新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

もう一度・・・

090331-01.jpg
#001


昨年撮影をした氷見線の写真ですが、
ことしも同じ場所で、もう一度パチリしてみました。
※昨年の写真はコチラ

昨年との違いは、機材の違い。
昨年はD2H&D40だったので、D40で撮影。
今年はD3・・・高感度に期待です。


昨年は、
高感度に強いと一般に言われているD40でも、
夜景のように、暗部が大部分の写真では、それ程ではないので、
海面の微妙なトーンを殺さないようにISO400で撮影。

今年のD3では、ISO3200に・・・

背景に点光源があるので、強力なNRをかけられないのですが、
このくらいのサイズなら、ほんの軽いNRでも、この通り・・・
たいしたもんですね、D3

1/250secのシャッター速度で、列車をほぼ止めることができました・・・
ってか、止める目的以外で高感度=高速シャッターの理由はなかったり。

まぁ、そんな違いはさておき、
昨年から「写真」として少しは変わったのかと眺めてみれば・・・

気象条件の違いが原因かもしれませんが、
背景の、能登半島の2段になった山並みのトーンが美しかったり、
海面の表情とか・・・

ちょっとは進歩したかも・・・。


でも、まだまだ、ここでいけるだろうイメージには辿り着いていない・・・



■#001
Nikon D3+Ai AF DC-Nikkor 135mm F2S
ISO3200 f2.8 1/250sec RAW

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/03/31(火) 09:24:20|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだまだ・・・

090328-01.jpg
#001


富山の赤シリーズ、まだ続きま~す(笑)

富山市内の桜の名所、その名もズバリの桜橋

市内電車の有名撮影地だったりしますが、
先週の段階で、桜はまだまだ・・・

ほぼ蕾、すこしほころびかけ・・・
といったところでした。

先週、見た感じでは、今日当たり、結構咲いてそう・・・
って感じだったんですが、
残念ながら、今週はずっと天気があまり良くなかった&寒かった・・・
らしいので、そんなに進んでいないでしょうね。

そんな感じ。




桜にあわせて、全面広告でピンクに装った電車が来るのを待って、
雰囲気のある街灯と一緒にパチリ・・・なのだ~



■#001
Nikon D3+Ai AF DC-Nikkor 135mm F2S
ISO200 f4.0 1/6400sec RAW

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/03/28(土) 17:46:05|
  2. 【鉄道情景】富山地方鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

愛称

090326-01.jpg
#001


富山の旅のスナップ、前回からは赤色つながりで、
高岡駅に留置中のEF510機関車。

最近の機関車は、金太郎とか桃太郎とか、
はたまたブルーサンダーとか愛称がついてますが、
ここ北陸線で活躍中のEF510
「レッドサンダー」とのこと。

この愛称、公募とのことなんですが、
それを採用したセンスは・・・どうなんでしょうね・・・とも思いつつ、
その昔に、電気機関車で愛称があったのは、
「マンモス機関車」と呼ばれたEH10があったよな・・・
とか思ったり。

そういえば、中央線に登場したばかりの頃の101系電車は、
オレンジバーミリオンの塗色から「きんぎょ」と呼ばれていたとも
聞いたっけ・・・などなど、古い話が頭をよぎる。

でもって、先日運行を終了したブルートレイン「富士」「はやぶさ」を
「ふじぶさ」と呼ぶ方々もいるようだけれども、
どうもこれは馴染めないとも思ったり。

そもそも、それぞれ愛称を持っている、行き先の違う併結列車を
それぞれの愛称を短縮してよぶならわしは、その昔はなっかたように思うし、
それは、行き先の違う別個の列車なんだから、
それぞれの名称を尊重するのは、しごく当然だろ~と思ったり。

どうも、その背景には、なんでも縮める若者文化が見え隠れしているんじゃない・・・
なんて、このオヤジは思うのでした。

ありゃ、
気づいたら、駅でスナップした写真から、
話がえらく飛躍したりなんかして(苦笑)

まぁ、どっちが「よい」「わるい」の話でもないので、
ひとさまはひとさま、気にしなければよいのだろうけどね。


■#001
Nikon D3+Ai AF DC-Nikkor 135mm F2S
ISO200 f2.0 1/6400sec RAW
※RAW現像時に、色々いじって遊んでます

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/03/26(木) 00:28:45|
  2. 【鉄道情景】JR北陸線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

動物系

090324-01.jpg
#001


万葉線続きでもう一枚。

前回の写真の通り、アイトラムは流麗な印象の電車。
赤を基本に、要所に黒を配した車体は、
スタイリッシュですね。

そんなアイトラムなんですが、
前面のデザインは、よく見ると、なんとなく動物系・・・
なかなかハンサムです。


■#001
Nikon D3+Ai AF DC-Nikkor 135mm F2S
ISO200 f2.8 1/2000sec RAW

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/03/25(水) 00:22:42|
  2. 【鉄道情景】万葉線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パノラミックウインドウ

090323-01.jpg
#001


三連休は、久しぶりに富山に行ってきました。
去年もちょうど今頃行ったような気がしますが、
今年は、なんか残雪が全く少なかったような・・・



さてさて、前にも書きましたが、
富山はライトレール王国です。
その一つ、高岡と新湊を結ぶ万葉線での一枚です。

新型の赤い低床連接車「アイトラム
新型車らしく、乗り心地も上々で、
なんといっても大きな窓が、眺めが良くて気持ちがいい電車です。


そんなアイトラムの大きな連続窓をパチリしてみました。


■#001
Nikon D3+Ai AF DC-Nikkor 135mm F2S
ISO200 f8.0 1/1000sec RAW

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/03/24(火) 01:32:50|
  2. 【鉄道情景】万葉線
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

佇まい

090320-01.jpg
#001


更新の間隔がだいぶあいてしまいました。
お許しください。

さて、鉄道文化むらからの帰り道は、
定番の上信電鉄めぐりです。

今回の写真は、
まぁ全国駅名ネタ選手権(なんじゃそりゃ・・・?)での登場率が、
まちがいなく上位にくる、「南蛇井(なんじゃい)駅」の駅舎。

屋根が綺麗になってしまっていること以外は、
適度に手が入っているものの、古きよき時代を好む自分には、
非常に好ましい駅舎でお気に入りです。

まぁ、コーラの自動販売機が邪魔だ・・・とお思いのむきも多いかと思いますが、
この駅は、それも、まあ、老体が現代に生きながらえる処世術みたいな・・・
そんな風に許せてしまうような・・・

この駅舎には、そんな不思議な「佇まい」を感じるのでした。


■#001
Nikon D3+AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G
ISO800 f8.0 1/125sec RAW

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/03/20(金) 08:55:23|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

東京発着ブルトレ終焉をきいて・・・

090314-01.jpg
#001


東京発着のブルートレインが、今回のダイヤ改正で本日(発基準だと昨日)終焉と、
ニュースで報道している。

報道によると、昭和50年代の最盛期には一日10本あったそうな。

ちょうどその頃、自分は九州にちょっと縁があったもので、
今回最後まで残った「富士」も「はやぶさ」も
どちらも本来の運行区間である、東京~西鹿児島間に乗車したこともあった。

今現在の話題ではあるのだけど、自分には、
ブルートレインと言われると、どうも「遠い目」になってしまう。






そんなこんなで、ここのところ「鉄道文化むら」シリーズを続けてきたので、
今回の写真は、保存されている10系の寝台車。

これも、ブルーの寝台車なのだけど、
一般にはブルートレインと呼ばれない。

まぁ、10系の寝台車は、主に急行や普通列車の寝台車として使われた車。
茶色の座席車や郵便荷物車との混結が普通だったから、
結果として「列車単位」では、すべてブルーの車に統一されない。
多分それが理由だと思う。


ただ、当時、若くしてお金のない自分には、
寝台車を奮発する時にしても、このクラスが精一杯。

当然のB寝台で、52cm幅の三段寝台というのは、
今に思えば幅が狭いと思うし、上段は、昇降が大変・・・だよな。
でも当時は、不満よりも、大変な贅沢・・・な気分がまさっていた。



090314-02.jpg
#002


今回、久しぶりに10系寝台車の車内に立ち入って、

「あ~っ、懐かしいなぁ~」

と思った一品。


当時、普通車には冷房が貴重だった頃、B寝台車には冷房がついていた。
ただ、寝台の一区画に一台、造作は美しくない。
丸い大きなデッパリが天井についてた。

上段の寝台だと、真横でガーガーうるさい代物。
一台一台スイッチがついていて、ON・OFFを乗客が操作できた。

上段の寝台は、うるさいかわりに、
スイッチが、手を伸ばせば届く所にあるので、
ON・OFF操作に関しては特権が付いてきたのだ。


そうえいば、最近は扇風機のスイッチも珍しくなってきたっけ・・・



■#001
NIKON D3+SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO
ISO200 70mm f5.6 1/1250sec RAW

■#002
NIKON D3+SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO
ISO800 70mm f5.6 1/80sec RAW
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/03/14(土) 08:50:16|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ステンレス

090310-01.jpg
#001


前回からの続きで、鉄道文化むらでのスナップです。

関門のヌシであった機関車、EF30。
海底トンネルという特別な事情から、車体はステンレス製。

最近、経済性や合理性、軽量化をテーマに、アルミやステンレスの電車は多けれど、
機関車のステンレス製は見かけない。

すでに引退したにもかかわらず、にぶく光る、イブシ銀の車体を見ながら、
猫も杓子もステンレス・アルミの時代であるけれど、
そうじゃない理由で、ステンレスだってあるんだよ・・・


老兵が、静かに自分に、語りかけてきたような、空耳だったような・・・

機械だから、必然の機能美。



■#001
Nikon D3+SIGMA 24-70mm F2.8 EX DG MACRO
ISO200 65mm f8.0 1/5000sec RAW


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/03/10(火) 01:31:24|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
次のページ

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください