新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

ルーツ


#001


ネタ切れではないのだけど、
今日の写真はちょっと古い写真なのを
まず最初にお断りしておこう。

だけど、
書きたいことに合う写真を、手持ちで探したら、
これになってしまったのだ。


で、本題。


自分が鉄道の風景を撮っている、
その動機のルーツについて。



元々小さい時から電車好きではあったけど
中学、高校、大学と、学校の関係で、
長距離を列車で旅する機会が増えた。

というか、
あえて遠回りをしながら、夜行鈍行を乗り継いで、
むやみに長期間の旅をしていた。


その頃の国鉄は
蒸気機関車が辛うじて残っていたように記憶しているけど
それ以外は、今と比べれば、まだまだ元気だった。

日本中に、まだまだ機関車牽引の客車列車が無数にあったし
特急や急行、特に急行が
今では考えられないようなローカル線にまで、無数に走っていた。

夜は夜で、ブルトレを筆頭に、普通列車の夜行まで
全国各地に走っていた。


そんな時代の、貧乏学生が乗車するのは
昼も鈍行、夜も鈍行、たまに最低限の急行・・・

だから当然、椅子は4人掛けのBOXシート。
客車列車や10系、20系の気動車が基本だから、
当時は、まだ白熱灯の車両も沢山いた。



kaya01.jpg
#002




夜行の鈍行に乗れば
白熱灯に薄暗い車内、冬はスチームの煙。夏は10系軽量客車なら窓に網戸!
列車の先頭か後尾では、黙々と駅毎に荷扱い作業する郵便・荷物車

これが定番だった。
そして、その雰囲気には「旅情」が沢山詰まっていた。

そしてこれが、自分の鉄道憧憬のルーツになった。

自分の鉄道写真に夜景が多いのは
多分、このことが影響していると思う。
夕方から夜にかけてが、本当に好きだ。



ルーツはそんなところ。

次回以降、この頃の鈍行旅行の思い出話を
少し書けたらいいな・・・と思ってますが
どうなることやら。

よろしければ、コメントなぞで背中を押してくださいませ。


■#001
加悦鉄道 キハ101車内
2001年12月撮影
※現車は、多分、日本に現存する唯一の片ボギーの内燃動車。
現在は整備されて、稼動可能、動態保存中です。

■#002
上と同じ日に撮ったのは間違いないのだけど、詳細不明。
座席1BOXに一つ窓があるのと、シートの背ずりが木製なので
61系の鋼体化客車っぽい・・・
→同系列客車改造の加悦鉄道キハ083の車内ではないかと・・・



※写真の注釈、鉄ちゃん的専門用語多くてすいません。
意訳してみましょう(笑)

■#001
加悦鉄道→京都府北部にあった地方私鉄。現在は廃線。
写真の車は、戦前の車で、今のディーゼルカーのご先祖。
日本の鉄道用内燃動車発達史の中では、機構的に、
現存する車として、とても貴重な車。

■#002
加悦鉄道が国鉄から払い下げられたディーゼルカー。
国鉄時代に客車を動車に改造した、これまた現存する貴重な車。
鋼体化客車というのは、
戦後、まだ大量に木造車体の客車があったが
それがある事故で粉砕大破、大量の死傷者を生んでしまった。
それで、急遽、大量のこれら木造客車の車体を
金属製として作り直したもの。短期間に大量の木造客車を改造。
ローカル線用だからいいと思ったのか、
改造前の古い車体の座席に習ったのか、
数やんなきゃいけないので工程省略したのか知らないけれど、
座席の背ずりなど、少々グレードが低いのが玉にキズ。

・・・こんなかんじですか・・・





関連記事
  1. 2007/07/31(火) 02:50:26|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4

おいてきぼり


#001


前回の「いもむし」を見つけた天津の海岸、
某有名キャラクターの小さなぬいぐるみ発見。

誰かの忘れ物か?はたまた落し物?

いずれにしても、
持ち主と離れ離れで、おいてきぼり・・・

ちょっと寂しい、夏の海の1コマでした。


■#001
Nikon D40+SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG HSM



関連記事
  1. 2007/07/30(月) 01:04:50|
  2. 【風景】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いもむし


#001


安房天津の海岸で見つけた板切れ。

木部の風化具合は、
この板切れが、相当長期間、漂流していたことを示してる。


で、よく見たら、そこに小さな白い物体。

この手の生き物は、よく知らないので
なんて言ったらいいのか、わからないけれど、
フジツボの親戚?それの超ミニ版。
それの抜け殻・・・らしい。

小指の先、爪先ほどの物体。


小さな発見を、じっくり楽しもうと思ったら・・・

この形、どう見ても
「いもむし」なのが、笑えたのでした。


■#001
Nikon D40+SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG HSM
ISO200 f11.0 1/40sec RAW


関連記事
  1. 2007/07/29(日) 00:16:04|
  2. 【風景】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

南の駅のどか


#001


南房総は内房線の江見駅。

鴨川を境に内房線と外房線にわかれるのだけど
そのおかげで、鴨川に近い外房に位置するこの駅は
「内房線」の駅だったりする・・・
かなり違和感。


そんなことはさておき、
田舎の駅のご多分に漏れず
ここ江見駅も猫がいついてる。

この日も、駅前でお昼寝中。



emi01.jpg
#002



そんな南国ののどかな駅は
国鉄時代の雰囲気を残しながら
さわやかな色合いの、開放的な駅なのでした。


スカ色の電車も絶滅寸前だけど、
ここ千葉の電車がスカ色なのは、やっぱいい。

そしてこの駅は・・・
海パンや虫取り網が似合う駅!いいね。


■#001
Nikon D40+SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM
ISO200 10mm f5.6 1/160sec RAW

■#002
Nikon D40+AF-S VR Nikkor 70-200mm F2.8G
ISO200 70mm f2.8 1/640sec RAW

 
関連記事
  1. 2007/07/28(土) 09:52:54|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

静寂

oizumi01.jpg
#001


八ヶ岳山麓の小さな駅は
まわりを森に囲まれていました。

夜になると、駅の周りは森につながる深い闇・・・
静寂につつまれていました。


JR小海線 甲斐大泉駅にて



※列車が到着した時の写真も撮ったのですが
この駅の静寂は、列車が写っていない方が、
いいと思ってこの写真をチョイス。

■#001
Nikon D40+AF-S VR Nikkor 70-200mm F2.8G
ISO800 110mm f4.0 1/4sec RAW






関連記事
  1. 2007/07/25(水) 01:57:19|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夕照

minato.jpg
#001


日曜日は、風鈴市を午前中に切り上げて
アクアラインで房総へ。
海で遊んで、家に帰る途中での一枚。


綺麗な夕焼けを期待したのですが
この季節では、それは無理な注文なようで
水平線近くの雲がとれませんでした・・・

ただ、雲の向こうで沈み行く夕陽が
雲の切れ間を照らして・・・


それはそれで、また、綺麗なひと時。

そんな海をバックに、内房線の下り列車が
湊川の鉄橋を渡っていきました。

うーん、電車に乗って旅したくなりますね。

■#001
Nikon D2H+AF-S VR Nikkor 70-200mm F2.8G
ISO200 86mm f5.6 1/320sec RAW



関連記事
  1. 2007/07/24(火) 02:26:58|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

品定め

daishi02.jpg
#001


川崎大師風鈴市に行ってきました。
大師さん特製の「厄除だるま風鈴」は、顔が可愛かったです。


大師には、午前中早目に行ったのですが、
大師公園の駐車場も、3台目の待ちですぐ入場!
帰る頃には、入場待ち車の長蛇の列が出来ていたので
ラッキーでした。

が、しかし、会場はすでに大混雑。

D40に150mm1本だけしか持って来ていないので
なにをどう撮るのか・・・悩みましたが
なんとか↑写真でまとめてみました。

しかし、かなり後悔・・・
機材間違えましたね。

このSIGMAのレンズ、D40との組み合わせでは
AFがかなり遅い&迷い気味・・・
品定めする人の手を追っかけるには、少々きつかったです。

こんな時は、ひたすら撮り続けて、
当たりに期待するしかない・・・作戦でした。

来年は、なにをどんな風に撮るのか
宿題ができてしまいました。



■#001
Nikon D40+SIGMA 150mm F2.8 APO MACRO EX DG HSM
ISO200 f3.5 1/640sec RAW


関連記事
  1. 2007/07/23(月) 01:13:01|
  2. 【風景】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

場末・・・感


#001


地震から逃れるように帰ってきた日の夜、
途中の藤岡パーキングエリアに寄る。

ここは、「パーキングオアシス」と呼ばれている。

他のところは、公園やスキー場、ハイキング道があったりして
それなりに特色があるのだけれど

ここはちょっとしたショッピングセンター風になってる以外に
なにがあるのかわからなかった。

それも最近各地に相次いで出来てる
「モール」と呼ばれるような
お洒落系でもない、雑多な雰囲気なもの。

寄ったのが、結構夜も遅くなってきた頃で
人も少なくて、ちょい「場末」感高かった・・・。

夜はやってなかったけど、
小さな観覧車があったので、ドライブの途中の
気分転換にはいいかもしれない。

その観覧車を中心に、ミニ遊園地になってるのだけど・・・
アンパンマンの顔も、「場末」感高くて、ちょい寂しかった。



■#001
Nikon D40+SIGMA 10-20mm F4-5.6 EX DC HSM
ISO800 10mm f5.0 1/30sec RAW


関連記事
  1. 2007/07/22(日) 08:40:57|
  2. 【風景】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください