新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

網戸

20170211-01.jpg
#001

引き続き、碓氷峠鉄道文化むらにて。

保存されている10系軽量客車の普通座席車。


低い冬の日が、

軽量客車の特徴である、天地方向に大きな窓から差し込む。


10系座席車で思い出すのは、

一部の車両に『網戸』が装備されていたこと。


鹿児島に住んでいた当時、

急行かいもんや日南の夜行列車によく入っていて、

夏場に、長時間停車中に蚊にやられることもなく、

気に入っていた。


ただし、全金属車らしく、とても明るい車内で、

当時は、夜行では減光していたと思うのだけれども、

半鋼製の車と比べて、寝るぶんには、不利でもあったから、

まぁ双方のトレードで、そのときの気分で選んでもいた。

(軽量客車の乗り心地の悪さは周知の通りで、網戸以外にメリットは少ない)



まぁ、数日前の記事の通りで、

当時は貧乏学生だったから、

鹿児島から、かいもんや日南の夜行に乗るにしても、

急行料金の節約で、

鹿児島線なら八代まで、日豊線なら南延岡まで、

先行する普通列車で行って、急行に乗り換えていたので、

そんな夜の列車では、車内の明るさも関係なく、

夏場の網戸は、意外と重宝した。


これを書いていて今、思い出したけれども、

長大な長距離荷物列車に、たった1両、スハフ42を連結して、

水俣、八代間を深夜2時前の真夜中に走った普通列車。

あれも非常に特異な列車だった。

水俣の企業チッソの、深夜勤務の方のために運行していると聞いた。

運行時間的に、上記の料金節約のためによくお世話になった。



話が脱線したけれども、

残念ながら、保存車には網戸が装備されていなかった。


保存車両を眺めていると、それぞれに昔が思い出される。

列車に網戸なんて、今では隔世… のお話。

…と、森本レオ調で最後を〆たい。



■#001
Nikon D5200+SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM
詳細省略

blogramのブログランキング

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/11(土) 03:37:56|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<早春 | ホーム | 栄枯盛衰>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gennai2.blog75.fc2.com/tb.php/1724-42bd920f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください