新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

続・顛末

20170615-02.jpg
#001


前回記事の続き。


センサーサイズが1インチのカメラの良し悪しは、

SONYのRX100を使って、それなりに理解しているつもり。


現在、135判、APS-C判、1インチ、1/1.7インチセンサーのカメラを、

用途に応じて使っている。

(今回のNikon1の導入で、APS-Cは不要と思っている)


で、思うところというのは、


「1ランク上のサイズのフォーマットに、安価でおいしいレンズがある…」


ということ。


これは過去に、APS-Cのカメラに、135判用の、タムロンの70-300(A005)を使って思った。


お高いレンズがよく写るのは当たり前。

では、安価なレンズは、どうするか…

最近のレンズは、よっぽど安価なレンズ以外は、

まぁ、それなりに写る。

どこが違うかといえば、大抵、画面周辺部の画質。


そりゃ、そうだろう。

コスト削減で、お高いレンズよりも画質が劣る場合、

画面全体の画質を下げるよりも、

周辺の画質を下げる方が、ウケはいいはず。

自分が社長ならそう考えるし、誰でもそう考えると思う。



だから、最近の、そこそこ写るレンズでも、

ワンランク小さなフォーマットのカメラで使うと、

レンズのイメージサークルの中心部分、

画質の良いところを使うことになり、結構画質がいい。


さらに、

写真がデジタル化して、

シャープネスやコントラストや彩度は、

あとから良くすることは簡単になった。


こういう作業をするには、

画面の画質が全面均質な方が都合がいい。



絶対的な画質は、そりゃ高級なレンズには敵わないけれども、

最終的に、レンズの相対的価格差以上の画が得られるのだ。



わかりやすい例を、評価サイトであるDxoMARKから画像をお借りする。
(画だけリンクがうまく出来ないので、お借りします)

安価で明るい標準ズームの代表であろう、

Sigma 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

のAPS-C画面シャープネスデータ。

各焦点距離で、開放f2.8の時。

黄色から、緑色ほどシャープで、赤色ほどシャープでなくなる。



■17mm
MTF_ACUTANCE_17mm_f2_8.png

■28mm
MTF_ACUTANCE_28mm_f2_8.png

■35mm
MTF_ACUTANCE_35mm_f2_8.png

■50mm
MTF_ACUTANCE_50mm_f2_8.png



最近、自分がよくパチリする鉄道情景の分野では、

プロフォトグラファーの中井精也氏の影響で、

デンシャを画面の隅っこに配置する構図が流行っていたりするけれども、

こんな時は、使用レンズの周辺画質が気になったりする。


また、自分は、風景の中の鉄道で、引き気味にパチリすることが多く、

こんな時は、

カリカリの解像力があるに越したことは無いけれども、

ある程度の解像力でも画面全体が均質な方が、ありがたかったりする。



高性能、高価格のレンズを使えるに越したことはないけれども、

予備のカメラにもなるし、テレコンを使うよりも得ることが多そうだった。

カメラとコンバーター、3万円でお釣りが来るし、貧乏人のささやかな節約なのだ。



そうそう、冒頭のパチリは、

V1にマウントコンバーターのFT-1を介して、

APS-C用、VRII型の18-55mm標準ズーム。


モーター内蔵レンズとしては、細身で小型軽量、写りもいい。

コンバータを介しても、全然違和感のないサイズ。


画角は2.7倍で、おおよそ50~150mm相当の3倍ズームになって、

結構、鉄道写真では、使い勝手もいい。

AFも、スポーツとか、激しい動きモノはわからないけれども、

自分の撮影領域では、まったく不満のない速さ。


安価、小型軽量、写りもよし。

3拍子揃って、早速お気に入り。


そうだ、VRがよく効くのも付け加えなきゃ。


ボケないとか、画の余裕とか… 難癖つければキリがないけれども、

そもそも、そんな時は素直に135判センサーのカメラを使うまでだからね。


■#001
Nikon COOLPIX P7700
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

関連記事

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/16(金) 09:05:43|
  2. 【カメラ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください