Dなど、上面液晶の照明がありません。
だから、夜間撮影時、撮影情報を得るには、
上面液晶を、なにか別の照明で照らさないと見えないのです。
(※ファインダー内でいいじゃんとも言えますが)

ところがD40は背面液晶で撮影情報を確認できるので
夜間撮影時でもバッチリ!

コストダウンが思わぬところで利便性を向上させているのでした。

■#001
PENTAX Optio WPi Pモード
ISO160 11.9mm f3.8 1/25sec

  1. 2007/03/02(金) 00:09:32|
  2. 【Nikon D40 Tips】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください