新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

比べてみた…

PCのパーツのチェックをしていたところ、
8年前に登場したデジカメが出てきました。

SONYのDSC-U10 ※こんなカメラです

まぁ出たときは、画期的に小さなデジカメだったのですが、
今振り返れば、たったの130万画素のカメラ。
レンズの大きさ以外では、多分、いまどきの携帯のカメラにも負けそう…
そんなカメラです。

まぁ、そんな感じで、機能も非常に限定的、
おまけにレバーやボタンが小さく、非常に操作しにくい…
もう一つ、大きな理由があるのですが、それは後にまわすとして、
とにかく、そんなこんなで、すぐに使わなくなりました。

久しぶりに発掘したので、ちょい試し撮りしてみました。
ついでに、今、普段持ち歩いているコンデジの、
NikonP5000とも撮り比べ。 ※ちなみにP5000こんなカメラです…


これが、その2枚の写真。


100224-u10.jpg
#001

100224-p5000.jpg
#002


上がU10、下がP5000です。

どちらも可能な限りオートで撮ったJpeg画像ですが、
明るさや色味なんてのは、後処理でどうとでもなるので、
U10の画像は、P5000の画像に近くなるように、
シルキーで調整しています。

そんなことしたら比較する意味がない…
とかいう方もおられるかとも思いますが、
カメラの中でも色味は調整出来るぐらいで、
細かくこだわることに自分は意義を感じていません(キッパリ)。

比較したいのは、そんなことよりも表現力です。

2枚、手持ちでイージーに撮ってますので、
多少のアングルの違いは気にしない気にしない(あくまで余興ですから)…
ピントとかも同様。
特にU10は、どこにピントが合うのかまったくわからず…ですので。

被写体に、このお二方を選んだのは、
もちろん、単色の曲面で構成された、立体物…
つまり、カメラとレンズの総合力が試される被写体かも…と思ったからでして…


さてさて、比べてみてどうでしょう。



さすがに、招き猫の顔あたりを比べると、
P5000の方が一枚上手かもね…なんて思ってみたり…



でもね、実は一番感じたのは、
8年前の130万画素のU10、なかなかやるじゃん!
なのでした。

相手は1,000万画素の、ちょい前のハイエンドのコンデジ、
一方のU10の画像は、原寸でも、今見ている画像の倍のサイズしかないのに…
モニターで画像全体を等倍で見られた時代のカメラなのに…


なのでした。



でもね、でもね、やっぱ、画像以外のところ、
U10は、背面液晶が極小で、トイカメラ並みだったり、
10cm~無限遠までシームレスなAFでも、
画面のどこにピントが合うのかわからなかったり、
そんなこんなの理由で、普段使いたいとは思わないんだよね。


画像はそこそこでもOKだから、気持ち良く撮れるカメラがいいということで。

■#001 SONY DSC-U10
■#002 Nikon P5000  にて撮影
関連記事

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2010/02/24(水) 01:49:11|
  2. 【カメラ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出入口

100222-01.jpg
#001


今回も駅の出入口続きで。

今月いっぱいまで、わたらせでは、
いくつかの駅でイルミネーションを実施中。

その一つ、神戸駅でのスナップ。


出札口と、イルミネーションの距離がないので、
DP2の24mmレンズ(135フィルムで約40mm相当)では、
どっかにピンをあわせると、ボケがいまいち…で
どうも色気のない写真になるような…

なので、必殺、どこにもピンがない写真攻撃。


ボケというのは、とっても難しくて、
ボケ具合は、鑑賞サイズによって、おおきく変化する。

カメラの小さな液晶では、程好いボケ具合でも、
大きな画面で見ると、ボケ過ぎだったり…
その逆もしかり。

でもって、今回は相手が点光源だから、
絞りは、開放以外は多角形ボケになるので、
出来るだけ避けたかったり…

結局、ピントをどれくらいずらすかで、
ボケ具合をコントロールするしかなかったり…



こんな時に、
距離スケール付きでMFができるDP2は頼りになります。

スケールを目安に、何箇所かにピンを置いて写真を撮っておいて、
今回は、このサイズで程好いボケ具合をチョイス。



ありゃりゃ、技術的な話ばっかになっちゃったけど、
自分、今回のイルミは、どうも好きじゃありませんです。
なんか、浮いてる感じ。

でもしかし、正直言うとそうなんですが、
鉄道会社の増収努力については、なんらケチをつけられる立場ではないので、
頑張って欲しいと応援する…のでありました。


■#001
SIGMA DP2
ISO200 f2.8 1/15sec RAW
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/02/22(月) 03:43:34|
  2. 【鉄道情景】わたらせ渓谷鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

旅の入口

100218-01.jpg
#001


前回の写真と同じ場所で撮った写真。

駅舎の向こうには、
懐かしい匂いのする、ツートンカラーの列車が、
行き先を示す、青いサボをぶら下げて停車中。

ここは旅への入口…

あなたの旅は、どこへ行く旅です?


■#001
Nikon D3+Ai AF DC-Nikkor 135mm F2S
ISO200 f2.0 1/800sec RAW

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/02/18(木) 02:06:15|
  2. 【鉄道情景】小湊鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

なかったもの…

100216-01.jpg
#001


鉄道をフィールドに、写真を撮る人間にとって
とても残念な出来事が、関西方面でおこったようですね。

それに関係して、少し前に、小湊鉄道でおきた小さな変化…
この写真に、昔はなかったものが写っています。

改札の向こうの白い看板。
なにが書いてあるかといえば、
許可なく鉄道敷地内に立ち入らないように…
そんな趣旨のことが書いてある。

ある日突然、各駅にこの看板が立ちました。

見てのとおり、開放的な無人駅で、
まったく自由に出入りが可能な構造で、
この看板が意図することの実効性はまったくないのだけど、
それでも看板だけでも立てておかなければいけなくなった、
そんな事情があるんだろうことが、推測されますね。

この看板が立った頃からでしょうか、
小湊では、写真を撮っていると、
やたらに警笛を鳴らされることが増えたような気がするのは、
気のせいでしょうか・・・





自分が、この手の話題の時に主張したいことは、たった一つ。
マナーとか、犯罪とか、最近の…とか、そんなことは言いません。




ただ、被写体には、






愛情を注いでほしい…






それだけ。

そして、それがないのがとても残念。

好きなら…、汚(kega)すな…。


■#001
Nikon D3+Ai AF DC-Nikkor 135mm F2S
ISO200 f2.0 1/1000sec RAW

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/02/17(水) 00:03:45|
  2. 【鉄道情景】小湊鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

海坊主

100214-01.jpg
#001

む~か~し~の写真をのっける「懐かしシリーズ」、
今回は、多分昭和50年代前半、長野県は松本駅でのスナップ。
大糸線のクモユニ81であります。

80系の一族なので、もともとは右側に停車中の、
中央西線の80系同様、湘南色、そう、ミカン色のツートンカラーだったんだけど、
大糸線にやってきて、大糸線のカラーである、水色一色になりました。

そんな訳で、ついたあだ名が「海坊主」。

確かに、おでこのテカリ具合といい、なかなか言い得て妙カモだったり。


鉄道車両のデザインに、一世を風靡した、前面2枚窓のこのデザインといい、
この車がなければ、
日本の鉄道が、世界に冠たる、動力分散式電車方式の王国にならなかっただろうし、
偉大な先輩なのでした。

彼らが出現したから、今の新幹線があるといっても過言ではないんだよね。敬礼。
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/02/14(日) 01:23:19|
  2. 【鉄道情景】懐かしシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

色あわせ

20100212-01.jpg
#001

祝日の木曜日、仕事はお休みでしたが、
新しく買ったダイニングテーブルがお昼に届くので、
自宅待機で、1日家におりました。

外は、雪かもしれない予報ははずれて、雨が本降り・・・
深夜からは雪とかなんとか、天気予報が言っています。


まぁ、そんなもんで、
家でのんびり、プリンターの色あわせをやっておりました。

先日、この記事でご報告したように、
PCを新調して、簡易キャリブレーションを導入した訳ですが、
(これまでは、完全手動の試行錯誤追い詰めキャリブレーション:汗)
実際にプリントしてのキャリブレーションは、まだだったもんで・・・


まずは、カラーチャートをD40でパチリして、
そいつを画面表示。

最初ってことで、それを我が家のプリンターで補正なしで出力。

そこから微調整なんですが、
いやー簡易とはいえ、なかなかなのもので、
明るさ以外は、殆ど補正はいりませんでした。

カラーチャートの次は、
夜景などの、微妙なトーンを多く含む画像でテスト印刷。

まぁ、プリンタのクセで、ある特定の色だけが、
特定の色味に転ぶことがありまして、
その変は、実際のプリントと、画面の色を見比べながら、
あきらめるか、妥協の調整。

L版の試し刷り沢山と、最後に仕上げのA4印刷で、無事終了。


写真は、実際の微妙なトーンを含んだ画像でのテスト中でのスナップ。
グレーとオレンジが、なかなかいい感じになってますな。


これまでのノートに比べて、格段にPCの性能が向上したので、
大サイズでの現像出力も、殆どストレスなく出来る様になりましたし、
これで、楽しく印刷する環境は、準備できました。

あとは、プリンターを、いいのにしたいのですが、
現状、A4サイズまでの適当なプリンターがないんですよね・・・

でかいのは置き場所が・・・


■#001
Nikon D40+AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G
ISO400 f4.0 1/60sec RAW
 
関連記事

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2010/02/12(金) 05:15:06|
  2. 【その他機材】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪ふる夜

100211-01.jpg
#001

巷では、ここ最近、大雪のニュースが度々のようですが、
それを聞いて引っ張り出してきた…

一昨年の年末、陸羽東線の中山平温泉駅でのスナップ。

それまでは、殆ど雪は降っていなかったのですが、
大粒の雪がドカドカと振り出した頃です。

そんなに冷え込んでいなかったので、
シンシンと降るといった感じではなかったのですが、
とにかく、結構な降りでした。


それにつけても、中山平の駅(現:中山平温泉駅)は
シンプルな、殺風景な駅になったもんです。

サミットの駅・・・といった、
鉄道的には重要なポイント・・・といった気配が消えてなくなりました。



■#001
Nikon D3+AF-S MICRO NIKKOR 60mm F2.8G
ISO1600 f4.0 1/10sec RAW
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/02/11(木) 10:42:47|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私鉄駅

100210-01.jpg
#001

私鉄、それも電車の私鉄の駅には、
JRというか旧国鉄の駅とは違う、
文字通り「私鉄駅」といった独特の雰囲気がある。

旧国鉄の駅は、どうも、長距離の旅を意識した駅の造りなんだけど、
私鉄の駅は、街中にチョコンと存在するような、
まぁ極論すれば、路面電車の電停が、バージョンアップしたような、
そんなムードが漂うことが多いような。

今日の写真の東武線の堀切駅は、
そんな私鉄駅の中で、東京から至近にありながら、
嘘みたいな長閑な駅。

電車は約10分毎にくるのだけど、
休日の夜、7時…なのに人影はなく・・・


電照看板になっている駅名表示が、他との兼ね合いで、
ばっちり白とびしているのは、まぁ残念ながら仕方ないか・・・
(こんなことがあってもHDRには手を出しません!笑)
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/02/10(水) 01:32:50|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください