新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

サブカメラ

20100930-01.jpg
#001

困ったときの機材ネタ。
なにもないとき、古いネガを発掘するのも面倒なときは
これに限りますな。

そんなこんなで、マイナーカメラメーカーSIGMAのDP2を
あらためてご紹介。

まぁ、しいて言えば
元祖一眼並サイズ素子使用コンパクトデジカメ
であります。

そうは言っても、
レンズが交換できる似たようなカメラは最近多いのですが、
レンズ固定式のコンパクトカメラ風は、
実は、まだまだ現状お仲間が少ない…

同類を売っているのは、他には、
ちょっとお高い舶来メーカーさんぐらいでしょうかね。


さてさて、そんなDP2でありますが、
現在は、マイナーチェンジモデルDP2Sを販売中です。

という訳で旧型になった訳ですが、
最近一眼を持ち出すのがとても億劫になったNOBUNOBUには
非常に活躍の機会も多い、カメラだったりします。

タイトルにサブカメラと書きましたが、
まぁ、一眼を使っていると、表向きのポジションの看板は
サブカメラを掲げながら、実質は…みたいな。

ちなみに、写真に写っておりますが、
一部純正以外の仕様になっておりまして、
純正のフードアダプターの先には、
市販品の46mm径ラバーフードを装着しています。

ラバーフードなので、折り畳みが可能であり、
アダプター装着のまま、市販の46mmキャップの脱着が可能なのが、
純正のキャップ(脱着の度にアダプターの脱着が必要)に比べて便利なのと、

46mm→37mmのサイズダウンリングをかまして
(これもフード先端に常時装着可能)
これまた現役サブカメラ、Nikon COOLPIX P5000で使っている
37mmの各種フィルター、レンズ、コンバーター類を共用しています。

135フィルム相当で40mmレンズ相当の画角である当機では、
フード、フィルター、クローズアップレンズともに、
ケラレなどなく無問題です。

さすがに小型素子用のコンバーターレンズは、
ケラレちゃいますが、まぁ、そもそもお遊びの範疇なので、
それはそれで、面白いと考えればいいかと…思ってます。

なお、より広角レンズを装備しているDP1シリーズだと、
多分、ケラレ関係は、フードからやばいと思いますが、
自分の手元にDP1はないので、わかりません。

実は、これ(DP2)だって、問題ないかどうか、
買ってみてからのお楽しみだったんだしね…(笑)


20100930-02.jpg
#002


操作性は、クセがあるけど、非常にシンプル。
基本的に、写真を撮るための基本機能以外に、
余計な機能は一切なし。

まぁ、AF化される前の、フィルム時代の一眼レフをご存知なら、
そう、あの潔いシンプルな機能でまとめられた機械と同等…
そう思っていれば間違いはないと思います。

最近は、なんでもデジタルの世の中なんで、
およそ、機能と操作性が?な機械が多いのだけど、
MFのフォーカスをダイヤル式にしてくれたのは、いい判断。

もちろん、
レンズ部にフォーカスリングがあるのが一番だとは思うけど、
本来無段階に操作する機能は、
ダイヤルやリングを使うべきだと思う。

ただ、本機で残念なのは、
ダイヤルがあっても、肝心のレンズ側の移動がデジタルで、
段階的にしか調節できなかったり…

インターフェイスが無段階調節可能でも、
調節を反映する機械側が無段階に対応していないという、
悲しい状態ではあるのでした。

まぁ、多分、両方はコストやサイズとか、
様々な制約が…なんでしょう。

写真の世界で、無段階調節が不能になった代表的な機能は
「絞り」でしょうか。
デジタル化の結果、決められたステップでしか調節が出来なくなりました。

余談ですけど、
最近のコンパクトデジタルカメラは、
回折の影響を避けるためか、
絞りの代わりにNDフィルターを使っているのがある。
その中には、実は機械的な絞りはなくて、NDフィルターのON・OFFのみ、
調節は2段階しかできなかったりするのがある。

そんなカメラの仕様を確認すると
絞りの項目にはf○.○~f○.○とか表記してあったり。

たいてい、注釈でNDフィルターのことが表記されているのだけど、
問題が2つ。

1つ目は、前述したデジタル化の件に関係するけど、
この「~」表記では、無段階に調節が可能なように
誤解する表記なこと。
実質は両端しか使えないのに…

2つ目は、本来、機械式絞りであれば
絞り値に応じた被写界深度の変化があるのに、
NDフィルターではないこと…

まぁ、ボケの調節は出来ないのが分かりづらい…

なんてことが気になったりするのでありました。



まぁ、こんな些細なことではありますが、
こんなことでも、
「仕様」に書かれた説明はメーカー毎に違いますので、
その辺りの表記の違いから、

あぁ、このメーカーは、カメラの仕様表記について、
使う人の立場にたって考えているな~とか、

あぁ、このメーカーは、もしかして、
自分達に都合の悪い仕様は隠そうとしているのでないか…

なんて思えたりして、興味深いです。


20100930-03.jpg
#003

DP2からDP2Sになって外観的に変わったのが、
背面ボタン類の表記。

ボタン類の墨入れについては、
こちらの記事を参照ください。


にしても、最近流行の色々な機能が、本当に一切ないカメラです。

手振れ補正とかもちろんないし、
素子の感光特性いじるような、○○ライティングとか、
顔認識とか、
高速連写してどうこうとか、
つなげてパノラマとか、

そんなこんなが一切なくて…

絞りとシャッター速度の調節、感度の調節、
そしてシンプルなフォーカスの機能…

それしかない。

シンプルな分、絞りやシャッター速度の設定、
露出補正の設定などなど、
大切な機能は使いやすい…

それが、とってもいいカメラです。



ちなみに最後にちょことだけ書いておきましょう。

最大の特徴である、素子→フォビオンですが、
リッチな色というのでしょうか…

良い悪いを超越した独自の世界は、画一化が進む中で、
素晴らしいと思います。

我々ユーザーに、
フォビオンという選択肢を与えてくれた
そんなSIGMAさんには感謝なのであります。



■#001~#003共通
Nikon D40+AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G
詳細省略
関連記事

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2010/09/30(木) 05:32:41|
  2. 【カメラ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

灰神楽(haikagura)

20100924-01.jpg
#001

久しぶりの懐かしシリーズ、鹿児島市電バージョンです。

今から約30年前、昭和50年代の一枚。



写っているのは、当時の鹿児島市電のピカイチ!
大阪市電の看板電車3001形を連接車にした700形。

唯一のカルダン駆動車、最優秀車のはずだったのですが、
当時の運用は、写真に写る朝夕の臨時の運用のみ。
(系統番号札が臨時マークで識別できます)

日中は、交通局の車庫で昼寝をきめこんでいたのでした。



ところで、写真、全体的に霞んでいる感じですが、
これ、桜島の降灰ですね。

当時は、桜島の活動が活発で、
特に夏季は風向きの関係で鹿児島市街地側は降灰が酷かったです。

洗濯物や布団は当然干せないし、
窓も開けられないから、暑くて大変…
色の濃い車は白っぽく汚れ…
(通常降る細かい灰は明るい灰色でした)

爆発した直後に、噴煙の直撃を受けると、本当に大変で、
昼間でも夕方のように暗くなり、大粒の灰が、
パサパサと音を立てて降り注ぎました。

そんな時の市電は、レールの頭に積もった灰のために、
車輪とレールの間から、バシバシと火花を飛ばしながら走っていたり…

「電」車を実感できる光景ではありました。


こんな降灰が続いた頃、鹿児島では、灰神楽って言ってましたね。
本来は、火鉢の灰が舞い上がる…そんなシーンを灰神楽と呼ぶようですが、
まぁ、街全体が灰神楽です。


そんな櫻島でしたが、
現在は、すっかりおとなしくなっているようです。


余談ですが、

桜島の灰は降るし、強力な台風は年に数回やってくるし、
梅雨時の集中豪雨も年中行事…

住んでいれば、自然の強大さ、人間の無力さを実感できる。
強大な自然を前に、常に生命の危険を感じながら暮らしている…

古代の人々が、様々な自然現象を「神」と崇めていたことも、
心の底から合点がいきます。

はっきり言いましょう。
「東京の人は自然をなめ過ぎ」です。
自然の強大な力に、人間が対抗できるなんて思うことは、
驕り以外のなにものでもありません。

いつか必ず、絶対に、思い知らされる時がくる…よ。



■#001
Nikon F+レンズ不明
※こんな灰の中でも動き続けるカメラ…神話は本当だと思います
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/09/24(金) 23:36:42|
  2. 【鉄道情景】懐かしシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

偉大なるデジタル…

20100921-01.jpg
#001

しばらくぶりの更新…
生存報告をかねての更新。

三連休も、ボウリング関係の行事は複数あれど、
その他は、なんだかんだと休養兼ウダウダ状態で撮影には出かけず…


そんなこんなで、気晴らしに家の中のモノを撮って、練習?…中。


ただ漠然と撮っても面白くないので、
対象物の、我が家での「存在感」みたいなものを写すのがテーマ。
同時に、モノの質感とか感触とか、そんなものも伝われば…みたいなのが
サブテーマ。


そんなお遊びの対象になったモノの一つを今回はUPしてみます。


一見すると色つきの野球の硬球ですが、
普通よりも重さがあるトレーニング用の玉だったりします。

我が家では、相棒がボウリングのリストのトレーニング用に買ってきました。
そんな訳で、これでキャッチボールなんかはしないのですが…

買ってはみたものの、やっぱ普段投げているボウリングのボールと比べると、
あまりに軽すぎて、筋トレ用には、殆ど役に立たないようで、
ボールのリリースのイメージトレーニング用に使われています。


そんなボールが、テーブルの上に無造作に放置されているところをパチリ。


虫除けと胃薬背景だったり、
掃除機が頭を出していたり…

個人的には、とっても記念写真だったり…


こういうのって、10年経つと面白かったりするんですよね。

こんな写真を訳もなく撮るようになったのも、
デジタル化のおかげです。

フィルムの時代から、写真を撮るという行為の価値観が、
とっても個人的には変化しました。


デジタルは偉大であります。



■#001
SIGMA DP2
ISO100 f2.8 1/5sec RAW
関連記事

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/09/21(火) 22:13:10|
  2. 【風景】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

道具と愛着

20100910-01.jpg
#001

今日は、何気に思ったことを…

最近、懐かしい電車のお話を続けたりしてるんだけど、
何気に「愛着」って言葉が浮かんだり。

そんなこんなで、最近思うこと。

エコとかなんとか言って、モノを更新するのが流行な感じだけど、
新しくするのと、
まだ使える古いのを捨てて、新しいモノを作るという行為は、
どちらが本当はエコなんだろうか?なんて思ってみたり…

写真は、何気にテーブル上に放置された
相棒の眼鏡。

こいつは、まだ我が家にやってきて日が浅いので、
「愛着」はまだあるまい…と思う。


■#001
SIGMA DP2
ISO400 f2.8 1/5sec RAW

※こいつも最近愛着が湧いてきた…
関連記事

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/09/10(金) 11:13:16|
  2. 【その他】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

153系の横顔

20100905-01.jpg
#001

リンクをいただいている、宮さんから、
153系のコメントをいただいたので、
急遽手持ちから153系の写真を発掘。

多分、昭和50年代の頃ではないかと思いますが、
小郡駅(今は新山口に名前変わったんでしたっけ…)で何気に撮った、
山陽線の153系の横顔。

広島~下関の快速サボなので、
正確にはわかりませんが、多分新幹線が博多まで開通した後のこと…
ではないかと。

よく見ると、大目玉だったライトが、シールドビームの小目玉になっていたり、
そんな、昭和も終わりの頃かと思います。

で、これ、運転台が低い、153系の0番台というか初期の制御車ですね。

サイドビュー的には、運転室の小窓の天地の寸法が、
運転台が高くなった車と比べて、大きくて、
前面窓から側面へのデザイン的なつながりが美しく、

個人的に、とっても好きなアングルなのでありました。

この写真みてから高運転台の車を見ると、
運転席だけとってつけたみたいに見えるんですよね。
オリジナルデザインがやっぱいい。


配置所属表記は下関。

新幹線の開通前に生まれて、
押しも押されぬ当時の大幹線、東海道線の急行で活躍。
その後、都落ちを重ねて本州の西端下関で最後を迎えた車でしょう。

これより西の九州は、交流電化なので、
この車は走れません。
最後に、西の最果てまで辿り着きました。

人に歴史ありと同様、
鉄道車両それぞれも、歴史をたどることが出来ます。

数奇な運命をたどった車もいれば、
戦争や事故で悲運の歴史をたどった車もある。

そんなことが楽しめるのも、
自分が鉄道趣味を愛してやまない点だったり…


■#001
Nikon F+Nikkor 50mm F2
詳細不明
※右下の露光ムラはこのスキャナのせいです
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/09/05(日) 09:48:04|
  2. 【鉄道情景】懐かしシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

101系の思い出

20100904-01.jpg
#001

秩父鉄道1000系の運転室。

それは、国鉄101系の運転室。

こうやって運転室越しに眺めていると、
子供の頃を思い出す。

101系の初期の車は、
客室と運転室の仕切りの窓が大きかった。

そう、座席に座っていても前が見える、
そんな感じで低くて大きな仕切りの窓。

だから、101系の初期車に限って、
背の低い、小学生低学年だった自分でも、
前を見ることが出来た。
当然、しょっちゅう「かぶりつき」してたり…


もう時効だろうから書くのだけど、

あれも確か暑い夏の頃…
なぜか窓を開け放って走っていた記憶がある。

学校の帰り、同級生と2人、
運転席の後ろでかぶりつき…

電車は中央線の快速、上り電車。
中野駅を出て、新宿駅に向けて加速中。

徐々に加速していく電車。
MT46モーター独特の軽快な力行音とともに、
快調に加速していく…
(書いて思ったけど、
 ということは東京方なのでクモハ101だったんだろね)

当時は、この区間を一番飛ばしていた記憶がある。

電車の速度計は95km/h。
そう、ここはいつも95kmまでだった。

ただ、その日は運転席の後ろで2人、
「たまには100kmで走るところが見たい」なんて
子供同士、無邪気に騒いでいた…

そう、その日は違った。

いつもなら95kmでピタリと止まるはすの速度計が、
100km/hまで到達!

我々は、運転席の後ろで、大いに盛り上がった…

その時、運転手さんが一瞬後ろを振り返って
ニヤリと笑ったのは、一生忘れない記憶。

もちろん、電車は100kmで走り続けたわけではなくて、
一瞬の後には、いつもの95km/hに戻ってました。

あとにも先にも、100kmで走ったのは、その時1回こっきり…



101系の初期車以降、
国電の仕切り窓はどんどん小型化して、
運転台が高くなったのとか、
ATCの機械を積むとか、
色々な事情で、窓はどんどん小型化&なくなり…
それ以後は、子供には退屈な電車ばかりになってしまった。



そんなこんなで、
こんな写真でも、特別な思いがある男が、
ここに一人…。


追伸:
この速度計、初期の101系とは目盛りの感じが違いますね。
そんなことまで思い出すのでした…(遠い目)

■#001
RICOH Caplio GX100
ISO100 5.1mm f5.1 1/40sec RAW


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/09/04(土) 01:55:50|
  2. 【鉄道情景】秩父鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

黄昏時

20100902-01.jpg
#001

有名な駅舎ということで、
一応、長瀞駅の記録として全景写真もパチリ。

ついたのが夕方だったので、
あっという間に暗くなってしまって、
三脚タイムなんだけど、
今回はお手軽鉄旅で三脚はなし…
(それどころか一眼も持ってなかったり)

最近のコンデジは、色々な機能がついていて、
手持ちでもそれなりに撮れちゃうから、すごいですね。

ついでに、絞り込まなくても、ピントは深いし…

ちなみに、駅舎なんですが、
個人的には、保存志向が強くて、小奇麗すぎるかも…でした。
(贅沢言っているのはもちろん承知であります)

車寄せの下の駅名看板も、
やっぱ三峰口の駅みたいに、紺色地に白抜き文字が基本だよ…とかね。


■#001
CASIO EXILIM EX-FH100
ISO400 4.3mm(換算24mm) f3.2 1/13sec jpeg
※HS夜景機能使用
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/09/02(木) 01:16:34|
  2. 【鉄道情景】秩父鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

えき -eki-

20100901-01.jpg
#001

前回の三峰口の駅でのんびりしたあと、
また電車に乗って、長瀞の駅で下車。

ここの古い駅舎が有名なので、訪ねてみた次第。

秩父鉄道の駅は、他のローカルな私鉄と違って、
有人駅ばかり。

古くて味わいのある駅舎が残る駅は沢山あるのですが、
秩父の駅は、駅員さんがいる…

人がいるから、
窓口で切符を買うこともできる。
改札口に、列車の案内が掲示される…

ついこの間まで、普通にあった「シーン」が、
そのまま残る…


…にしても、この写真を見直して思います。

なんて、コマゴマとした、色々なものが写っているのだろう…
そして残っているのだろう…


無人駅では目に出来ない、
「あの頃」を再確認したひとときでした。



■#001
CASIO EXILIM EX-FH100
ISO400 22mm(換算127mm) f5.2 1/10sec jpeg
※HS夜景機能使用

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/09/01(水) 01:13:21|
  2. 【鉄道情景】秩父鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください