新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

黎明の証

20170701-01.jpg
#001

前回の記事、絵でも描けば変遷がわかりやすいのだろうけれど、

手先不器用につき、

資料館にあった当時の模型のパチリがあったのでお目にかける。


ガラスケースの中だったので、

照明の反射などがお見苦しい点はご容赦の程を。



前々回記事のパチリは、

ちょうど、冒頭パチリの中央部、白い反射がある付近から、

中央右上の駅舎をパチリしたもの。


駅舎前が植栽で庭園風に綺麗に整備されているけれども、

この模型では、そこは駅前広場で、当時は人力車が並んでいたようだ。


また、当時は、1階と2階の境にさし掛けの屋根がぐるっと回っていたのも、

模型からわかる。


見ての通り、駅舎は線路と直交の方向に建ち、

左下、米原方面に延伸した際に、

新しい駅舎を、左側写真外の所、線路と平行に新築し、

ホームも移動して、この駅舎はお役御免になった。





左上に停泊しているのが、

大津港と結んだ太湖汽船の船。


駅と港は、元々汽船での連絡を企図していたので、

乗り継ぎの便は、すこぶる良い位置関係だ。

今は埋め立てがあって、湖岸は少し遠くなっている。


最初は、第一・第二太湖丸の2隻が就航。

模型もどちらかかと思うけれども、

この2隻は、日本で最初に国内建造された鋼鉄船だ。


また、日本で最初の、鉄道連絡船でもある。




鉄道黎明期に建設された旧長浜駅舎。

その周辺には、「日本最初」とか「日本最古」といった言葉が溢れている。


それは、

鉄道史、いや日本の近代運輸史において、

ほんの一瞬だけれども、

主役級の位置づけにあった証だ。




それが、明治、大正、昭和、平成の時代を経て残っているのが、

本当に奇跡だと思える。



趣味は楽し。



■#001
SONY Cyber-shot RX100
詳細省略

blogramで人気ブログを分析



関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/01(土) 03:05:10|
  2. 【鉄道情景】JR北陸線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<梅雨の合間 | ホーム | 日本最古>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gennai2.blog75.fc2.com/tb.php/1835-4f74dac4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください