新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

三番瀬

20161107-01.jpg
#001


東京湾の奥に残る、貴重な干潟として、

有名になった三番瀬。



実際は、船橋、市川、浦安の埋立地に囲まれ、

それぞれ都市化の進んだ都市だから、

よくぞ、こんな所に干潟が残ってるよな…

と思える場所。


環境保護の機運が高まらなければ、

本来は、あえなく埋め立てられていたであろう。


ただ、湾奥の「貴重な干潟」ではあるけれども、

実際は、地盤沈下や、海砂の掘削など、もろもろの事情で、

干潟として陸地が顔を出すところは、

ほんの僅かでしかなかったりする。


土砂の流入も、

近辺の埋め立てなどにより、限られた量になってしまい、

将来的に、干潟を維持するにも、問題は多いらしい。



とまぁ、東京湾奥の貴重な干潟も、

保全するには問題山積なのだが、

そうはいっても、

生物の棲息には、非常に貴重な場所なのには、現状かわりはなし。




自分の子供時分には、

京成電車に乗れば、谷津遊園から先、千葉方面は、線路が東京湾岸だったことを、

最近の若い世代に話しても、およそ信じてもらえない。



親父に連れられて、船橋の干潟で、

ハゼやカレイの子供を手づかみして遊んだのも、懐かしい記憶。


それくらい、京葉地区の東京湾岸は、広大な干潟が埋め立てられた。




湾奥最後の干潟「三番瀬」、

都市に囲まれた空間。

その片隅を、京葉線の列車も、通り過ぎる。



煌めくマンション群の向こうには、かの有名な、

「夢の国」も控えている。



なんとも不思議な気分にさせられる空間。



■#001
Nikon D750+AF-S VR Nikkor 70-200mm F2.8G
詳細省略

※このサイズに縮小しちゃうと、列車が、全くわからず…ですな。あしからず。

ブログランキングならblogram




関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/07(月) 01:00:15|
  2. 【鉄道情景】JR京葉線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シルエット・チャレンジ | ホーム | 秋光2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gennai2.blog75.fc2.com/tb.php/1647-192dffaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください