新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

伊那谷を往く2

20170319-01.jpg
#001


引き続き、伊那谷にて飯田線のパチリ。

広々とした伊那谷は、また、地理学的な山峡の地形が、

多数見られるところで、

河岸段丘や扇状地は、その代表的なところ。



パチリは、その一つ、与田切川の扇状地を、

飯田線が大きくΩカーブを描いて扇頂部分で渡河するところ。


中央アルプスの山懐には、

このような地形が無数にある。



JR飯田線は、元々は、私鉄4社の寄せ集め、

その路線は、林鉄さながらに、

丹念に地形をトレースし、

上記のような地形に出くわす度に、

急勾配、蛇行を繰り返す。



経費を節約しながらも、鉄路を伸ばす…

先人達の、鉄路への執念、情熱を、

そんなところから感じる。


■#001
Nikon D5200+TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD(Model A005)
詳細省略

ブログランキングならblogram

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/03/19(日) 11:03:36|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ホリデー | ホーム | 伊那谷を往く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gennai2.blog75.fc2.com/tb.php/1750-e8a5309f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください