新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

153系の横顔

20100905-01.jpg
#001

リンクをいただいている、宮さんから、
153系のコメントをいただいたので、
急遽手持ちから153系の写真を発掘。

多分、昭和50年代の頃ではないかと思いますが、
小郡駅(今は新山口に名前変わったんでしたっけ…)で何気に撮った、
山陽線の153系の横顔。

広島~下関の快速サボなので、
正確にはわかりませんが、多分新幹線が博多まで開通した後のこと…
ではないかと。

よく見ると、大目玉だったライトが、シールドビームの小目玉になっていたり、
そんな、昭和も終わりの頃かと思います。

で、これ、運転台が低い、153系の0番台というか初期の制御車ですね。

サイドビュー的には、運転室の小窓の天地の寸法が、
運転台が高くなった車と比べて、大きくて、
前面窓から側面へのデザイン的なつながりが美しく、

個人的に、とっても好きなアングルなのでありました。

この写真みてから高運転台の車を見ると、
運転席だけとってつけたみたいに見えるんですよね。
オリジナルデザインがやっぱいい。


配置所属表記は下関。

新幹線の開通前に生まれて、
押しも押されぬ当時の大幹線、東海道線の急行で活躍。
その後、都落ちを重ねて本州の西端下関で最後を迎えた車でしょう。

これより西の九州は、交流電化なので、
この車は走れません。
最後に、西の最果てまで辿り着きました。

人に歴史ありと同様、
鉄道車両それぞれも、歴史をたどることが出来ます。

数奇な運命をたどった車もいれば、
戦争や事故で悲運の歴史をたどった車もある。

そんなことが楽しめるのも、
自分が鉄道趣味を愛してやまない点だったり…


■#001
Nikon F+Nikkor 50mm F2
詳細不明
※右下の露光ムラはこのスキャナのせいです
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2010/09/05(日) 09:48:04|
  2. 【鉄道情景】懐かしシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<道具と愛着 | ホーム | 101系の思い出>>

コメント

うわぁ~ NOBUNOBUさん ありがとうございます。
とりあえず今日はお礼まで!
またコメントしにお邪魔致しますね!
  1. 2010/09/05(日) 23:52:38 |
  2. URL |
  3. 宮 #ogz9v/Dw
  4. [ 編集]

こんばんは!
今週は仕事が忙しくて やっとお邪魔出来る時間に帰宅致しました。

153系 私の一番大好きな車両です。
MT46の高速域での音は 野太いMT54の音質とは違って どこか高貴なイメージを感じましたね!
私だけかな・・・(笑)

東海道での151系の最高速度は120キロ。
いったいどんな音がしたのでしょう。
そう言えば 101系の歯車は今でも 寝台電車の近郊型改造したやつで使ってたはずですね。
タネ車の歯車比では 加速性能がイマイチなので廃車発生品を使って 今でも北陸線で頑張ってます。
なので MT54なのにギヤーが違うから音が変・・・

アハハ 国鉄電車が好きなので バカですねぇ(笑)

153系のMM´の1番は最後まで名カキで非冷房で頑張ってましたね!
Tc164は 抑速ブレーキつきの 低窓車。
確かクハの中では最若番・・・

ごめんなさい。 NOBUNOBUさん どうか今日は薀蓄バカになっちゃて申し訳ありません。
元はとっても車両好きでした。
それが国鉄の終焉とともに まったく鉄に興味が持てなくなりまして・・・
今の鉄の話しは なぁ~んにも知りません。
あはは~ 久しぶりに こんな話しに参加できました。
ありがとうございました。
 
  1. 2010/09/09(木) 20:32:49 |
  2. URL |
  3. 宮 #ogz9v/Dw
  4. [ 編集]

>宮さん

こんにちは。
お忙しいところご訪問いただき恐縮です。

自分も、鉄は長い休眠期間があります。
復活したときには、のんびり構えた趣味人に変身したので、
自分も、最近のお話は全然わかりません。

その昔は、旧型国電にはまっていましたね…
はまったきっかけは、親戚が富士宮に住んでいて、
身延線のツワモノたちに触れてしまったこと。

それからは仙石線以外、日本中に出かけてました。

まあ、当時は首都圏でも結構旧国走ってましたし、
東海道東京口でも、静岡区の80系が見られる時代でした。

そんな過去で、最近、時代が変わったと思うのは、

その昔は各地の電車区に、
訪問前に往復はがきで
見学希望を出してから訪問していたのですが、
どこでも「遠くからよく来たね~」といった応対でした。

ヘルメット借りて、区内をウロウロさせてもらい、
事務所でお茶をいただきながら、
1両1両の電車の調子とか、子供のことを語るような、
そんなお話をよくお聞きしました。

普通の日に、ウロウロできる、
そのこと自体が、今では考えられないのですが、
職員の方々のお人柄などが、印象に残っています。
古きよき時代の思い出です。

今は、鉄ちゃんは、
写真を撮ることのほかには、
内燃動車の歴史的な研究をしているぐらい
ですかね。

趣味は、趣味であって、されど趣味だったり、
それでも趣味…なんでもいいですが、
人それぞれ、他人に迷惑をかけずに楽しめたら、
幸せだなと思います。
  1. 2010/09/10(金) 10:52:55 |
  2. URL |
  3. NOBUNOBU #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gennai2.blog75.fc2.com/tb.php/665-499e1d6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください