新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

9cm超小型水槽便り

20140818-01.jpg
#001


その後の、
9cm超小型オーバーフロー水槽。

幸いに、二代目エビの介は元気にしています。

写真ではわかりにくいですが、
中央と右側のウィローモスの間で、お食事中。



これまでとの変化と言えば、

他の水槽から、水草の余りを持ってきて、
適当に挿しているので、

ちょっと水草が増えました。



通常の記録的なことを書けば、
大体いつも水温は28度、pHは7.5ってところです。

少しアルカリ気味ですが、

当地の水道水は、
蛇口から出したばかりでpH7.5ぐらいで、
ちょっとほおっておいて、二酸化炭素などが抜けた後だと、
pHが8.0ぐらいになりますので、

まぁ、ソイルなどを使わずに、
二酸化炭素なぞを添加せずに、
普通に管理していれば、

経験上、だいたいこんなもん…

なので、

好ましくは思わないけれども、気にしない方向で。




一番気にしている水温は、
同じ室内の他の水槽よりも、大体2~3度高め…

多分、水中モーターと蛍光灯の照明が熱源で、
(他の水槽は、すべての照明をLED化してしまったので…)

そしてなにより、温度計の誤差!で、
(だって、誤差プラマイ2度とかの温度計だし…)

いつも大体そんなところかなぁ…と安定しています。




まぁ、落ち着いたのと引き換えに、
水の蒸発が激しいですけれども、
(大体2日で1cmほど濾過槽の水位が低下)

それも超小型水槽ですので、
水量で言えば100ccにもならない程度ですね。




現状、生体も元気のようなので、
そろそろ生体の増加も考えてみたり…

旧ボララス系の小さなコイ科の魚なら、
(ブリジッタエとかウロフタルモイデスとかが頭に浮かんでます)
飼えそうだなと思ったりするのですが、

そうなると、
冬の加温の問題をどうするかクリヤーしないと…とか、

(加温する方法もだけれども、水の蒸発量が、さらに半端ないように予想されるしね…)


悩むと言うか、
考える楽しみは尽きません。


アクアリウム道楽を楽しませてもらっている、
超小型水槽なのでした。



■#001
Nikon COOLPIX P300
詳細省略

blogramで人気ブログを分析





関連記事

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2014/08/18(月) 20:01:01|
  2. 【9cmオーバーフロー水槽】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<伸びる | ホーム | ビーサン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gennai2.blog75.fc2.com/tb.php/1304-6e9a0bdb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください