FC2ブログ

新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

ついでに

20180720-01.jpg
#001


前回記事で、無頓着なリバイバルカラーに思うことを記したのだけれども、

デザインで「無頓着」だと思っていることがあるので、ついでに勢いで。


冒頭のパチリは、

最近「引退近し」とか話題になる国鉄の電車の顔。


元々は153系に始まった顔の造作だけれども、

それが高運転台になり、前照灯がシールドビームになって小さくなった…

という変遷は、このブログをお読みの方ならばご存知かと。


で、この顔、元々は、


20180720-02.jpg
#002


この顔のデザイン。


簡単に構成を記せば、

大きな前照灯を2灯、窓の下に置いて、

それと中心線を合わせて、下に標識灯、

そして横に警笛のスリットを配置してる。


大きな前照灯、それも2灯、ボリュームがあるから、

置くことができるのは、窓の下で、

プラスで標識灯と警笛スリットをバランスよく配置してる。

まとまりがいい。


それがどうだろう、

前照灯がシールドビーム化されたときに、

なにも考えずに、

配置はそのままで、前照灯だけ小さくしちゃった。


結果は、なにか無駄な空白を感じる間抜けな顔。

1枚目と2枚目を比べて欲しい。



さて、これ、前照灯が小さくなったならば、もう少しまとまりのいいデザインがある。

事実、国鉄自身でも、そう思ったらしく…


20180720-03.jpg
#003


本当は、車体裾の絞りがあるキハ28、58を出せばいいのだけれども、

手元には平窓のパチリしかなかったので、

同類のキハ23で。

パーツの配置は殆ど同じ。


大きな目玉は窓の上にのせると、

某和歌山の昔のデンシャみたいに蛙みたいになっちゃうけれども、
こちらでご確認ください)

小さいならば、ここでよし。


標識灯も警笛のスリットも、あとはバランスよく配置すればよし。

もちろん、これはツートンカラーの塗り分け線も考慮されているのは、

前回記事の通り。

裾絞りがあるキハ28・58は、さらにしまった感じになる。
(一応wikiの写真はこちら


どう考えてもこっちが正解だと自分は思ってる。




国鉄は、自身できちんと考えていたのに、

「電車」の顔は、結局最後まで、目玉が小さな間抜けな顔を通した。


新製を続けたのだから途中で設計を変更すればいいのに。



目玉そのまま小さくしました…

「あんちょく」のそしりは免れないと思ってる。





そんな訳で、この顔、小さな目玉は好きになれない。




■#001・002・003
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2018/07/20(金) 22:20:07|
  2. 【鉄道情景】懐かしシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<与田浦夕景 2018年7月 | ホーム | リバイバルカラー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gennai2.blog75.fc2.com/tb.php/2040-c3d219ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください