新NOBUNOBU写真談

1枚の写真からの四方山話

夕焼けに向けて

20170619-01.jpg
#001

夏至が近くなって、陽が長くなると同時に、

日没の方向も、最大に西北方向へ。


それで、ここでこの方向に、

空が北の方まで広く赤く染まるのも、

この期間だけの特典かもしれない。


ましてや、梅雨時で、空模様に期待できない時期だから、

パチリ出来る時に、パチリできる幸運。



■#001
Nikon Nikon1 V1+FT-1+TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD(Model A005)
詳細省略(135mm/換算364mm相当)

blogramで人気ブログを分析




関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/19(月) 01:48:19|
  2. 【鉄道情景】小湊鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上総鶴舞駅夕景

20170618-01.jpg
#001


前記事同様、小湊でのV1試し撮りのパチリ。

この日はなかなかの夕焼け。


どこでパチリするか思案の上、上総鶴舞駅でパチリすることに。


夕焼け空が、駅舎のガラスに繋がって、

なにか、向こうが透けて見えているような…



錯覚が、不思議な気分。



■#001
Nikon Nikon1 V1+FT-1+AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VRII
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/18(日) 02:25:46|
  2. 【鉄道情景】小湊鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キハの肖像

20170617-01.jpg
#001


夕陽を浴びて、

上総川間の駅に停車中の、小湊キハ200。


Nikon1 V1の試し撮りでパチリ。


ついこの前まで、どこででも見られる… そんな風に思っていたけれども、

気がつけば、

こんな昭和顔、とても貴重になったんですね。



■#001
Nikon Nikon1 V1+FT-1+TAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD(Model A005)
詳細省略(300mm/換算810mm相当)

blogramで人気ブログを分析

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/17(土) 23:51:57|
  2. 【鉄道情景】小湊鐡道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

続・顛末

20170615-02.jpg
#001


前回記事の続き。


センサーサイズが1インチのカメラの良し悪しは、

SONYのRX100を使って、それなりに理解しているつもり。


現在、135判、APS-C判、1インチ、1/1.7インチセンサーのカメラを、

用途に応じて使っている。

(今回のNikon1の導入で、APS-Cは不要と思っている)


で、思うところというのは、


「1ランク上のサイズのフォーマットに、安価でおいしいレンズがある…」


ということ。


これは過去に、APS-Cのカメラに、135判用の、タムロンの70-300(A005)を使って思った。


お高いレンズがよく写るのは当たり前。

では、安価なレンズは、どうするか…

最近のレンズは、よっぽど安価なレンズ以外は、

まぁ、それなりに写る。

どこが違うかといえば、大抵、画面周辺部の画質。


そりゃ、そうだろう。

コスト削減で、お高いレンズよりも画質が劣る場合、

画面全体の画質を下げるよりも、

周辺の画質を下げる方が、ウケはいいはず。

自分が社長ならそう考えるし、誰でもそう考えると思う。



だから、最近の、そこそこ写るレンズでも、

ワンランク小さなフォーマットのカメラで使うと、

レンズのイメージサークルの中心部分、

画質の良いところを使うことになり、結構画質がいい。


さらに、

写真がデジタル化して、

シャープネスやコントラストや彩度は、

あとから良くすることは簡単になった。


こういう作業をするには、

画面の画質が全面均質な方が都合がいい。



絶対的な画質は、そりゃ高級なレンズには敵わないけれども、

最終的に、レンズの相対的価格差以上の画が得られるのだ。



わかりやすい例を、評価サイトであるDxoMARKから画像をお借りする。
(画だけリンクがうまく出来ないので、お借りします)

安価で明るい標準ズームの代表であろう、

Sigma 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

のAPS-C画面シャープネスデータ。

各焦点距離で、開放f2.8の時。

黄色から、緑色ほどシャープで、赤色ほどシャープでなくなる。



■17mm
MTF_ACUTANCE_17mm_f2_8.png

■28mm
MTF_ACUTANCE_28mm_f2_8.png

■35mm
MTF_ACUTANCE_35mm_f2_8.png

■50mm
MTF_ACUTANCE_50mm_f2_8.png



最近、自分がよくパチリする鉄道情景の分野では、

プロフォトグラファーの中井精也氏の影響で、

デンシャを画面の隅っこに配置する構図が流行っていたりするけれども、

こんな時は、使用レンズの周辺画質が気になったりする。


また、自分は、風景の中の鉄道で、引き気味にパチリすることが多く、

こんな時は、

カリカリの解像力があるに越したことは無いけれども、

ある程度の解像力でも画面全体が均質な方が、ありがたかったりする。



高性能、高価格のレンズを使えるに越したことはないけれども、

予備のカメラにもなるし、テレコンを使うよりも得ることが多そうだった。

カメラとコンバーター、3万円でお釣りが来るし、貧乏人のささやかな節約なのだ。



そうそう、冒頭のパチリは、

V1にマウントコンバーターのFT-1を介して、

APS-C用、VRII型の18-55mm標準ズーム。


モーター内蔵レンズとしては、細身で小型軽量、写りもいい。

コンバータを介しても、全然違和感のないサイズ。


画角は2.7倍で、おおよそ50~150mm相当の3倍ズームになって、

結構、鉄道写真では、使い勝手もいい。

AFも、スポーツとか、激しい動きモノはわからないけれども、

自分の撮影領域では、まったく不満のない速さ。


安価、小型軽量、写りもよし。

3拍子揃って、早速お気に入り。


そうだ、VRがよく効くのも付け加えなきゃ。


ボケないとか、画の余裕とか… 難癖つければキリがないけれども、

そもそも、そんな時は素直に135判センサーのカメラを使うまでだからね。


■#001
Nikon COOLPIX P7700
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

関連記事

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/16(金) 09:05:43|
  2. 【カメラ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

顛末

20170615-01.jpg
#001


前回記事の続きで、

今更のV1購入の顛末を備忘録として。


理由はただ一つ、超望遠域の撮影機材として。


自分の、これまで使っていた超望遠域の機材は、

タムロンのRF500mm。


といっても、これは、超望遠機材としてではなく、

目的は、ミラーレンズのリングボケを表現に使いたいときのため。


そんな理由で使っていたのだけれども、

人間は面白いもので、

500mmのレンズがあれば、そんな領域の絵もパチリしてみる時も多くなる。


とまぁ、最近、超望遠を使う頻度が増えたのだけれども、

いかんせんRF500mmは、MFレンズの上に、絞りがF8固定で、

さすがに、普段使いには、厳しいものがある。


で、ならば、500mm以上の領域の現代的な機材を調達しようと。



最近は、400mm~500mm付近をカバーするズームも結構色々あって、

普通なら、これらを追加するのがまっとうなところだけれども、

ネックが…


・中古でもまぁ、10万円程度の予算が最低必要か…
・これ以上、でっかいレンズはバッグに入らないし、持ち歩き不能…


特に後者の問題が大きくて、

所持していても、持ち歩けなければ意味がなく…



で、あっさりこの案は却下。



残る案は、

2倍のテレコンを追加するか、

フォーマットサイズの小さいカメラに、既存のレンズ装着の2案。



比較検討の上、Nikon1にマウントアダプターを採用することに。



鳥撮りさん達には、すでに実績がある機材のようですが、

既存のFマウントのAF-Sレンズで、AFもAEもVRも使えるし、

位相差センサー埋め込みのCMOSは、AFがイチガン並みに早いし、

使ってみたら、期待以上に使えるカメラでした。



以上、Nikon1 V1を今更買った顛末。


実は、もう一つ思うところがあるんですが、

その辺は、次回にでも。



■#001
Nikon COOLPIX P7700
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

関連記事

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/15(木) 20:42:15|
  2. 【カメラ】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

退社時間

20170614-01.jpg
#001


少し前ですが、新しいカメラ買いました。

今更ながらのNikon1 V1。古い。

人生初ミラーレス。


購入顛末は後日、別の記事に記すとして、

冒頭のパチリは、早速の試し撮りで、ご近所にて。

毎度の代官山駅でのパチリ。


ちょうど退社時間の頃合で、

駅横の飲食店では、テラスで談笑する方々。

その横の、電車には家路を急ぐ方々。


それぞれの時間が集い、すれ違う都会の情景。



■#001
Nikon Nikon1 V1+FT-1+AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VRII
詳細省略

ブログランキングならblogram

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/14(水) 22:50:29|
  2. 【鉄道情景】東急電鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブロッコリースプラウト

20170613-01.jpg
#001

久しぶりにアクアリウムネタ。

といっても、お魚とか、エビとか、水草とかの話題ではありません。



最近、スプラウトがはやってます。

日本語にすれば、食用の植物の新芽とでも言えばいいんでしょうか。

ミネラルとか、ビタミンとか、ポリフェノールとかが多く含まれていて、

体によろしいとか、どうとか…



そこで、我が家でも、15cmキューブ水槽の濾過槽を利用して、

ブロッコリースプラウトを育ててみた次第。



濾過槽にミズゴケを詰めて、そこに種をバラバラ。


パチリは収穫直前のものでして、

ここまで約1週間。


拍子抜けするほど簡単に、うまくできるもんです。


種蒔きから、なんにも手をかけずして、超お手軽。


収穫した処女作は、サバ缶と一緒に、おいしく頂きました。


結構、ハマりそうです。



■#001
Nikon Nikon1 V1+FT-1+AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VRII
詳細省略

ブログランキングならblogram

関連記事

テーマ:食べ物の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/13(火) 15:11:35|
  2. 【アクアリウム・テラリウム】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

九頭竜夕景

20170611-01.jpg
#001


「九頭竜川」と聞くと、

自分は、急流で、河原に石がゴロゴロ…

そんなイメージ。


名前からも分かる通り、昔から、結構な暴れ川だったんだろうと思う。

実際、福井の豪雨の時には、

水系全体では、相当な被害が出たようだ。


水害で、越美北線が、部分的に長期運休していたのも、

記憶に新しい。



で、冒頭のパチリ。

九頭竜川を渡る越美北線の列車。


巨大なダムが上流に複数出来ている関係か、

九頭竜川は、すっかり水を取られて、

穏やかというか、頼りない流れ。


ここではイメージとは、かけ離れてた。



■#001
Nikon D750+TAMRON 70-200mm F2.8 Di VC USD G2 (Model A025)
詳細省略

blogramで人気ブログを分析

関連記事

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/11(日) 03:23:01|
  2. 【鉄道情景】JR越美北線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

NOBUNOBU

Author:NOBUNOBU
「鉄道情景の様々な光」
「ディスカバージャパン アゲイン」
をテーマに、それを多数。
残りは日常のモロモロのパチリです。
コメント大歓迎。リンクフリーですが、一言ご連絡を頂ければ、相互リンクさせていただきます。
since 2005/12/12
※旧ブログ時代も含め・・・

こちらの支店ブログも
よろしくお願いします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター


無料カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

QRコード

QRコード

携帯電話でご利用ください