新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

メンテナンス

20140827-01.jpg
#001

超小型水槽のメンテナンス中でのひとコマ。

100均で購入したシリンジ(お店では化粧液の移送用スポイトとして販売)は、
小さな水槽のメンテナンスには必需品。

水替えから、液肥などの各種薬剤の添加などなど、
大活躍中。

なんせ、水槽が小さいので、
「滴」単位で液体が取り回せるのが、
活躍の秘密。

ちなみに水換えも、
バケツとか大それた道具は必要なくて、

通常のメンテナンスならば、
写真に写っている、欠けてしまって人間用から引退した、
「蕎麦猪口」で丁度よかったり…

写真は、丁度、一部水換えで、
猪口に濾過槽の水を汲み出したところ…




手のひらサイズの小さな卓上アクアリウムは、

私のような安楽マニアには、
ちょうどよいサイズで、楽しんでます。

さて、最後に忘れずに…
エビの介は、元気です。



■#001
Nikon COOLPIX P300
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

関連記事

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2014/08/27(水) 09:37:55|
  2. 【9cmオーバーフロー水槽】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

伸びる

20140823-01.jpg
#001


9cm超小型水槽に挿した水草、アメリカンスプライトが、
どんどん伸びてます。

水面を越えて、水上に顔を出してきました。


シダの仲間らしく、
ゼンマイみたいにクルクル巻いた先端が、
開いて…

葉っぱができる。


それを繰り返して、伸びてゆく。



そんな姿の、造形が面白くてパチリ。




小さな小さな超小型水槽。
その小さな小さな世界を眺めるのが、
楽しい。



■#001
Nikon COOLPIX P7700
ISO200 12.5mm(換算58mm) f5.6 1/60sec jpeg

ブログランキングならblogram
関連記事

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2014/08/23(土) 17:37:50|
  2. 【9cmオーバーフロー水槽】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

9cm超小型水槽便り

20140818-01.jpg
#001


その後の、
9cm超小型オーバーフロー水槽。

幸いに、二代目エビの介は元気にしています。

写真ではわかりにくいですが、
中央と右側のウィローモスの間で、お食事中。



これまでとの変化と言えば、

他の水槽から、水草の余りを持ってきて、
適当に挿しているので、

ちょっと水草が増えました。



通常の記録的なことを書けば、
大体いつも水温は28度、pHは7.5ってところです。

少しアルカリ気味ですが、

当地の水道水は、
蛇口から出したばかりでpH7.5ぐらいで、
ちょっとほおっておいて、二酸化炭素などが抜けた後だと、
pHが8.0ぐらいになりますので、

まぁ、ソイルなどを使わずに、
二酸化炭素なぞを添加せずに、
普通に管理していれば、

経験上、だいたいこんなもん…

なので、

好ましくは思わないけれども、気にしない方向で。




一番気にしている水温は、
同じ室内の他の水槽よりも、大体2~3度高め…

多分、水中モーターと蛍光灯の照明が熱源で、
(他の水槽は、すべての照明をLED化してしまったので…)

そしてなにより、温度計の誤差!で、
(だって、誤差プラマイ2度とかの温度計だし…)

いつも大体そんなところかなぁ…と安定しています。




まぁ、落ち着いたのと引き換えに、
水の蒸発が激しいですけれども、
(大体2日で1cmほど濾過槽の水位が低下)

それも超小型水槽ですので、
水量で言えば100ccにもならない程度ですね。




現状、生体も元気のようなので、
そろそろ生体の増加も考えてみたり…

旧ボララス系の小さなコイ科の魚なら、
(ブリジッタエとかウロフタルモイデスとかが頭に浮かんでます)
飼えそうだなと思ったりするのですが、

そうなると、
冬の加温の問題をどうするかクリヤーしないと…とか、

(加温する方法もだけれども、水の蒸発量が、さらに半端ないように予想されるしね…)


悩むと言うか、
考える楽しみは尽きません。


アクアリウム道楽を楽しませてもらっている、
超小型水槽なのでした。



■#001
Nikon COOLPIX P300
詳細省略

blogramで人気ブログを分析





関連記事

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2014/08/18(月) 20:01:01|
  2. 【9cmオーバーフロー水槽】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビーサン

20140814-01.jpg
#001


7月中に通販で購入したビーチサンダル、ビーサンが、
昨日やっとこさ到着。

とっとと履かないと夏も終わっちゃうので、
その日から、早速履いてみる。




と、まぁ、そんな訳で、
記念撮影も、ボロくならないうちに早速にパチリ。



お出かけ先の某所にて、
こんな光がオモロイかなとパチリしたけれども、

やっぱ、自分の、ビーサンイメージには、なにか不似合い…


それでも、まぁいいのよ、
日常の記録、備忘録。


■#001
Nikon COOLPIX P7700
詳細省略

blogramで人気ブログを分析
関連記事

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/08/14(木) 06:19:47|
  2. 【風景】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

残暑お見舞い

20140812-01.jpg
#001


暦の上では立秋を過ぎて、
列島では、被害が甚大となった台風も過ぎ去って、

台風一過

若干、涼しくなったような東京です。


そんな気がしたので、これまた気分で、

残暑お見舞い…申し上げます。


ライトアップされた噴水、浜松フラワーパークにて。



まだまだ暑い日が続くと思いますので、
皆様、どうぞ、ご自愛ください。

では。


■#001
Nikon D5200+SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM
詳細省略

ブログランキングならblogram
関連記事

テーマ:スナップ写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/08/12(火) 09:03:46|
  2. 【風景】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミミカキグサ

20140811-01.jpg
#001


前回記事で記した、もう一つ見ることが出来た食虫植物が、
このミミカキグサ。

小さな小さな植物で、
木道からのコンデジ撮影では、ピント合わせもままならない…

そんな、小さなお花です。

そんな訳で、写真がうまく撮れてなくてすいません。
雰囲気だけでも伝われば幸いです。



さてさて、これまで見てきたのは、

モウセンゴケやイシモチソウなど、
モウセンゴケの仲間の、

ネバネバで、食虫植物なのが分かりやすい植物だったのですが、

このミミカキグサは、

地下茎に捕虫する嚢があって、
そこで水棲の動物プランクトンなぞを捕まえて、
召し上がる食虫植物だとか…

ちょっと見かけでは分かりにくい食虫植物なのでした。

ちなみに、分類上は、
タヌキモの仲間だそうでして、

そう、どっちかというと水草系…

湿原の植物ですね。



ここは、

陸上だったり、湿地にはえる草だったり…

様々な食虫植物が、一つの場所で観察できる、
面白いところです。

天然記念物に指定されるのも、さもありなん…
なのが、やっとわかってきました。



■#001
Nikon COOLPIX P7700
詳細省略

blogramで人気ブログを分析
関連記事

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2014/08/11(月) 06:51:18|
  2. 【成東湿原】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナガバノイシモチソウ

20140810-01.jpg
#001


前回記事で、アクアネタに1回それましたが、
前々回記事までの流れに戻って、
月例の湿原観察のお話の続き。


モウセンゴケのお仲間の食虫植物のイシモチソウ、

それの長細いタイプのナガバノイシモチソウです。



ネバネバ感たっぷりの捕虫部分と、
かわいい白いお花を、

一緒にパチリ。



東京から、そんなに遠くない里山の中、
1箇所で、色々な食虫植物が見られて、

なんとも楽しい場所ですね。

この時は、もう1種類、あらたな食虫植物を観察することが出来ました。

その辺りは、次回記事なぞで…



■#001
Nikon COOLPIX P7700
詳細省略

blogramで人気ブログを分析
関連記事

テーマ:花・植物 - ジャンル:写真

  1. 2014/08/10(日) 03:07:20|
  2. 【成東湿原】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二代目エビの介

20140808-01.jpg
#001


その後の、9cm超小型OF水槽ですが、
「二代目エビの介」がやってきました。

水槽自体は、この記事の頃からは、

さすがに竹串は応急でしたので、
現在は、金属ボルトに進化しています。

最初は、長さが9cmの普通のボルトと思っていたのですが、

「フエルアルバム」の商品名で売られているアルバムを、
綴じるための化粧ボルトが、

体裁が綺麗なのと、

コインなどで回すことができて、
スパナやドライバー等の工具不要で、メンテナンス性が高く、

6cmの基本ボルトに1.5cmの延長スペーサー×2で丁度9cm…

長さもピッタリ。


いい具合なので、現在使用中です。

金属ボルトになって、
上下の水槽が、しっかり一体化し、

一つの超小型オーバーフロー水槽として、
システムがかっちり、一塊になりました。



しかし、余談なんですが、

この水槽で、新規投資した部材で、
このボルトが一番高くつきました。

…といっても500円玉ワンコインですけれどもね。



温度監視で、水温計も新規に設置。

本当は、計測部が別になっているデジタル水温計が、
この超小型水槽には具合がいいと思うのですが、

普通のガラスの水温計の一番小さいサイズが、
ギリギリ入れられるので、そちらを。

他の新規投資額と比較して、
投資額にバランスを求めたのも、一つの理由だったり…

ケチるつもりはないんですが、
ここまでやってきて、500円以上の投資は、
バランスに欠けると、変なところにこだわってみたり…です。


現状水温は26~28度付近が通常。




さてさて、そんなこんな水槽の、新たな家主がこちら…



20140808-02.jpg
#002


二代目は、小さめのミナミヌマエビにしてみました。

照明が、温白色の蛍光灯で分かり難いですが、
ちょっと緑色がかった体色がチャームポイントの、

「二代目エビの介」

です。



こうやって写真に撮って拡大してみると、

小さいながらも、
なかなか立派な体と模様ですね。




パソコン脇の小さなデスクトップ水槽を、
覗き込む楽しみが、復活しました。


長生きしてくれるといいなぁ。




■#001・#002
Nikon COOLPIX P300
詳細省略

ブログランキングならblogram
関連記事

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2014/08/08(金) 13:31:04|
  2. 【9cmオーバーフロー水槽】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
次のページ

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください