新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

乗りものニュース2

20151016-01.jpg
#001


阿武急の記事を続けているところだけれども、

本日は、ちょいと割り込みで別のネタ。



以前、この記事で、

乗りものニュースというサイトに、
苦言を呈したのだけれども、

記事に書いたような、そんな訳で、
あれ以来、このサイトの閲覧頻度は激減していた。

それが、昨日、久しぶりにのぞいてみて、
まとめて各種の記事を読んでいて、

またまた、ちょいと思うところあって、本日の記事。




今回、ひっかかったのは、この記事なのだけれども、

これ、正しいと言えば正しいのだが、

間違っているといえば、間違っている。



記事の主旨は、そのまま引用すれば、

”1899(明治32)年の8月27日。東武鉄道初の路線が開業しました。現在の伊勢崎線(東武スカイツリーライン)で、東京都の北千住駅と埼玉県の久喜駅とのあいだ、40.6kmの区間”

この部分だろう。


この記述、事実としては、間違っていない。

1899年当時の東武鉄道として、最初に開業した区間は、
記載の通り。

じゃあ、これはどうだろう。

「現在の東武鉄道で、もっとも古く、歴史のある線区は、伊勢崎線の北千住~久喜の区間である。」

記事のように、現在の東武鉄道の写真をわざわざ添えて書かれていれば、
余計に…と思うけれども、

冒頭の記述と同義と思われるかもしれないが、
これは、間違いである。



なぜこんなことになるかと言えば、

ある程度の路線規模がある大きな私鉄は、

その歴史の中で、他社線区との合併・吸収、

そして終戦後、通称「大東急」が京浜急行や京王帝都を分離したり、
最近では、不採算路線の分社化などなど、

合従連衡の歴史があるから。



そんな訳で、大きな鉄道会社の歴史をみるときは、

時間軸に沿った図表を描かないとわかりにくい。


その歴史が、非常に分かりにくい名鉄について、
ちょうど、wikiに、いい見本があるんだけれども、

こんな感じである。


名鉄の歴史を、超大雑把にいえば、

名古屋を中心とした、名岐と愛電が合併して成立した

となるのだけれども、


上記の図表を眺めてみれば、

途中で合併した鉄道にも歴史の古い路線があることがわかる。


この図表では、会社の設立日基準で書かれているので、

「開業」に焦点をあてると、どこが先かわかりにくいけれども、


図表をもとに調べてみると、

名古屋電気鉄道よりも、吸収された豊川鉄道の方が、

どうやら少し開業が早いようだ。




東武鉄道についても同様のことが言えて、

途中で吸収された現在の佐野線、
合併時は佐野鉄道であるが、

こちらの方が、伊勢崎線よりも早く開業している。



そんな訳で、「東武鉄道初の路線」という表記では、
意味のとりようで、正とも誤ともなる。



今回のこの記事で、筆者が一番欠けていたのは、

「大きな鉄道会社は、合従連衡の歴史がある」

という視点だろう。



これらの知識があれば、

こんな誤解をまねきやすい記述の記事にはならず、

もう少し、注釈のきいた記述になったのではなかろうか。





一言で「鉄道」といっても、

それをアカデミックな対象とすると、

そこには膨大な、山のような情報量があって、

極狭い分野だけでも、十分、一生研究する対象になるようなものだ。



自分も含めてだけれども、

生半可な知識で、断定的なことを書くと、火傷する事も肝に銘じないと…。





さてさて最後に、

冒頭のパチリは、この記事で出てきた、
山形交通高畠線のモハ1、

そのモハ1に装着されていた自動連結器のアップ。


モハ1自体は1929年生まれみたいだけれども、

その連結器も、

よく見ると、ナックル部分に

”SHARON”

の陽刻がある。



そうシャロン式自動連結器ということで、

当時にアメリカから輸入した骨董品のようだ。



現存する輸入物の自動連結器も、きっと少なくなって、

今では博物館とか、こちらみたいな保存車両でないとお目にかかる機会はないかも…だけれども、

地方鉄道の古い電車に、シャロンがついてたりするのを、

見つけると、
なんとなく味わい深かったり…。


■#001
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2015/10/16(金) 05:08:07|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<くだもの王国 2 | ホーム | 阿武隈川>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gennai2.blog75.fc2.com/tb.php/1462-49475a9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください