新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

上下分離

20170111-01.jpg
#001


前記事で記した、富山地鉄市内線の新線区間は、

俗に言うところの上下分離方式で建設された。


線路などの設備は、公共団体などが保有し、

運行を鉄道会社が行う方式。

循環系統が走る都心線は、それ用の車両3編成も富山市保有だ。



これまで、鉄道は、鉄道会社が設備{駅や線路)を保有し、運行もすべて行っていた。

しかし、同じ公共交通機関と呼ばれるバスやタクシー、船舶、航空機などなどは、

どれ一つ、それを動かすために必要な場所を自前で保有することはない。


道路や海、川、空は、基本的に個人・法人の持ち物ではないし、

その維持、保全は、国や公共団体が、税金収入を使って行う。



昭和の中程まで、

鉄道は陸上交通機関の王者であり、

それなりの利益を上げ、自前で設備を保有する力もあった。


しかし、時代が進み、今では、

鉄道を、すべて自前で運行するには、

厳しい地域も多くなっている。


バス、タクシーと道路の関係同様、

鉄道設備を税金で維持する発想も当然と思う。

(維持、保全、改良の費用は不要だし、保有しないということは、固定資産税も賦課されない)


そんな意味で、

鉄道が必要か不必要か…


これまで以上に、熟考、深慮や展望が求められる時代だと思う。



冒頭のパチリは、新線区間都心線の、国際会議場前電停でのパチリ。

新たな電停は、路面電車から21世紀の「ライトレール」への変換点だった。



■#001
SONY Cyber-shot RX100
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/11(水) 01:05:33|
  2. 【鉄道情景】富山地方鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ターミナル | ホーム | 新線>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gennai2.blog75.fc2.com/tb.php/1696-3aa9a294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください