新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

与田浦情景 その2

20141031-01.jpg
#001


水郷地帯をゆく鹿島線だけれども、

中でも途中の十二橋駅は、水郷地帯のど真ん中。

与田浦の水辺にも近くて、、

平地の唯一の高層物である高架の駅からは、
周囲の水郷地帯が一望できる、素晴らしいビューポイント。



そんな十二橋駅を眺める与田浦の岸辺は、

本当に静か。

特に夜は、全く人気がないので、

突如、漆黒の夜にやって来た人間は、
全くのお邪魔者。


暗がりで、
三脚にカメラを構えて立っていれば、

水鳥たちは、多分、毎日のルーティンなんだろうけど、

人間がいることなんて想像もしていないとばかりに、

至近距離まで大きな羽を広げて飛んできて、


着地してしばし、


「おわぁ、そこに人がいるやん!(なぜか関西弁)」


とばかりに、あわてて飛び立つ…





それが2羽、3羽じゃおさまらないから、

最初は、おしよせる羽を広げると1mはあるんじゃない…と言った水鳥達が、
ちょっと怖かったけれども、

しばらくしたら、気がつかずに至近距離に着地して、慌てて逃げる彼らが、

なんか愉快だった。


水鳥だけではなくて、

1時間に1本のデンシャを待つ間、

横に止めた車で待っていると、

闇に、なにかの気配…



車内から外を見ると、

月明かりに、狸かアライグマ…


しきりに当方のクルマのまわりをウロウロ…、

どうやら、ルーティンでは存在しないものなので、
気になるみたい。

こちらも、中に人がいるなんて想像もしていない様子で、至近距離…





ここでは、本当に、ホモサピエンスはお邪魔者なのだった。




動物達に、

「おじゃましてゴメンよ」

って言いながら、

十二橋の駅にやってきた電車をパチリ。



■#001
Nikon D5200+AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G
ISO400 70mm f5.6 5sec RAW

ブログランキングならblogram
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/10/31(金) 05:24:53|
  2. 【鉄道情景】JR鹿島線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<与田浦情景 その3 | ホーム | 与田浦情景 その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gennai2.blog75.fc2.com/tb.php/1343-c01df32d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください