新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

ミイラ鉄シリーズ(最終回) 「二十円の時代」

okina081018-01.jpg
#001

前回の2枚目の写真の入口から、内部に入ると、
頭の上には、古い時刻表が・・・

「二等」なんて表記があるので、現在のグリーン車が出来る前、
列車には、赤と青と白の帯表記があった時代の時刻表らしい・・・

雰囲気、昭和30年代っぽいのだけど、
当時の磐越西線の列車って、こんな少なかったんだっけ?

翁島には優等列車が止まらないので、普通列車だけとはいえ、
昭和30年代までは、鉄道の黄金時代・・・
陸の輸送の王者として君臨していた時代にしては、
やっぱ少ないような・・・そんなイメージ。


okina081018-02.jpg
#002


時刻表から右に目をやると、
旧出札所の上の壁には、2枚の運賃表。

左が昭和30年代で、右が昭和50年代との但書き。

昭和30年代の方は、2等と3等の区別がしっかりあったり、
お隣の猪苗代駅までは20円だったり・・・

確か自分の子供時分の記憶では、一番安いのが30円というのがあるけど、
そのちょい前ということですな。

そんな時代の記憶はあるのだけど、
さすがに、ここから東京まで3等で970円ってのは
なかなか趣きあること・・・ウムッ。

それが50年代になると、いっきに3,600円なのは、
これだけ見れば、今と比べて安さに驚くのだろうけど、
30年代を見てしまうと、この20年間の国鉄運賃のインフレ度合いが
よくわかるというものでした。


あとあと、30年代の方で、
なぜ沼尻鉄道の二駅、会津樋ノ口と沼尻の字が薄いのだろうか?
とか、
飯坂温泉とか、東山温泉とか連絡運輸先も
温泉だから書いてあるのか・・・(当時から温泉旅行は人気だったみたい)
とか、

この3枚の表を眺めているだけで、
1時間は時間が潰せそうでした・・・(笑)


■#001・#002
Nikon COOLPIX P5000
詳細省略
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2008/10/18(土) 00:30:59|
  2. 【鉄道情景】その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<転轍機 | ホーム | ミイラ鉄シリーズ(3) 「立派」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gennai2.blog75.fc2.com/tb.php/428-31ecbb1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください