新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

ひさしぶり

20170224-01.jpg
#001


巷では、

NASAが39光年先に、水の存在しうる惑星を発見したとか、

そんなニュースを目にするのですが、

ならば、こちらは、

39cm先の、生命体の存在する小宇宙のお話なぞ。




久しぶりにアクアネタ。

その後の、超小型オーバーフロー水槽。


前回の記事は、この記事なので、

1年と数ヶ月ぶりってことですね。



前回記事でリニューアルして、それから基本、なにも変わっていません。

小さな水槽の宿命で、蒸発した分の水の補給は、

冬のこの時期は、空気も乾燥気味で忙しいです。


手前に写る蕎麦猪口とシリンジは、そのための必要装備。


住人は、先日、大きく育ったミナミヌマエビの稚エビ4匹が、本水槽に引っ越して、

お掃除要員として新人デビュー(笑)

かわりに、新しい稚エビ3匹が、エビの水槽から、

将来の本水槽のお掃除要員として研修に(笑)、こちらに引越してきました。


水槽サイズがサイズなので、

通常は、稚エビが大きくなるまでの飼育水槽として活躍してます。


パソコンのモニターの横に置いてあるので、

毎日、よく観察できるのが、楽しいところ。


今回引っ越してきた稚エビ3匹は、

個体識別できるように、意図的にサイズが大中小の3匹にしたので、

初の試みで、3匹それぞれに名前を付けてみようかとか… 思案中。



照明は、パソコンモニタのUSBに、LEDライトを差し込んで使ってます。

USBの口が、モニタをキャリブレーションするセンサー用に、

いい具合にモニタの左上にあるんですよね。


1000円程度の安いものなので、

これで水草がわりのウィローモスが育つかどうか心配でしたが、

パチリの通り、見事に水槽一杯にモフモフになりました。




小さな小さな水槽の近況、以上です。

生物を飼育しながら長期維持を実験していましたが、

稚エビが死ぬこともなく、

現在は、非常に安定しています。


サイズがサイズですから、水換えや掃除なども、お手軽。

設置面積は掌サイズの、デスクトップ超小型水槽、

場所もとらず、楽しめてます。

もちろん癒しも。



■#001
Nikon D750+Ai Micro-Nikkor 105mm F2.8S
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

関連記事

テーマ:熱帯魚 - ジャンル:ペット

  1. 2017/02/24(金) 00:54:59|
  2. 【9cmオーバーフロー水槽】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雪原夕景 | ホーム | 魅力>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gennai2.blog75.fc2.com/tb.php/1734-126f067d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください