FC2ブログ

新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

飽きない秋

20180930-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


鉄道情景をパチリしていると、

「季節感」とかを気にしたりすることもあり、

収穫の秋、黄金色の稲穂とかが目の前に広がれば、

それを添えてパチリなんて、


人生、これまで何回パチリしてきたことか… (チコちゃん風に)


よく見れば線路際にはススキもあったりして、それでもいいかもとか思ったりするけれども、

でも、そんなのばっかりじゃ、いささか飽きがきている…

そんな風にも思う訳で、



で、黄金色の絨毯を目前に線路際をウロウロしていたら、

ねこじゃらしの群生が逆光に輝いて綺麗…

なのを見つけて、パチリ。


ねこじゃらしも、群生で輝くと綺麗なもんだ。


以上、まだまだ飽きない秋のパチリでした。



■#001
Nikon D750+TAMRON 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
詳細省略

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/09/30(日) 21:56:42|
  2. 【鉄道情景】えちごトキめき鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今だ現役

20180929-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


井上勝のお墓のお話を記していて、

日本の鉄道の黎明期に思いを馳せた時、

そういえば蔵入りしていたパチリがあったと思い出して…  それが今回のお話。



冒頭の古びたトンネル。

名前は戸草トンネル。

竣工したのは明治20年の鉄道トンネル。

寸法や造りは、初代逢坂山トンネルとまったく同じ。


日本の鉄道の歴史に詳しければ、

明治20年竣工の鉄道トンネルの、その古さの価値はお気づきになるかとは思うけれども、

これがどこにあるかと言えば、

長野県の北部、信越国境に程近い、

旧国鉄信越線、現在のしなの鉄道の古間駅に程近いところ。


そんな場所に、ひっそりと佇む。


こんな場所に、こんなに古いトンネルがある訳は、

まぁ簡単に言えば、

東京と京都大阪を結ぶ鉄道は、当初は中山道沿いに作る計画で、

その資材を直江津から運ぶために、

直江津から信州を結ぶ鉄道を作りはじめた…


そうしたら、途中から計画が中仙道沿いから東海道沿いに変更になったのだけれども、

作りかけだったのはもったいないので、そのまま作りました…

そんなところ。


そんな訳で、東海道線が全通するよりも古く、このトンネルは生まれた。



この、明治の黎明期の、東海道線の歴史にも係わっていたのが、

前回までお墓を話題にしていた井上勝。

このトンネルも氏の業績に無関係ではないのだ。




ところでこのトンネル、現代でも現役。


信越線のトンネルとしてずーっと使われてきて、

さすがに旧逢坂山トンネルと同じ断面では、電化で使い物にならず、

その時に、すぐ横に新しいトンネルを掘ってお役御免。

(そんな訳で写真のすぐ左を、現在のしなの鉄道が走っています)


その後は取り壊されずに、戸草の集落を結ぶ町道として使われてる。



現在でも殆ど原型のままで、

内部は下半分が石組み、上半分がレンガ積みの構造などなど、

旧逢坂山のトンネルが殆ど埋まっちゃってることを思うと、

なかなかに貴重なものではないでしょうか。




■#001
詳細省略

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/09/29(土) 04:35:42|
  2. 【鉄道情景】JR信越線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リスペクト4

20180926-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


間隔があいちゃいましたが、井上勝のお墓、4記事目。
このシリーズは、これにて最終。


お墓の一画には、鉄道記念物の碑が建ってます。


鉄道に関する記念物という括りで「お墓」というのも新鮮ですね。

お墓の鉄道記念物はこの他に、もう一人の日本の鉄道の父、

エドモンド モレルのお墓が指定されているとのこと(実物まだ見たことないので…)。



日英二人の、鉄道の父のお墓が指定されているのも、
選定になかなか粋な感じがします。


そもそも旧国鉄時代に選定されていた鉄道記念物。


国鉄がJRに分割民営化されてしまって、国鉄・私鉄の区別が無くなって、
なにか微妙な位置づけですね。

最近は、産業遺産といった視点での指定が多い業界ですし、

そろそろ管理者をどうするのかも含めて、
整理が必要な気がします。


■#001
Nikon Nikon1 V1+1NIKKOR 10mm F2.8
詳細省略

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/09/26(水) 16:08:36|
  2. 【鉄道情景】JR新幹線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

リスペクト3

20180916-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


井上勝のお墓、続きです。

お墓の後ろ側にまわってきました。

裏側には没年月日が3つほど。

年月日からは、井上勝と奥様、そして勝より早く没した長男の3人のようです。


他のお墓とは、このお墓だけ向きが違いますね。


品川駅の方ですが、これは、地図で眺めると、

鉄道発祥の地、旧新橋駅があった汐留の方向とも解釈できます。


前回記事では、

鉄道を見守るこの地に本人希望で…が本当かどうか…

なんて内容を記しましたが、


明らかに一つだけ向きが違うお墓なのは、

そんな理由があるからと解釈も出来ますね。


真偽のほどは自分には判断できないですが、

そう紹介されているのですから、そうなんでしょう。



そんな、明治の偉人のお墓の横を、

沢山の人を乗せた長大な新幹線がひっきりなしに通る…



思いを馳せる日本の鉄道の歴史でした。



■#001
Nikon Nikon1 V1+1NIKKOR 10mm F2.8
詳細省略



関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/09/16(日) 03:37:56|
  2. 【鉄道情景】JR新幹線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

リスペクト2

20180914-01.jpg
#001  ※画像クリックで確認できます


前回からの続きです。

門前から、二股の際奥部にあるお墓までやってきました。


こちらのお墓、井上勝のお墓です。


日本の鉄道の父。


新橋~横浜の、日本最初の鉄道開通から、

初期の官設鉄道、そして日本鉄道の敷設などなど、

明治20年代頃までの黎明期の日本の鉄道の敷設に活躍。

外国頼みの鉄道敷設技術を自前の技術とした立役者。


退官後は、

機関車製造も国産とすべく、あの汽車会社をたちあげた…


そんな偉大なお方です。


詳しくはwikiなぞにお任せですが、

現代の新幹線に連なる、日本の鉄道の、歴史の最初を飾った人物です。



冒頭のパチリは、その井上家の墓所で、

勝の墓碑は、奥の二基の灯篭に挟まれたのが、それです。



場所は、現在は新幹線が、横を走り、その向こう、平行して横須賀線と山手線、

反対側は東海道線が走るという…


鉄道の父にふさわしい場所。


説明書きには、

勝、本人が、鉄道を見守れるこの場所に眠ることを希望して…

と記されていますが、


そもそもは、父親の為にこの場所にお墓を設けたとのことなので、

なにか、理由付けは、後付けっぽい匂いも…



まぁ、理由はどうあれ、

日本の鉄道の父が眠る場所としては相応しい場所ですね。


鉄道趣味人の端くれとして、

ご挨拶をして参りました。



■#001
Nikon Nikon1 V1+1NIKKOR 10mm F2.8
詳細省略


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/09/14(金) 14:34:16|
  2. 【鉄道情景】JR新幹線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

リスペクト

20180913-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


昨日は、お散歩がてら、品川区にある東海寺というお寺に行ってきました。

このお寺、沢庵和尚と関係が深いようで、そのお墓もあり、

他にも有名な人物のお墓もあるのですが、



私のような鉄道趣味人ならば、一度は行かなければならない…

そんな日本の鉄道に関係の深い、

リスペクトされる人物のお墓もありまして、

見聞を深めるべく、行ってきた次第。


場所は、品川駅の南方、

ちょうど東海道線と山手線・横須賀線・新幹線が二手に分かれるところ、

それらに挟まれた二股の股のところ。

鉄ちゃんには、この上なく楽しい場所でした。


入口は山手通り沿いで、多くの方は、京急の新馬場の駅から歩いてくるようですが、

代官山の自宅からは、中目黒からバス一本で最寄まで行けるので、

なんだ便利じゃないの…

ということで、お気楽にお散歩することに。


冒頭のパチリは、そんな東海寺の門前でのパチリ。


東海道・京浜東北の電車が、バンバン走ってます。




さてさて、色々書いていたら話が長くなったので、続きは次回以降で…



■#001
Nikon Nikon1 V1+1NIKKOR 10mm F2.8
詳細省略

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/09/13(木) 03:32:41|
  2. 【鉄道情景】JR東海道線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生存報告

20180910-01.jpg
#001  ※画像クリックで拡大できます


気づけば9月も中旬。

ブログの更新も、すっかり長い夏休みを取ってしまいまして、
久しぶりです(苦笑)。

そんな訳で(どんな訳)、生存報告。


特に変わったことはありませんが、

あえて記せば、もう一つの趣味、ボウリングに力を入れているところ。


心臓をやってから、高負荷の運動は出来ませんが、

運動不足を緩和するのに足しになれば… です。


写真の方は、

なにやら世間は、「ミラーレス」でえらく騒々しいみたいですが、

個人的には、レンズを新しく1本買ったぐらい。


冒頭のパチリは、その試し撮りでの1枚。

この場所では、適当に、今まで沢山パチリをしてきましたが、

列車のライトにボワッと丸くフレアが出るのが、

今まではあまりない感じで、かわいいです(表現がヘン…)。


レンズについては、次回とかで…


とりあえず生存報告でした。



■#001
Nikon Nikon1 V1+1NIKKOR 18.5mm F1.8
詳細省略


関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/09/10(月) 16:42:01|
  2. 【鉄道情景】東急電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください