新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

分離独立

お知らせです。

ボウリングネタのブログを分離独立いたしました。

よろしければ、お立ち寄りくださいね。

独立したブログはこちらです。
関連記事
  1. 2009/11/30(月) 04:43:45|
  2. 【その他】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年季2

091123-01.jpg
#001

外川駅の続き。
構内に留置中のデハ702号、
照明に照らされた側面は、これまた年季が入っていました。

まぁ、三脚も無いので、
適当なところにカメラを置いてスナップ。

そういえば、旧型の電車を写真に撮るのも久しぶりなような・・・


高校生の頃に、国鉄の旧型電車の写真を撮り歩いていた頃を
なんか思い出します(遠い目・・・)


釣り掛け電車の「轟音」を最後に聞いたのも、
東武野田線の5000系が最後だったような・・・
駅間距離が結構あるので、なかなかの飛ばしっぷりでした。

いづこにかいかん、過ぎ去りし時・・・ですな。


■#001
SIGMA DP2
ISO200 f5.6 2.0sec RAW
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/23(月) 12:31:06|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

年季

091122-01.jpg
#001

土曜日は、午後から銚子までお散歩に行ってきました。
午前中にボウリングのリーグ戦に出場して、
その後、相棒が新調したニューボールの試し投げを見学、
それから出かけたので、着いたらすっかり真っ暗でした。

毎度のお散歩モードで機材は持ってきていないので、
手にはDP2一台のみ。

とりあえず、外川と銚子の間を一往復・・・でした。

まぁ、銚子電鉄といっても、普段は、
東京の地下鉄のお古の電車が1両でゴトゴト走っているわけで、
特に古い電車に乗れる訳でもなく、
(もうすぐ、伊予鉄から元京王の電車が入って、本当に古い電車に乗れなくなりそうですが)
なんてことのないお散歩。

まぁ、福井の事故以来、
シングルシリンダーでブレーキ系統が一系統のみの古い車輌が、
お上から取替えを指導されるのも、いたしかたない・・・し。

銚子から仲ノ町まで歩いて、デキも暗闇に見てきましたが、
これも、普通に撮るのでは、撮り尽くされた感があるし・・・
(新しい伊予鉄の2両もすでに止まってました)



なんか、琴線に触れるものがないのですが、

外川の駅のベンチが、照明に渋く光るのが、
使い込まれたイブシ銀の輝きというか・・・
年季の入り方に見とれたり・・・。



さて、夜になって、さすが銚子の町というかなんというか、
風当たりも強くなって、寒さもきつくなってきたので、
ろくな写真もとらずに、とっとと次のお散歩先に向かったのでした。


最近、おでかけは殆どお散歩ですね・・・
たまには機材をかついで、気合入れてどっかに行きたい。



■#001
SIGMA DP2
ISO100 f2.8 1/10sec RAW

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/22(日) 15:26:42|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RICOH GXR

091117-01.jpg
#001

RICOHの新型カメラGXR。
最近流行のAPSサイズセンサーのデジタルカメラ。
同ジャンルの先輩カメラDP2所有者としては、
当然気になるカメラではあったのですが、
実物が出てきて、なんかホッとしてます(笑)

ちなみに、私のGXR評は、
PCみたいなカメラが出てきたのね・・・といったところ。

まぁ、PCのように、部品が規格化されていて、
自分のニーズにあった部品をあつめて、組み立てることが可能。
そして、それぞれの接続規格は、
技術の進化にあわせて、規格自体が進化したりする・・・

そんなPCのイメージとかぶります。


GXRで一番評価するのは、

そもそも、カメラというのは、機能を広げるために、
パーツをモジュール化するというのは伝統であって、
別に珍しいことでもなんでもないのだけど、

そんななか、GXRは、
モジュールの接続を、すべて電気的接続としたところですね。

キャノンのEFマウントは、できたときから、フル電子マウントだから
別にGXRが初めてではないのでは・・・なんて思う方もいるかもしれないけど、
あの手は、すべて、いくら電子化しても、光学的な接続に縛られる。

現在の、マウントの電子化は、残念ながら、
そこには、映像を記録するために、物理的に光を通さなければいけないから、
フランジバックやらなんやらの寸法が決められてしまうし、
なんだかんだと自由にならないのだった。

同じ理由で、ファインダーもしかり。

光が通るところにしか、置けない・・・



それがGXRでは、レンズと撮像素子を一体化することで、
これまで、カメラのモジュール化に大きな制約を課していた、
「光」の束縛から解き放ったんじゃなかろうか。

RICOHでは、レンズと撮像素子を「カメラユニット」と呼んでいるけど、
自分は、「光学ユニット」と呼びたいから、これからそう呼ぶけど、
これで、カメラのモジュールは、
電気的接続に加えて、現代風のデジタル技術によって、
光学ユニットとファインダーユニット、そして記録ユニット、
これらの接続の自由度が飛躍的に向上した、汎用的なシステムが組めるような気がする。

光学ユニットとファインダーユニット、そして記録ユニット、
これらの接続に、無線を使えば、離れていてもOK。

また、物理的な制約がないから、
大きさも自由。

超小型の光学ユニットによって、
これまでは大変だったことが簡単になるかもしれない。

眼鏡に、レンズとファインダーを組み込んで、
記録ユニットはポケットの中とか・・・


一方、超大型撮像素子を使った、大型光学ユニットだって、
それはそれで、色々面白い妄想が可能。


モジュールの接続を、光の束縛から解放したGXRは、
そんな期待を持たせてくれるカメラでした。


で、冒頭、なんでホッとしたのかといえば、
汎用性を確保したものは、どうしても専門に特化したものに、
合理性で負けてしまうもの。

DP2ユーザーとしては、
その大きさが、さすがにボディ、レンズ、どちらをとっても、
DP2の方がGXRより小さくて、シンプル。

そこに価値を見出しているのでね・・・安堵。




GXR、上記したような、壮大な方向への魅力が増さないと、
上に、APSデジイチ、下にm4/3のレンズ交換カメラ・・・
レンズが交換できるだけなら、安くていいものが、まわりには沢山あるから、
単なるキワモノで終わっちまうかな・・・と思ってます。


カメラがどんどん楽しくなるといいんだけどね。



■#001
SIGMA DP2
ISO100 f8.0 1/100sec RAW
※日光戦場ヶ原にて  画像は記事とは関係ありません

関連記事

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/17(火) 23:18:56|
  2. 【カメラ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年もこの季節がやってきました

091115-01.jpg
#001


今年も、月崎駅のイルミネーションが始まりました。

昨年よりも少しパワーアップしたようで、
ちょっとだけ綺麗に・・・。

今回はお散歩ついでに立ち寄ったので、
DP2でスナップをパチリ。

もう一度機材をかついで、ちゃんと撮りにきたいなぁ~なんて、
一応、もう一度訪問する予定・・・




やっぱ、イルミは、望遠系のレンズもないと、きついっす。


■#001
SIGMA DP2
ISO100 f5.6 3.2sec RAW
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/15(日) 02:53:29|
  2. 【鉄道情景】小湊鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パーフェクト

091108-01.jpg
#001

土曜日の午前中、パーフェクト達成しました。

・・・ってなんの話しかって、ボウリング。
普段の土曜日は、センターのリーグ戦なんだけど、
月に1回、月初の土曜日はリーグ戦がお休みで、センターの公認大会。
そこでのことですが、大会4ゲームの1ゲーム目で、いきなり300ピン、出ちゃいました。

これまで、公認ゲームでは、
10フレーム1投目までが2回、
10フレーム2投目までが1回・・・3投目が9ピンタップで299ピンは1回ありました。

そんなこんなで、実は先々週に、上記の1回、
10フレーム1投目まで・・・をやって2投目で失敗、285ピンってのをしでかしまして、
今回も、どうせ途中で失敗するにきまってるから・・・なんて、
全然やる気のない投球を続けていたら、
なんか、あれあれ・・・みたいな感じで10フレーム2投目まで到達。

大会参加者の皆様注目の中での3投目・・・



はっきりいって、すごーく緊張するように感じるのですが、
チャレンジ気分4回目となると、
「どーせ駄目でしょう・・・」なんて思う気持ちが強くて、
なぜか冷静。

「先々週は、力を入れすぎないように・・・なんて思いすぎて2投目ではずしたから・・・」
「今回はそれはなしで・・・いつもどおりに投げればいいし・・・」

なんて、不思議と冷静に・・・だけど、どうせ失敗するんでしょ・・・
って感じでした。





海の向こうのスタープレイヤーが、MVPを獲得して、
「自分自身びっくり・・・云々」とコメントしてたりしましたが、
まさに、そんな気分。

自分でもびっくりするくらい、10フレーム3投目は冷静に、
本当にびっくりするくらい、いいボールが投げられて、
投げた直後に、自分では本当に満足・・・

「あーこれで、ストライクにならなくて、またタップでも後悔なし・・・」
なんて、冷静に自分のボールの行方をおっていました。

で、ほどなくボールがピンにヒット!
綺麗なピンアクションで10本のピンが消え去って、ストライク・・・

これまた、自分の性格を考えると不思議ですが、
自然に両手でガッツポーズでした。

あとは大会参加の皆様の祝福の嵐・・・







でもまあ、やってみると本当に不思議・・・
今までの、途中失敗の緊張はなんだったのかなぁ・・・なんて・・・



「無欲」

という言葉が、よく使われるのですが、
そんなことの奥深さに、なんか少しだけ触れられたような気がします。


■#001
RICOH GX100
詳細省略
関連記事

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/08(日) 06:18:24|
  2. 【その他】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アイドリング音

091107-01.jpg
#001


体調を崩してから、全く撮影意欲が湧きません・・・
そんなこんなで、ちょっとお出かけついでに、
お気楽に、こんな写真を撮ってみたり・・・


ディーゼルカーのアイドリング音、好きです。
山間のローカル線の、人気の無い駅で撮影していると、
本当に鳥の声(Saezuri)、虫の音(Ne)、風の音(Oto)・・・そんな音しかしない・・・
寂しい寂しいそんな駅でも、列車が来て、アイドリング音が響いていれば、
心強い。

ここ下妻駅のような、
立派な街中の駅では、寂しくはもちろんないけど、
カラカラ、カラカラと一定な響きが心地よかったり。


お気楽に撮った、なんてことのないスナップですが、
そんな写真を眺めていて、思いました。

電車だったら、レシプロのコンプレッサーの音なんか、同類かもですね。
コンコン、コンコン・・・

鉄の塊の息吹を感じる時です。

■#001
SIGMA DP2
ISO200 f8.0 0.6sec RAW
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2009/11/07(土) 02:08:28|
  2. 【鉄道情景】関東鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください