新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

奥多摩駅_駅舎

20120309-01.jpg
#001


前回の続きです。

青梅まで仕事できたのですが、
用事はあっという間に、首尾よく終了…

最高気温が20度近い、季節はずれの暖かな陽気もあるし、
久しぶりに、青梅線の終点、奥多摩駅まで足を伸ばして見ました。





と、まぁ、前回悪口を書いた、
超有名、山小屋風の奥多摩駅の駅舎がこれ。


古い、立派な駅舎が残っていると言う視点では、
注目されることには、自分も、誠に同意であります。


こちらの歴史を簡単に紐解けば、

御嶽まで開通していた青梅電気鉄道が、
さらなる石灰石資源を求めて氷川方面への延伸を目指すものの、

山岳区間で嵩む工事費の関係から、
単独での工事をあきらめて、
当時セメント関連で関係の深かった浅野財閥などと共同で出資し、
奥多摩電気鉄道を設立。

その手によって、太平洋戦争中に工事を進めるも、
戦局に翻弄されて…

結局、セメントという産業重要物資関連と言うことで、

青梅電気鉄道、南武鉄道もろとも、
昭和19年に、有無を言わさぬ戦時買収にあって、
開通したときには、国有化されて、青梅線の終着駅…


開業時にそんな歴史の残る終着駅です。




まぁ、産業重要路線ということで、
戦時買収までは、特にどうということもないのですが、

特筆すべきは、重要産業路線であるからこそ、
よくも、あの時局に、私設鉄道として、
工事を進められたことでしょうか…


一般の地方鉄道では、
鉄道省の許可がおりず、
車両の新造さえままならなかった時局ではありました。


節約・代用…
そんな時代に、これだけ凝った意匠の駅舎を建築したことは、
非常に興味深いことです。

建設にかかわった、奥多摩電鉄の関係者の、
「意地」を密かに感じたりします…




昭和19年開業で、この駅舎を建てた…






…あーっ、昨日は悪口書いたのに、
写真を眺めていたら、
なんか色々、思いが馳せてきちゃいました~


■#001
Nikon COOLPIX P300
ISO160 11.1mm(換算62mm) f4.2 1/1000sec jpeg

blogram投票ボタン
関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/03/09(金) 01:24:23|
  2. 【鉄道情景】JR青梅線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<足元注意! | ホーム | 青梅電気鉄道本社ビル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://gennai2.blog75.fc2.com/tb.php/860-7efab131
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください