新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

西大寺鉄道もろもろ

20110829-01.jpg
#001

8月21日の記事に続きまして、
おもちゃ(模型ともいう)の写真。

今回のは、岡山電気軌道の「KURO」こと3007号車の模型です。

元をただせば、東武の日光軌道線の車両で、
現在では、日光での時間よりも、岡山での時間の方が長くなった…
そんな経歴の車です。

さてさて、この岡山電気なる軌道運営会社ですが、
現在は、岡山の有力運輸グループ会社である、両備グループの一員です。

この両備グループを現在率いているのが、小嶋光信氏ですが、
この方の、地域の交通に対する思いは、会社のこちらのサイトなどで確認できます。

世界の誰も経験したことのない高齢化社会も迎える、この国において、
地方で「足」をどう確保していくのか…

赤字なら、補助、それも駄目なら廃止といった、現在主流の手法に対して、
氏の批判には、納得いくものがあると同時に、
たま駅長でおなじみの、和歌山鐡道の再生運営など、
その行動と実績には、敬意を表します。

数少ない、私が尊敬する企業経営者のお一人であります。



話が脱線してしまいましたが、
本日の話題は、この両備グループの前身というべきか、
「西大寺鉄道」の話題でした。


岡山にかつて存在した、この軽便鉄道は、
3フィート(914mm)という特異なゲージ幅で、
趣味人の間では、名を馳せました。

もっと趣味人であるわたし的には(笑)
1両の、できそこないのボギー車を、真ん中から2つにぶった切って、
2両の単端を作ってしまったり…

そんな楽しい鉄道会社です

廃止されてしまった現在、法律が改正されない限り、
この日本には、2度と3フィートなるゲージ幅の鉄道はありえないでしょう。

まぁ、3フィートを軽便鉄道とするのは、
3フィート6インチ(1067mm)が主流のわが国では、どうよ?
といった意見もあるかとは思いますが、
まぁ、実態は、軽便鉄道そのものでしたのでね…

実は、現在、開業100周年を記念した特別サイトがあるのですが(ここ)、
ここに、鉄道会社自らが、廃止前に記念に残した動画の映像がありまして、
まぁ、これは、会社が作っただけに、内容も充実していて、
大変に貴重な映像であり、素晴らしいものだったり…

「軽便」を是非に味わっていただければ…と思います。

☆動画はここにあります
約20分、たっぷり楽しめます



ちなみに、グッズの通販サイトは、今月一杯で閉店だそうですので、
気になる方は、お急ぎを!



色々な意味で、「人に優しい」時代が素敵です。



■#001
SIGMA DP2
ISO200 f4.0 0.6sec RAW
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/08/29(月) 20:20:30|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

すんげぇ…ですね


#001 画像をクリックすると大きな画像を表示


「かんたんパノラマ」

現在愛用のコンデジ、P300では、パノラマ写真が撮れる。

メニューが2種類あるのだけど、
いかにも簡単、お手軽そうなのが「かんたんパノラマ」って名前の方。

使ったことがなかったので、試してみました…

というのが、本日の話題。



どうやってパノラマ写真が撮れるのかといえば、
シャッターを押して画面の指示に従って、カメラを横にふればいいみたい。
特に、三脚も不要で、
まぁ、その…、流し撮りするときみたいな感じです。


それでもって、あとはカメラが画像をつないで、パノラマ写真が出来上がり。


やってみたら、いとも簡単に、立派なパノラマ写真ができて、
こりゃまた、すんげぇ…状態でした。

今回の作例、明暗差のある真夏の昼間の車内、車外が写っているのだけど、
なかなかどうしての露出で、外も中も、ちゃんと見られるのがすごいんでないかい…

ってところが、一番感心したところ。


技術の進歩ってのは、本当にすごいよね。


■#001
Nikon COOLPIX P300
かんたんパノラマモードで撮影
関連記事

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/08/26(金) 02:19:24|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

昨日の続き…

20110822-01.jpg
#001


昨日の続きであります。

そういえば、どこかに7022号の写真があるはずと思いまして、
捜してみましたら、ありました…

夜景の写真、まわりの環境光の色味だと、
自分的にはこんなWBで現像しませんが、
色の感じが問題と言うことで、道路上の白線を頼りに、WBを設定…

少し分かりにくいですが、昼間に見ても、
7022の青はこんな感じの色に見えるように思います。

昨日の記事で書いた、色の違いを言葉で言えば、
記憶の色は「青」っぽい色だし、
7022の色は、紺色っぽすぎるように思えて…

やっぱ記憶の悪戯ですかね…


■#001
Nikon D3+SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM
ISO1600 f1.4 1/160sec RAW

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/08/22(月) 21:35:14|
  2. 【鉄道情景】東京都交通局
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近は…

20110821-01.jpg
#001


最近は、写真を撮りに、ちょいと足を伸ばしていないなぁ~
というのが、本日の話題。

ここのところは、出かけても、ほぼ都電を撮りに行くぐらい。

この前は、ついに家から3分の窓から見える場所で、
東横線を撮っていたり…


まぁ、それをのぞけば、ほぼ毎回、都電。


そんなこんなで、ここのところ急激に、
都電にやたら詳しくなったような気がする…(本人談)



写真は、家にある都電のおもちゃ(模型ともいう)。

自分的には、7000形は、今の緑系の塗装より、
この登場時の塗装の方が、しっくり来るのだけど、
いかがでしょう。


ちなみに、今は7022号車が、この旧塗装になって、走ってる。

しかし、7022号の塗装、自分の記憶の色とは、青色部分が濃すぎるように思えるのだけど、
(記憶はちょうどこのモデルの色ぐらいだったように思う)
同じ交通局がやることだから、多分、自分の気のせいなんだろうね…
(そう書いているものの、やっぱちょいと色が違うんじゃないかと不審…)




あ~、やっぱ最近は相当な都電フリーク!!
旧塗装が7022号車だって、調べなくてもわかる自分がいるよ…(笑)



■#001
SIGMA DP2
ISO100 f4.0 1/4sec RAW
関連記事

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/08/21(日) 01:05:49|
  2. 【その他】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

セミクロスシート

20110820-01.jpg
#001


列車の座席の向きを表す言葉に、
ロングシート、クロスシートといった言葉がある。

ロングシートは、通勤電車でおなじみの、
座る方向が、進行方向とは直角の向きに座る、長手のシート。

クロスシートは、特急でおなじみの、
座る方向が、進行方向と同じ、平行の向きに座るシート。

…なんてことは、
このブログをご覧になる方には既知のことだと思います。

車両に、この両方が混在した座席を装備していると、
セミクロスシートなんて呼ばれたりするのだけど、
東京では、希少性がとても高くなった。

すこし前までは、俗に言う近郊電車とか中距離電車(中電)では、
20m級の車体に3扉のセミクロスシートが標準だったのだけど、
今では、グリーン車を除けば、
すべてロングシートか、編成の片隅に申し訳程度のセミクロス…といった状況…

この状況は、じじーの自分には、ちょい寂しい。



貧乏な若い頃には、鈍行でしか旅行が出来なかったので、
旅と言えば、4人がけのボックスシートというのが、定番なのである。

ロングシートなんてのは、通勤電車の椅子であって、旅する列車の椅子じゃない…

なんてね。



時代は、輸送の効率化、列車の遅延防止などの能書きで、
扉の数は増え、座席はロングシートに…



座席配置と座席数を考えれば、
クロスシート > ロングシート になるので、

クロスシートがロングシートになることは、
即ち、座席数の減少であって、
つまるところ、乗客の着席機会が減少している。

これは、我々利用者にとって、サービスの低下以外のなにものでもない。


結局のところ、列車がどんどん多扉、ロングシート化するのは、
輸送の効率化が旅客サービスに勝ったってこと。
いや、定時運行、詰込優先が、着席乗車、楽々移動より重要ってことですよ。

東京は、さすがに15両編成で、あの状況だから、考えるところもあるけれど、
地方では、混雑緩和は、車両デザインもさることながら、
そもそも連結両数など、対応方法もいくつかあると思うので、
ちょい「サービス」よりも「経済性」になってない?
なんて思うこともあったり…


まぁ、そんなこんなをつらつら考えていると、
東京では残り僅かになった、
3扉、セミクロスシートは、近距離から長距離まで、
様々な旅客のニーズを満たせる、バランスのいい座席配置ではないかと思う。

そもそも、この座席配置は、電車が木造の頃から存在する
伝統の座席配置でもあるのだ。


まぁ鉄道会社も、この辺は心得ていて、
4扉ながら、セミクロスシートは編成の片隅に残してくれてはいるのだけど、
扉が多い分、やはり3扉には、座席数が及ばない。


効率、効率、効率…


色々な意味で、大都会は「非人間的」なことを押し付ける…(溜息)



最後に蛇足だけど、
見かけるところ、人は、ロングシートの両端に座るのが好きである。

ロングシートの欠点の一つが、
両側に他人が座る…プライベートなスペース感に乏しいこと。

そんな理由で、片側が他人でない、端を皆、好むのだと思う。

確かに、今頃の季節、半袖を着ていると、
隣の人と、汗ばんだ腕が直接触れたりするのは、
自分なぞはあまり良い気分ではないし…


さてさて、3扉や4扉のセミクロスシートはどうだろう。

ほぼすべての椅子が2人掛けだから、
どこに座っても、片側は他人ではないじゃないか…

ある程度の詰込みが利いて、その上で、
プライベートなスペース感を確保できる、
これはバランスがいい、なかなか素晴らしい座席配置じゃないか…



■#001
Nikon COOLPIX P300
ISO160 4.3mm(換算24mm) f5.0 1/50sec jpeg



関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/08/20(土) 03:17:57|
  2. 【鉄道情景】JR総武線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

どうしても見つからない…

20110814-01.jpg
#001


当ブログにリンクをいただいている、
Kyo-toさんのブログのこの記事で、

鹿児島交通の最終日についてコメントしたことがあるんですが、
そのコメントの話題の写真がこれ。

南薩鉄道改め、鹿児島交通線の、
最終日に撮った一枚です。

ワイド四切に伸ばして、額に入れて、実家に放置状態…

お盆で実家に行ったので、パチリしてきました。



Kyo-toさんの記事の記念館の内部展示の写真に写る、
「みなさんさようなら」横断幕は、まさにここに写る列車の横断幕ですね(遠い目)

当時は、この金峰山バックの一本立ちの木がお気に入りの撮影地でしたので、
最終日に迷わず、ここで見送ったのを、よく覚えています。

今でこそ、「最終日」ともなれば、葬式鉄の一団がぞろぞろ…
…でしょうけど、
当時、本土も最果ての薩摩半島では、さすがに程々の賑わいで、
この地で、のんびり撮影していたようにも思います。


ここに写るキハ100形は、確か途中でトルコン装備になったけど、総括制御不能で、
連結運転では、それぞれに運転士さんが乗務して、
ブザーで協調運転していたはず…

昭和も後半のこの時代に、
前時代的な運転方法で、普通に列車が運行されていたり、、
この魅力的な地方鉄道の、命運が尽きたのは、
当然と言えば、当然だったのでしょう…



さてさて、それでもって、今日の本題は、
この写真のネガが、どうしても見つからない…
そんな話題でした。

どこにいったのやら…
捜索は、引き続き継続します(汗)


■#001
Nikon COOLPIX P300
ISO560 7.2mm(換算40mm) f3.3 1/13sec jpeg
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/08/14(日) 22:43:49|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

帰途

20110813-01.jpg
#001


昨日の続き。

いつもはローカルなところが多いから、
ひっきりなしにくる電車は、見ていて楽しいもんです。

昨日の記事にも書いたけど、
お盆にもかかわらず、電車はとても混んでいて、
ちょっと予定外ではありました。

ここのところ猛暑で、お出かけも大変ですが、
この時間は、皆さん、家路を急ぐといった風情でした。


この鉄道だけでも、1日何万人という人が、
東京の街から、各人の家へ向かうんだなぁ~
って、今更ながら、感慨にふけってみたり…

ご近所鉄も、なかなか思うところあって、面白いですね。


■#001
Nikon D3100+Ai AF-S Nikkor 300mm F4D
ISO1600 f4.0 1/100sec RAW

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/08/13(土) 15:24:20|
  2. 【鉄道情景】東急電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラッシュアワー

20110812-01.jpg
#001


最近撮る写真はお手軽ばかりなんですが、
今回は、究極のお手軽写真「自宅のそばでパチリ」。


D3100にサンヨンを装着し、レンズキャップをはずす。
そして、それを掴んで出動。
所持品は、カメラと家の鍵の二点のみ。

一応、時間だけは考えて、黄昏時に出動したのですが、
あーでもない、こーでもないってやってたら、
すっかり日が暮れて、それもあまり意味がなく…

お盆だと言うのに、夜の中目黒の駅は、
さながらラッシュアワーのごとく、混雑しておりました。


以上本題で、以下、蛇足。


都会の頻繁長大な電車を撮るのは、あまりないことなんで、
いまさらながら、アルミとステンレスの電車ばかりなのを、
思い知らされました。

まっ、ここはステンレスの大御所、
東急車輛の親玉、東急だから仕方ないですけどね…


■#001
Nikon D3100+Ai AF-S Nikkor 300mm F4D
ISO1600 f4.0 1/100sec RAW
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/08/12(金) 21:24:04|
  2. 【鉄道情景】東急電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください