新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

9cm超小型水槽を改良する

20140726-01.jpg
#001


その後の9cm超小型オーバーフロー水槽。

早速、改良をしてみました。


前回記事でも書いたのですが、

熱問題で問題視している、
下部濾過槽の密閉状態の改善。


色々と策を頭の中で巡らせつつ、
いざ、100円ショップへ。

なにか使えそうな資材がないか物色してまいりました。





で、買って帰ってきたのは、T型カードスタンド1点、108円也。

ファミレスなどの、飲食店のテーブル上によく置いてある、
デザートとか、会員募集とか、

そんなものが入っている、アクリルのカード立て(A6サイズ)です。

※不明の方は、「T型カードスタンド」で検索すればすぐに…



家に帰って早速工作開始…
といっても、今回は簡単な工作です。

穴を2個開けて、
上を横に切ってしまえば、

L字型のアクリル板が2枚出来上がり。


それを写真のように、Lの足を内側に入れるように、
濾過槽の下にセットして、

穴にわたした2本の棒の上に、上部の水槽をのっければ出来上がり。


ちなみに、家に適当な棒がなかったので、
とりあえず、台所にあった料理用の串を使ってみました。

そのうち、ちゃんと金属製のスペーサーボルトでも買ってきて、
ちゃんとするつもりですが、
まあ、これでも、なんとかなっちゃてます。



出来上がってみれば、

写真の通り、上部水槽と下部濾過槽の間に隙間が出来て、
通気できるようになり、

以前は濾過槽の上部が、常に曇っていたのが、
すっきりクリアー。

通気は、良好のようです。


これで、濾過槽の密閉状態は改善されたので、
多少は、水温の上昇が抑えられるかと…

ただし、引き換えに、水の蒸発は激しくなる見込み。




なお、今回の工作で、副次的に得られた利点なんですが、

この状態で、そのまま下部濾過槽を、
後側に引き出すことが出来るようになったので、

メンテナンス性が劇的に向上しました。

運転したままでも大丈夫。

水中ポンプからの吐出パイプに、
柔軟なエアチューブを使っていることが、
活きてきました。




水槽は、住人不在になった後も、
継続して、ポンプは回しています。

2代目エビの介を迎えられるよう、
しばらく様子見と改良を繰り返していきます。

レッツ、メイク&トライ!



■#001
Nikon COOLPIX P300
詳細省略

ブログランキングならblogram
関連記事

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2014/07/26(土) 01:14:38|
  2. 【9cmオーバーフロー水槽】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サギソウ | ホーム | エビの介死す>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gennai2.blog75.fc2.com/tb.php/1293-18cf0480
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください