新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

サミット

081231-02.jpg
#001


前回記事の続きです。

こちらは、サミットの山形県側、堺田駅でのスナップ。
前回が「動」系の絵だったので、
こちらは「静」がテーマです。

SL時代は峠越えの要衝だった駅も、
中山峠同様、単線・無人化されて、
夜は寂しい駅となりました。

ちょうど上り列車が到着したのですが、
乗降客はゼロ。

奥羽山脈の真っ只中、
静かな静かな雪の夜の、ひとこま・・・
着ているジャケットにあたる雪の音、パサッ・・・パサッ・・・
そんな音が聞こえてきます。


※駅前の水路が、太平洋と日本海の分水嶺になってるとか・・・
一本の水路が、目の前で二股に分かれて、
片方は太平洋へ、もう片方は日本海に流れているそうで・・・
目に見える分水嶺・・・この駅は、まさにサミットなのでした。





【本年もありがとうございました】
今年は、この記事で最終とさせていただきます。
無事、年末に雪景色の写真も記事にできて、
個人的に、〆もできたような・・・
ありがとうございました。


■#001
Nikon D3+SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO
ISO3200 32mm f4.0 1/50sec RAW

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/31(水) 19:18:11|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

到着

081231-01.jpg
#001


年末、東北へちょいといってまいりました。

雪景色を気合を入れて撮ろうという魂胆だったのですが、
1日目はとっても穏やかな天気ながら、山形鉄道をロケハン。
結局、大した写真は撮れず。

2日目は、雪ならぬ雨降り・・・それも結構な降り・・・orz

米坂線、羽越線、陸羽西線、陸羽東線と、
結局、ロケハン兼ドライブでした。

夕方からは雨も雪に変わったのですが、
これが今度は大雪・・・

赴く場所と、天気が噛み合わず
毎度うまくいかないもんです。



その昔、C58が地味に働いていた陸羽東線ですが、
サミットに行ってきました。

今回の写真は、サミットの宮城県側、中山平温泉の駅にて。
自分らの世代には、改名前の中山平駅の方がしっくりきますが、
時が移って、交換設備もなにもない、おきまりの無人駅になっています。

現代の、強力な110系気動車には、その昔の峠道も、
なんてことはないただの道ですからね・・・
駅も「運転上の必要性」は全くなくなりました。
旅客の乗降の為のみに存在しているようです。


風がそんなに強くないので、猛吹雪とは言いませんが、
数分で、なんでも雪に埋まってしまいそうな、そんな大雪の中、
時間通りに、新庄行きの下り列車がやってきました。

悪天候でも、やってくる列車・・・
やっぱ、鉄道は、とっても頼もしいです。


■#001
Nikon D3+AF-S Micro-NIKKOR 60mm F2.8G
ISO6400 f4.0 1/160sec RAW

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/31(水) 14:38:21|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

メリークリスマス

081225_daikan-01.jpg
#001


メリークリスマスであります。
サンタさんは、今頃大変お忙しいんでしょうね。

前回続きで、クリスマスっぽい写真で
世間の賑わいに便乗させていただく作戦です。

白色LEDの普及で、
最近のイルミは、カラフル路線とは別に、白色路線も多いようですね。
ここのイルミのその一つ。


白色イルミのクールさと、
暖かい色あいの窓明かり&イルミ・・・
その対比が面白くってパチリしてみました。

自分は、このあったか色の窓明かり、好きです。


■#001
Nikon D3+AF-S Micro-NIKKOR 60mm F2.8G
ISO1600 f4.0 1/200sec RAW

関連記事

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/25(木) 01:09:33|
  2. 【風景】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマス前

081224_daikan-01.jpg
#001


12月23日、クリスマス前の最後の休日。
人によっては、どうでもいい、別の人には、気合が入る、
そんな休日。

自宅のまわりは、どちらかというと、
後者の方々が多く集うような街なので、
雰囲気、気合が入った感じです。

一昨年は、そんな街にくりだして、スナップしてまわりましたが・・・
※その時の記事はこちら
今年も、ちょこっとだけスナップしに出動しました。


でも、やっぱり、
気合がはいってそうな方々が多かったので、
さっさと帰宅して・・・
相棒とすき焼きして寝ました。




早く寝たから、今起きて、この記事書いたり、ゴソゴソしてます。


今晩は、クリスマスイブですね。
予約したケーキ忘れないようにしないと・・・


■#001
Nikon D3+AF-S Micro-NIKKOR 60mm F2.8G
ISO1600 f5.6 1/80sec RAW

※60mm・・・普段、あまり好んで使わない画角です。
だから四苦八苦。いい練習です。
現状、自分の60mmのイメージは、実際よりも少し望遠気味。
その修正中なのでした。

関連記事

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/24(水) 04:30:26|
  2. 【風景】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お散歩バッグ ロープロ テラクライム100

081223_lptc100-01.jpg
#001 サイズ比較用にD40+50mmF1.8D


前回報告の通りで、D40用のお散歩レンズを仕入れたところで、
気分一新で調達したのが、お散歩用カメラバッグ。

仕入れたブツはロープロのテラクライム100。
※日本代理店の商品ページはこちら

上記のページは、販売者のくせに、まったく売る気を感じさせませんが、
商品付属の能書きを要約すると、
(1)材料の95%がリサイクル原料(主にペットボトルらしい)
(2)売上の一部を白熊保護基金に寄付する
ってぇ品物らしいです。

買った本人は、
(A)D40にレンズ数本、プラスお財布とか身の周り品収納可能なサイズ
(B)お散歩用に、できるだけカメラバッグ臭くないやつ
といった感じで選んだんですけどね・・・

今、大流行中のクランプラーも候補にあがりましたが、
最終的に、フタの開け閉めの時の、マジックテープの音がうるさすぎなので、ボツ。
売れてる・・・と聞くと欲しくない、へそ曲がりな性格も大いに活躍しましたが・・・(笑)

普通のバッグに、緩衝材の作戦も考えましたが、
緩衝材のサイズとか考え合わせるのが、途中で面倒になって挫折。

そんなこんなで、これになりました。


081223_lptc100-02.jpg
#002


ちょっと使い勝手が心配だった、シンプルな留め具なんですが、
案外、輪っかにひっかけやすいので、ちょっと驚き&一安心だったりします。

それから、リサイクル素材なので、見た目の雰囲気、ゴワゴワした感じを受けますが、
案外、しなやかな素材です。
もちろん、ドンケとかの綿とかとは比べられませんが、
この手のバッグによく使われる、耐久性一番のナイロン系素材の感じより、
かなりしなやかな感じで、手触りも、良好。


081223_lptc100-03.jpg
#003

内側は、外装よりも派手な感じの黄緑色。
サイズの目安にD40+50mmF1.8Dを入れておきましたが、
高さ方向にも余裕があるので、
70-300クラスのズームまで、本体+レンズ3本+身の周り品まではいけます。
高さ方向があるのでD3も入りますけどね・・・(爆)

そうそう、このバッグは、仕切り類が一切ありません。
付属品にカメララップ
(マジックテープがついている、大きな風呂敷みたいなもんです)
があるので、それに包めということらしいのですが、

これが緩衝材入りで、結構大きく、
これに包むと、スペースを非常に取るもんで、
速攻、お蔵入り。

この手の小ぶりなバッグには、緩衝材はスペース的なダメージが大きい。
だから、緩衝材をやめてくれた、ロープロさんには拍手なんですが、
結局付属品が、これじゃ、意味ないけど。

で、サイズ別にいくつか巾着袋を買って来て、
それに入れて、レンズは収納。

基本的に、緩衝にあまり気を使わず、機材同士が直接当たらなければ、
それで良い派なもんで・・・


本体は?って・・・それは当然むき出し収納です。

この手のバッグは、さっと取り出して、ささっと写せないと意味ないと思います。


今回、購入する時に「少し小さいかも・・・」とチラリと思ったりもしたのですが、
実際に機材を入れてみると、案外入るので、気に入ってます。
※ただし、巾着袋ですけどね・・・

早速、うちの相棒も気に入ったらしく、
色違いを買うと言っております(他に2色設定があるようです)。

以上、本品購入ご検討中の方の参考になりましたら幸いです。
但し、全文、NOBUNOBUの個人的感覚でありますので、
その点、ご注意ください。

■#001~#003
Nikon D3+AF-S Micro-NIKKOR 60mm F2.8G
詳細省略
関連記事

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/23(火) 11:43:05|
  2. 【その他機材】
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

この冬の新兵器

081221_sub.jpg



今日は、この冬の新兵器を買って来ました。

はっきり言って、最近は、写真関係の物欲は殆どなくて、
腕を磨くのが先状態なんですが、
唯一欲しいのは、D40用の普段用レンズ・・・

こんな記事を過去に書いてみたり・・・


そんなこんなで、
SIGMAの17-70mmが第一候補だったんですが、
どうやら、最近、このレンズ、Fマウントは品薄なんだとか・・・

新品・中古の機材購入で馴染みのお店では、すべて品切れ中・・・orz

そこで、また、イチから、D40用のレンズシステムを思案、思案なのでした。


現在D40には、10-20mmのズームが専用状態で1本。
これに、なんらかのレンズを組み合わせて、
「お気軽お出かけセット」にしようという魂胆なのは
標準ズーム選びを考えた時と一緒であります。

で、色々な評判とか使い勝手を考慮して、
SIGMAの新型18-125mmにしようかと・・・
18-200に比べると、ひとまわり小型軽量だし、
手ブレ補正もついているし、お値段もお手頃だし・・・というあたりで
ほぼ決めました。

が、しかし、そんなこんなお話を相棒にしたところ、
「18-200の画質で、ウームとつぶやく君には、高倍率ズームは無理」
「同じ無理なら、お財布に無理をして、後悔しないモノを・・・」
とのお告げを頂戴いたしました。

そこで、3万円台の予算を、5万円台までアップしまして、
買ったのが、これ・・・






60micro_test.jpg
#001


え~っと、50mm1.8Dの写真で紛らわしいですが、
これは、買ったレンズでの試し撮り写真。
被写体が、50mm1.8Dってことでして、
買ったのは、
AF-S Micro-NIKKOR 60mm F2.8G ED


ちょっと望遠が寂しいけれども、
10-20mmズームと、この1本で、
広角、中望遠と接近戦を楽しめるかな~って感じです。

一応、どちらも超音波駆動(高級型?)なので、MFの使い勝手もいいですし、
静かで、快適なのも、アピールポイントだったり・・・。

あと、ズームの不満として、
歪曲が、高いズームでもどうしようもなかったり・・・てのが強いのですが、
この単焦点なら、歪曲は、ほぼ完璧、、無問題。
駅とか線路とか、直線が多い被写体には、満足度が高いのでした。





で、最後に・・・

なんのかんのとゴタクを並べていますが、
実は、一番のこいつを買う理由は、

ナノクリレンズを試してみたかったのだけど、
一番安いナノクリレンズはこれだった・・・のは内緒です(笑)


■#001
Nikon D3+AF-S Micro-NIKKOR 60mm F2.8G
ISO400 f11 0.6sec RAW

※掲載画像は、リサイズ縮小しちゃってるんでどうなんだろ?なんですが、
質感表現力、なかなかのレンズじゃない・・・てのが
試し撮り最初の感想です。

ちゃお!

関連記事

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/21(日) 23:34:14|
  2. 【その他機材】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

レンズワーク(3周年記念写真教室)

今回は、いつもと毛色が違うお話。
最初に言っておくと、写真が上手な方には無用なお話ですので、
スキップください。


さて、さて、写真好きであるということが、
会社の仲間に認知されていると・・・

「おすすめのカメラは?」
とか、
「写真がうまくなるには?」
とか、
一言で言われても困るんですけど・・・みたいな質問が、
時々あったりしませんか?

特に困るのは後者の質問。


そんなこんながありまして、
一眼を買うと、次に必ず質問されるのが、
「どのレンズがいい?」


そんなの知らんがな!

自分で決めんかい・・・と思うのだけど、
とりあえず、初心者が失敗しやすい、レンズワークについてが
今日のテーマなのでした(いやー長い前フリ・・・)


どんな初心者でも、ビデオやなんやらの普及で、

広角レンズ→広く写す
望遠レンズ→大きく写す

って認識はみんなあるけど、それだけではないでしょ・・・ってのが今日のお話です。



gakaku48_081215-01.jpg
#001 換算48mm相当


会社の近所の神社、松戸神社の写真です。
もちろん主題は、神社の本殿よ。

さて、スナップでパチリしたところ、
手前に鳥居があるので、
そいつをもっと一緒に写しこみたい・・・と思うのは人情(笑)

さて、ここでみなさんよくご存知でしょうけど、
選択肢は三つ。
(1)ここで、もっと広角側にズームする
(2)ここでズームせず、少し下がって鳥居が入るようにする
(3)その他
と出てまいります。

(1)は単焦点親父とか、ズーム大嫌い先生とかが、
立ち位置変えずに、ズームぐりぐりは駄目・・・って奴ですな。

ちなみに、今回のカメラだと、こうなります、

gakaku35_081215-02.jpg
#002 換算35mm相当

きれいに鳥居も入ってめでたしめでたし。




で、(1)でも(2)でもなく、
この時、あたしは(3)で撮りましたですよ・・・
これです↓

gakaku126_081215-03.jpg
#003 換算126mm相当

だってさぁ、主題は本殿で、
鳥居は、あくまで副題でしょ。

それを、鳥居いれるのに自分が下がったら、
35mmとか48mmとかじゃ、主題が小さくなりすぎでしょ。

それじゃ本末転倒なんで、望遠で撮るべく、
鳥居が入るまで、ひたすらバックしまくりましたぜ・・・。



3枚写真載せられたので、以下まとめ。

構図の中に、2つ以上ポイントがあるときは、
それをどういう大きさで写したいのか・・・
それを考えれば、焦点距離は、必然的に決まってくること。




広角レンズ→広く、望遠→大きく
だけでは、レンズワークの楽しみの大部分をスポイルしてます。
というか、場所が広ければ、どんな焦点距離のレンズでも
広くも狭くも写せるわけでして・・・写る範囲は、撮影距離の問題。
焦点距離の違いは、画角の違いからくる遠近感の違いですよね。
それが大切・・・。


もちろん、実際の構図では、ボケとか、他のファクターもあるのですが、
こと、レンズをお選びになるときに、みなさん焦点距離を非常に気にされますので、
それについて一助になれば・・・といったところです。



単焦点一本で練習しろ!

なんてのもよく聞きますが・・・
確かに、その焦点距離を体で覚えるにはいいけど、
焦点距離による「違い」は、永遠にわからないですよね・・・


やはり、NOBUNOBU流教え方は、

「2つ以上のモノの写る大きさを、焦点距離別に比較してみて」

ってところです。





さて、
上記の松戸神社のようなシーンで、
鳥居が入らない・・・となったときに、
すぐにズームを望遠側にふって、後ろにズンズン歩いていけますか?
そこなんです・・・



■#001~#003
Nikon COOLPIX P5000で撮影
関連記事

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/15(月) 10:55:37|
  2. 【写真教室】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

背中が痒いのよ

kuru081211-01.jpg
#001

ちょっと前の記事でアップした写真と同じ場所から、
レンズ違いの空重視アングルの一枚。

列車も、前回は下り列車だったけど、
今回は反対向きの上り列車だから、
ヘッドライトが狙える・・・

・・・という訳で、仕上げを最初からアンダー目にすることを前提に
パチリした一枚。


雰囲気的には、ほぼ狙いは達成したのだけど、
どうも気に入らない。
なんとなくなんだけど、これを撮った時の被写体に、
自身が愛情を感じない・・・

なんか、手の届かない背中が痒いような、そんな感じなのだけど、
うーん、どうも自分の想う久留里線と違うような、なんやら・・・

うまく言えない(まぁ、そもそも文章力もないしね・・・)。


■#001
PENTAX K10D+FA 43mm F1.9 Limited
ISO200 f5.6 1/250sec RAW

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/12/11(木) 03:10:12|
  2. 【鉄道情景】JR久留里線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください