新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

ヌシ

20160723-01.jpg
#001


白黒のカラー化サイトを利用した、

お手軽色付けパチリ、2記事目。



前回、身延線の西富士宮のスナップだったので、

「身延線らしい」をキーワードにチョイスしてみた、

懐かしいパチリ。



どこが身延線らしいか… って、

そりゃ、写っているデンシャが、

身延線のヌシ、クモハユニ44だから。




関西の私鉄が、

やたら立派で俊足のデンシャを次々登場させて、

それに鉄道省として対抗すべく登場した42系の一族なのに、

なぜか、合造車のモハユニ44だけは、

関東は横須賀線に配置。


かの大戦では、

仲間の1両が戦災で廃車。


残りは、混乱を生き延びて、

戦後は、関西の本家筋の仲間の一部も横須賀線にやってきて、

同族の出会いを果たすも、

その後は都落ちして、

分かれて地方のローカル線へ。


最後は全車が身延線に集結して、

身延線でしか見られない、

身延のヌシだった。


そんなデンシャ。


戦前製の旧型国電の魅力のひとつは、

一両一両に、様々な歴史があって、

特に、さきの大戦を乗り越えて、

様々な線区を走ってきた、


そこに、紆余曲折が大概あって、

苦難の人生さながら…


そんな歴史を抱えている… そんなところ。




そういえば、話は変わるけれども、

国鉄の客車や気動車には、

戦後も郵便・荷物と旅客の合造車は新製されたけれども、

電車は戦後の合造車の新製は全然ないような。


改造でもクモハユ74ぐらいしか思い浮かばないけれども、

それも、実際に「合造車」としては使われず、


結局、国鉄の電車で、戦後は、

実質、郵便・荷物合造車は作られなかった。


そんな訳で、

国鉄の路線を走る、

郵便・荷物合造電車として、

クモハユニ44のような、戦前製の合造車には、

形態的な面白さがあった。



郵便・荷物の鉄道輸送が終焉した現在とは、

隔世の感が強い。

遠い目…




■#001
詳細省略

ブログランキングならblogram

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/07/23(土) 12:23:37|
  2. 【鉄道情景】懐かしシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<朧月 | ホーム | ワインディングロード>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gennai2.blog75.fc2.com/tb.php/1592-4e294363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください