新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

表彰台

20170531-01.jpg
#001



引き続き、名鉄岐阜600V線保存車の記事。

美濃町駅に保存されている、

モ510形、モ600形の2両。


谷汲駅同様、美濃町駅も、文化財指定されている駅舎を含め、

駅が丸々保存されているので、

部分を切り取ると、今も現役… そんな情景。


ただ、電車線区間ながら、架線は撤去されているので、

2両とも、空に虚しくパンタグラフが上がっている。


架線がないと、本当に間抜けで、

なんとかを入れないコーヒー状態(古い)。

それだけは残念だ。



話は変わって、

この美濃町駅は、2両の電車の、いわば表彰台でもある。


鉄道趣味人の、日本を代表する集まりである、鉄道友の会から、

モ510形は、1987年にエバーグリーン賞を、

モ600形は、1971年にローレル賞を受賞した。


それぞれの賞が、どんな意味あいかは、検索して頂くとして、

そんな2両が並んで、美濃町駅に据えられ、保存されている。



同一地区の、似たような用途の電車が表彰される…


忘れ去られようとしているけれども、

昭和の終盤から、21世紀にかけて、

趣味人からの注目度が高かった路線と車両達だった。



■#001
SONY Cyber-shot RX100
詳細省略

ブログランキングならblogram

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/31(水) 02:13:42|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黎明期

20170530-01.jpg
#001


前記事で紹介した、

モ512号の運転台。



ブレーキにコントローラー、そして圧力計とシンプルそのもの。

速度計も無い。


コントローラーは、写真を縮小するとわからないけれども、

上面にウェスチングハウスの刻印。


この電車は、元々は直接制御で、

初期の日本の電車ではおなじみの、

デッカー系の英国製のコントローラーを装備していたようだけれども、

揖斐線で連結運転をするために、

この、WH製の間接非自動進段の制御器に取り替えた。


つまり名鉄の区分で言うところの、HL車の仲間。



ウエスチングハウスは、

今話題の東芝の債務超過?の原因である、

あの原発子会社のご先祖。


当時はアメリカでも有力な機械メーカーで、

鉄道関係では、電気機器とブレーキ関係でメジャーな会社だ。



今現在、新幹線を筆頭に、日本の鉄道技術は、

世界に誇れるレベルなのだけれども、

今から100年も前には、

海外から技術を移入しなければ、

電車の一台も動かない…



短い間隔で次々にやって来る都市の電車、そして新幹線、

そんな華やかなものの裏には、

すぐそこに、こんな時代があった、



古い古い電車を見ながら、

そんなことを噛みしめる。



■#001
SONY Cyber-shot RX100
詳細省略

ブログランキングならblogram

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/30(火) 15:43:45|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

趣味は楽し

20170529-01.jpg
#001

前回記事のパチリは、

谷汲駅に保存されているモ514号だったけれども、

同じ510形ながら、

こちらは美濃町駅に保存されているモ512号。



後付っぽい扉上のドアエンジンカバーとか、

運転台窓上の各種スイッチなどなど、

ゴテゴテ感満載で、

70年以上にわたり現役だった電車の歴史を感じる。


運転台の仕切りと天井の梁の接続部の補強の金具とか、

天井の梁の木工品の造作など、

明治以来の木造車の色香濃く、

大正生まれの初期の半鋼製電車として、興味深い。


512号の表記がある天井の横梁の造作を、写真で見返していて、

「あれ、もしかして、元々は二重屋根?」と思って、

慌てて色々調べてみるものの、

落成時の写真も見つかず、

そんなことを調べられるほかの資料も見つからず、

もう一度写真を見返して、


これは微妙な段差で、普通の丸屋根にも見えるので、

不問に付すかとも思ってみたり。


でも、あきらかに、縦梁2本の間の天井は、

微妙に両肩の天井よりも高さがありそうで、

余計なことを気にしなければ良かったと、

後悔するしかない状況なのでした(苦笑)。



安楽マニア。あ~、趣味は楽しい(笑)。


■#001
SONY Cyber-shot RX100
詳細省略

ブログランキングならblogram

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/29(月) 08:59:51|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

510

20170528-01.jpg
#001


鉄道趣味人に、

「510で連想するのは?」と問えば、

多くの趣味人は、この電車を思い浮かべるのではないか。


モ510形。

この古典的な電車の形式。


大正生まれの電車が、ほぼ原型のまま21世紀まで現役で、

その上、それが零細な地方私鉄でもなく、

大手私鉄の名鉄の電車だった…


これだけで、趣味人の記憶に残るには十分だったと思う。



ただ、では「名車」であったかどうかは、少し怪しい。



戦前の、日本の電車の黎明期から、数々の名車はあった。

新京阪のP-6、阪和のモヨ100などは、

誰しもが認めるところだろう。


それらに比べて、モ510形は、

美濃の片隅に生まれた、当時としてはごくごく普通の電車であり、

仕様その他に、特別な新機軸など微塵もない。


ごく普通の電車なのだ。


ただ、形態的には、

5枚窓の曲面の前面に、楕円形の戸袋窓、

そんなところがチャームポイント。




名車ではないけれども、

この小型で好ましい姿の丸窓電車が、

広く親しまれていたのだけは間違いない。



■#001
Nikon D750+TAMRON 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
詳細省略

ブログランキングならblogram

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/28(日) 02:29:49|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

保存の仕方

20170527-01.jpg
#001


引き続き、名鉄の保存車の記事つづき。

谷汲線の終点、谷汲駅は、

駅が丸々保存施設となっている。


よく、公園の一角にポツンと保存車両が置かれていることがあるけれども、

それと比べると、

現役時代の雰囲気をより残していて、好ましい。


木造の上屋が残る、終着駅らしい頭端式ホームに、

据えられた状態の良い保存車両。


部分を切り取れば、

まるで、いまだ現役の路線だ。


■#001
Nikon D750+TAMRON 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/27(土) 01:36:04|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

面構え

20170526-01.jpg
#001

前回記事で紹介した、モ755の表情。

21世紀まで現役だった名鉄の電車なので、

赤一色に塗られているのだけれども、

これは、昔ながらのグリーンが絶対にいい。



昭和初期生まれの古豪には、

どこぞの爺さんが、どこぞの女性に向けて発した、

「大年増の厚化粧」

まさにそんな色に見える。


前記事で、番号の表記が名鉄独特の書体だと記したけれども、

この独特の形状の、外付けの標識灯も、

いかにも名鉄電車といった感じ。


書体と標識灯で思い出したけれども、

これは西の南海電鉄も同じだ。


黎明期の日本の電車、特に都市間電車は、

アメリカのインターアーバンから技術もろとも移入した、

そう言っていいと思うけれども、

名鉄や南海の書体は、

まさに、アメリカの香り。


古豪の面構えを見ながら、

まだ日本が、海外の技術に頼っていた時代の香りを感じる。


■#001
Nikon D750+TAMRON 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/26(金) 03:18:19|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新緑の頃04

20170525-01.jpg
#001


長良川、樽見と岐阜県北西部の非電化私鉄めぐりをして、

あわせて是非見に行きたかったのが、

名鉄の岐阜市内線に東西で接続していた、

名鉄の600V線である、揖斐・谷汲線と美濃町線の保存車両達。



ついこの間まで走っていたような気がするけれども、

600V線区は2005年に廃止されたので、もうかれこれ10年以上経っているとは、

年月の過ぎ去るのは、本当に早い。


これから何回か、それらの保存車達のパチリを記事にする予定。


初回は、谷汲の駅に保存されている、モ755号。

昭和初期のリベットの目立つ無骨な古豪。

名鉄独特の書体の番号表記が、いい味だしてる。


2001年の谷汲線廃線まで70年超残った理由が、

末端線区の極端な電圧降下に耐えられるのが、

これら直流電動機装備の古豪だったってのが、

大手私鉄名鉄にしては情けない理由だけれども、


それだけ、名鉄も、投資をしなかったってことで、

そのおかげで、21世紀になっても、

このモ750形や、丸窓電車のモ510形のような、古典的な電車が見られたんだから、

利用していた人には申し訳ないけれども、

趣味人としては、おおいに楽しめた訳で、

魅力的な路線でありました。



引退から15年以上、生まれてから90年近く経過したけれども、

経年のわりに程度の良い外板に映る新緑を、

パチリ。




■#001
Nikon D750+TAMRON 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/25(木) 04:50:08|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新緑の頃03

20170524-01.jpg
#001

前回記事の橋梁の、

おとなりの橋梁を行く、樽見のキハ。


前回記事からパチリする立ち位置が、数十メートル離れていて、

同じ列車でいっぺんにパチリするのは、普通は難しいけれども、


橋梁で徐行する観光運転のおかげで、

ダッシュすれば、列車より早く、パチリする場所でスタンバイ。


観光サービスのおかげで、

一つの列車で、効率よくパチリできるのでありました。


こちらは、新緑に藤の紫がよいアクセント。

日本的な自然の配色ですね。



■#001
Nikon D750+TAMRON 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/05/24(水) 14:07:23|
  2. 【鉄道情景】樽見鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください